DataGridView.EditingControlShowing DataGridView.EditingControlShowing DataGridView.EditingControlShowing DataGridView.EditingControlShowing Event

定義

セルの編集用のコントロールが表示されているときに発生します。Occurs when a control for editing a cell is showing.

public:
 event System::Windows::Forms::DataGridViewEditingControlShowingEventHandler ^ EditingControlShowing;
public event System.Windows.Forms.DataGridViewEditingControlShowingEventHandler EditingControlShowing;
member this.EditingControlShowing : System.Windows.Forms.DataGridViewEditingControlShowingEventHandler 
Public Custom Event EditingControlShowing As DataGridViewEditingControlShowingEventHandler 

次のコード例は、現在のセルのBackColorプロパティを変更するためにこのイベントを処理する方法を示しています。The following code example illustrates how to handle this event to change the BackColor property of the current cell. この例を実行するには、という名前DataGridView dataGridView1のを含むフォームにコードを貼りEditingControlShowing付け、イベントがイベントハンドラーに関連付けられていることを確認します。To run this example, paste the code into a form that contains a DataGridView named dataGridView1 and ensure that the EditingControlShowing event is associated with the event handler.

private void dataGridView1_EditingControlShowing(object sender, 
    DataGridViewEditingControlShowingEventArgs e)
{
    e.CellStyle.BackColor = Color.Aquamarine;
}
Private Sub dataGridView1_EditingControlShowing(ByVal sender As Object, _
    ByVal e As DataGridViewEditingControlShowingEventArgs) _
    Handles dataGridView1.EditingControlShowing

    e.CellStyle.BackColor = Color.Aquamarine

End Sub

注釈

このイベントを処理すると、セルが編集モードになったときに編集コントロールのカスタム初期化を実行できます。You can handle this event to perform custom initialization of the editing control when a cell enters edit mode. コントロールの表示特性をカスタマイズするには、 DataGridViewEditingControlShowingEventArgs.CellStyleプロパティによって返されるオブジェクトのプロパティを設定します。To customize the display characteristics of the control, set the properties of the object returned by the DataGridViewEditingControlShowingEventArgs.CellStyle property. その他の初期化を実行するには、 DataGridViewEditingControlShowingEventArgs.Controlプロパティの値を特定のコントロール型にキャストし、メンバーに直接アクセスします。To perform other initialization, cast the value of the DataGridViewEditingControlShowingEventArgs.Control property to the specific control type and access the members directly. たとえば、イベントを処理EditingControlShowingして、編集コントロールのイベントにイベントハンドラーをアタッチできます。For example, you can handle the EditingControlShowing event to attach event-handlers to the events of the editing control.

注意

コントロールDataGridViewは、一度に1つの編集コントロールをホストし、セルの種類が編集中に変化しない場合は常に編集コントロールを再利用します。The DataGridView control hosts one editing control at a time, and reuses the editing control whenever the cell type does not change between edits. 編集コントロールにイベントハンドラーをアタッチする場合は、同じハンドラーを複数回アタッチしないようにするための予防措置をとる必要があります。When attaching event-handlers to the editing control, you must therefore take precautions to avoid attaching the same handler multiple times. この問題を回避するには、イベントにハンドラーをアタッチする前に、イベントからハンドラーを削除します。To avoid this problem, remove the handler from the event before you attach the handler to the event. これにより、ハンドラーが既にイベントにアタッチされている場合、重複を防ぐことができますが、それ以外の場合は無効になります。This will prevent duplication if the handler is already attached to the event, but will have no effect otherwise. 詳細については、「 DataGridViewComboBoxEditingControlクラスの概要」のコード例を参照してください。For more information, see the example code in the DataGridViewComboBoxEditingControl class overview.

イベントを処理する方法の詳細については、次を参照してください。処理とイベントの発生します。For more information about how to handle events, see Handling and Raising Events.

適用対象

こちらもご覧ください