Rectangle 構造体

定義

四角形の位置とサイズを表す 4 つの整数を格納します。

public value class Rectangle : IEquatable<System::Drawing::Rectangle>
public value class Rectangle
[System.ComponentModel.TypeConverter("System.Drawing.RectangleConverter, System.Drawing, Version=4.0.0.0, Culture=neutral, PublicKeyToken=b03f5f7f11d50a3a")]
public struct Rectangle : IEquatable<System.Drawing.Rectangle>
public struct Rectangle
public struct Rectangle : IEquatable<System.Drawing.Rectangle>
[System.ComponentModel.TypeConverter(typeof(System.Drawing.RectangleConverter))]
[System.Runtime.InteropServices.ComVisible(true)]
[System.Serializable]
public struct Rectangle
[<System.ComponentModel.TypeConverter("System.Drawing.RectangleConverter, System.Drawing, Version=4.0.0.0, Culture=neutral, PublicKeyToken=b03f5f7f11d50a3a")>]
type Rectangle = struct
type Rectangle = struct
[<System.ComponentModel.TypeConverter(typeof(System.Drawing.RectangleConverter))>]
[<System.Runtime.InteropServices.ComVisible(true)>]
[<System.Serializable>]
type Rectangle = struct
Public Structure Rectangle
Implements IEquatable(Of Rectangle)
Public Structure Rectangle
継承
Rectangle
属性
実装

次の例では、左上隅が (10, 10) にある四角形を描画します。 四角形の幅は 100、高さは 50 です。 Pen コンストラクターに渡される 2 番目の引数は、ペンの幅が 5 ピクセルであることを示しています。

四角形が描画されると、ペンは四角形の境界の中央に配置されます。 ペンの幅が 5 なので、四角形の辺は 5 ピクセルの幅で描画され、境界自体に 1 ピクセル、内側に 2 ピクセル、外側に 2 ピクセルが描画されます。 ペンの配置の詳細については、「方法: ペンの幅と配置を設定する」を参照してください。

次の図は、結果として生成される四角形を示したものです。 点線は、ペンの幅が 1 ピクセルだった場合の四角形の描画位置を示しています。 四角形の左上隅の拡大図を見ると、点線を中心として黒色の太線があることがわかります。

ペン

この例は、Windows フォームで使用するように設計されてい PaintEventArgs e ます。これは、イベントハンドラーのパラメーターであるを必要とし Paint ます。

Pen blackPen = new Pen(Color.FromArgb(255, 0, 0, 0), 5);
e.Graphics.DrawRectangle(blackPen, 10, 10, 100, 50);
Dim blackPen As New Pen(Color.FromArgb(255, 0, 0, 0), 5)
e.Graphics.DrawRectangle(blackPen, 10, 10, 100, 50)

注釈

四角形は Width 、プロパティによって表される、、、左上隅によって定義され Height Location ます。

四角形を描画するには、Graphics オブジェクトと Pen オブジェクトが必要です。 Graphics オブジェクトは DrawRectangle メソッドを提供し、Pen オブジェクトは線の機能 (色や幅など) を格納します。 四角形が描画される単位は、 PageUnit PageScale 描画に使用されるグラフィックスオブジェクトのプロパティおよびプロパティによって決定されます。 既定の単位はピクセルです。

Rectangle塗りつぶしを色で描画するには、 Graphics オブジェクトと、やなどのから派生したオブジェクトが必要です Brush SolidBrush LinearGradientBrushGraphicsオブジェクトはメソッドを提供し、 FillRectangle Brush オブジェクトは色と塗りつぶしの情報を提供します。

より高度な図形の場合は、オブジェクトを使用 Region します。

コンストラクター

Rectangle(Int32, Int32, Int32, Int32)

指定した位置とサイズで、Rectangle クラスの新しいインスタンスを初期化します。

Rectangle(Point, Size)

指定した位置とサイズで、Rectangle クラスの新しいインスタンスを初期化します。

フィールド

Empty

プロパティが初期化されていない状態の Rectangle 構造体を表します。

プロパティ

Bottom

この Rectangle 構造体の Y プロパティ値と Height プロパティ値の和である y 座標を取得します。

Height

この Rectangle 構造体の高さを取得または設定します。

IsEmpty

この Rectangle のすべての数値プロパティの値がゼロかどうかをテストします。

Left

この Rectangle 構造体の左端の x 座標を取得します。

Location

この Rectangle 構造体の左上隅の座標を取得または設定します。

Right

この Rectangle 構造体の X プロパティ値と Width プロパティ値の和である x 座標を取得します。

Size

この Rectangle のサイズを取得または設定します。

Top

この Rectangle 構造体の上端の y 座標を取得します。

Width

この Rectangle 構造体の幅を取得または設定します。

X

この Rectangle 構造体の左上隅の x 座標を取得または設定します。

Y

この Rectangle 構造体の左上隅の y 座標を取得または設定します。

メソッド

Ceiling(RectangleF)

RectangleF の値を整数値に切り上げることで、指定された RectangleF 構造体を Rectangle 構造体に変換します。

Contains(Int32, Int32)

指定した点がこの Rectangle 構造体に含まれているかどうかを判断します。

Contains(Point)

指定した点がこの Rectangle 構造体に含まれているかどうかを判断します。

Contains(Rectangle)

この Rectangle 構造体に、rect によって表された四角形領域全体が含まれているかどうかを判断します。

Equals(Object)

obj がこの Rectangle 構造体と同じ位置およびサイズの Rectangle 構造体かどうかをテストします。

Equals(Rectangle)

現在のオブジェクトが、同じ型の別のオブジェクトと等しいかどうかを示します。

FromLTRB(Int32, Int32, Int32, Int32)

指定の端の位置の Rectangle 構造体を作成します。

GetHashCode()

この Rectangle 構造体のハッシュ コードを返します。 ハッシュ コードの使い方の詳細については、GetHashCode() のトピックを参照してください。

Inflate(Int32, Int32)

この Rectangle を指定の量だけ拡大します。

Inflate(Rectangle, Int32, Int32)

指定の Rectangle 構造体の拡大したコピーを作成して返します。 コピーは、指定した量だけ拡大されます。 元の Rectangle 構造体は変更されません。

Inflate(Size)

この Rectangle を指定の量だけ拡大します。

Intersect(Rectangle)

この Rectangle をそれ自体と指定の Rectangle の交差部分に置き換えます。

Intersect(Rectangle, Rectangle)

他の 2 つの Rectangle 構造体の交差部分を表す 3 番目の Rectangle 構造体を返します。 交差部分がない場合は、空の Rectangle が返されます。

IntersectsWith(Rectangle)

この四角形が rect と交差するかどうかを判断します。

Offset(Int32, Int32)

四角形の位置を指定した量によって調節します。

Offset(Point)

四角形の位置を指定した量によって調節します。

Round(RectangleF)

RectangleF の値を最も近い整数値に丸めることで、指定された RectangleFRectangle に変換します。

ToString()

この Rectangle の属性をユーザーが判読できる文字列に変換します。

Truncate(RectangleF)

RectangleF の値を切り捨てることで、指定された RectangleFRectangle に変換します。

Union(Rectangle, Rectangle)

2 つの Rectangle 構造体の結合領域を包む Rectangle 構造体を取得します。

演算子

Equality(Rectangle, Rectangle)

2 つの Rectangle 構造体の位置およびサイズが同じかどうかをテストします。

Inequality(Rectangle, Rectangle)

2 つの Rectangle 構造体の位置またはサイズが異なるかどうかをテストします。

適用対象