ComboBox.AutoCompleteMode ComboBox.AutoCompleteMode ComboBox.AutoCompleteMode ComboBox.AutoCompleteMode Property

定義

ComboBox のオート コンプリートの動作を制御するオプションを取得または設定します。Gets or sets an option that controls how automatic completion works for the ComboBox.

public:
 property System::Windows::Forms::AutoCompleteMode AutoCompleteMode { System::Windows::Forms::AutoCompleteMode get(); void set(System::Windows::Forms::AutoCompleteMode value); };
[System.ComponentModel.Browsable(true)]
public System.Windows.Forms.AutoCompleteMode AutoCompleteMode { get; set; }
member this.AutoCompleteMode : System.Windows.Forms.AutoCompleteMode with get, set
Public Property AutoCompleteMode As AutoCompleteMode

プロパティ値

AutoCompleteMode の値の 1 つ。One of the values of AutoCompleteMode. 値は、AppendNoneSuggest、および SuggestAppend です。The values are Append, None, Suggest, and SuggestAppend. 既定値は、None です。The default is None.

例外

指定された値が AutoCompleteMode の値の 1 つではありません。The specified value is not one of the values of AutoCompleteMode.

注釈

AutoCompleteCustomSourceAutoCompleteModeおよびComboBoxの各プロパティを使用して、入力したプレフィックスを、保持されているソース内のすべての文字列のプレフィックスと比較することによって、入力文字列を自動的に補完するを作成します。 AutoCompleteSourceUse the AutoCompleteCustomSource, AutoCompleteMode, and AutoCompleteSource properties to create a ComboBox that automatically completes input strings by comparing the prefix being entered to the prefixes of all strings in a maintained source. これは、url ComboBox 、アドレス、ファイル名、またはコマンドを頻繁に入力するコントロールに役立ちます。This is useful for ComboBox controls in which URLs, addresses, file names, or commands will be frequently entered. 保持されているソースに重複したエントリがある場合、自動補完は予期しない動作をします。If there are duplicate entries in the maintained source, automatic completion behaves unpredictably.

ComboBoxStyleをにAutoCompleteMode Suggest SuggestAppend設定した場合、がまたはの場合にのみリストが表示されます。 DropDownListIf you set ComboBoxStyle to DropDownList, the list displays only if AutoCompleteMode is Suggest or SuggestAppend.

AutoCompleteCustomSourceプロパティの使用は省略可能ですが、使用AutoCompleteCustomSourceするにはAutoCompleteSourceプロパティをCustomSourceに設定する必要があります。The use of the AutoCompleteCustomSource property is optional, but you must set the AutoCompleteSource property to CustomSource in order to use AutoCompleteCustomSource.

プロパティとAutoCompleteMode AutoCompleteSourceプロパティを一緒に使用する必要があります。You must use the AutoCompleteMode and AutoCompleteSource properties together.

AutoCompleteModeSuggestAppend設定ListItemsAutoCompleteSource 、をに設定した場合、動作は次のようになります。With AutoCompleteMode set to SuggestAppend and AutoCompleteSource set to ListItems, the behavior is as follows:

  • 文字列のリストが空の場合、BACKSPACE キーまたは DEL キーを押しても何も実行されません。If the list of strings is empty, pressing the BACKSPACE or DELETE key does nothing.

  • BACKSPACE キーが1秒未満で押されている場合、前の項目が選択されているか、文字列のリストが空の場合は何も選択されていません。If the BACKSPACE key is pressed in less than one second, the previous item is selected, or nothing is selected if the list of string is empty.

  • BACKSPACE キーが1秒以上押されている場合は、最初の項目が選択されます。If the BACKSPACE key is pressed in more than one second, the first item is selected.

  • DEL キーが押されている場合は、最初の項目が選択されます。If the DELETE key is pressed, the first item is selected.

注意

オペレーティングシステムによって、一度に表示できるカスタム文字列の数が制限される場合があります。The operating system might limit the number of custom strings that it can display at once. スラッシュ (/) または円記号 (\) を含む文字列の場合、オートコンプリートでは、スラッシュまでの文字がすべて追加されます。For strings that contain a forward slash (/) or backward slash (\), automatic completion appends all characters only up to and including the slash.

適用対象

こちらもご覧ください