Control.ClientRectangle プロパティ

定義

コントロールのクライアント領域を表す四角形を取得します。

public:
 property System::Drawing::Rectangle ClientRectangle { System::Drawing::Rectangle get(); };
[System.ComponentModel.Browsable(false)]
public System.Drawing.Rectangle ClientRectangle { get; }
[<System.ComponentModel.Browsable(false)>]
member this.ClientRectangle : System.Drawing.Rectangle
Public ReadOnly Property ClientRectangle As Rectangle

プロパティ値

Rectangle

コントロールのクライアント領域を表す Rectangle

属性

次のコード例では、フォームの自動スクロールを有効にし、フォームのサイズを変更し、フォームのサイズを変更した後もボタンが表示されたままにします。 この例では、 という名前の Form を持 Button つ が button2 必要です。

private:
   void ResizeForm()
   {
      
      // Enable auto-scrolling for the form.
      this->AutoScroll = true;
      
      // Resize the form.
      Rectangle r = this->ClientRectangle;
      
      // Subtract 100 pixels from each side of the Rectangle.
      r.Inflate(  -100, -100 );
      this->Bounds = this->RectangleToScreen( r );
      
      // Make sure button2 is visible.
      this->ScrollControlIntoView( button2 );
   }
private void ResizeForm()
{
   // Enable auto-scrolling for the form.
   this.AutoScroll = true;

   // Resize the form.
   Rectangle r = this.ClientRectangle;
   // Subtract 100 pixels from each side of the Rectangle.
   r.Inflate(-100, -100);
   this.Bounds = this.RectangleToScreen(r);

   // Make sure button2 is visible.
   this.ScrollControlIntoView(button2);
}
Private Sub ResizeForm()
   ' Enable auto-scrolling for the form.
   Me.AutoScroll = True
   
   ' Resize the form.
   Dim r As Rectangle = Me.ClientRectangle
   ' Subtract 100 pixels from each side of the Rectangle.
   r.Inflate(- 100, - 100)
   Me.Bounds = Me.RectangleToScreen(r)
   
   ' Make sure button2 is visible.
   Me.ScrollControlIntoView(button2)
End Sub

注釈

コントロールのクライアント領域は、コントロールの境界から、スクロール バー、境界線、タイトル バー、メニューなどの非クライアント要素を差し引いた値です。

クライアント座標はコントロールのクライアント領域の左上隅を基準とします。このプロパティによって返される四角形の左上隅の座標は (0,0) です。 このプロパティを使用すると、コントロールの表面への描画などのタスクに対して、コントロールのクライアント領域のサイズと座標を取得できます。

コントロールに描画する方法の詳細については、「フォーム コントロールのレンダリング」Windows参照してください

適用対象

こちらもご覧ください