DataGridView.OnValidating(CancelEventArgs) DataGridView.OnValidating(CancelEventArgs) DataGridView.OnValidating(CancelEventArgs) DataGridView.OnValidating(CancelEventArgs) Method

定義

Validating イベントを発生させます。Raises the Validating event.

protected:
 override void OnValidating(System::ComponentModel::CancelEventArgs ^ e);
protected override void OnValidating (System.ComponentModel.CancelEventArgs e);
override this.OnValidating : System.ComponentModel.CancelEventArgs -> unit
Protected Overrides Sub OnValidating (e As CancelEventArgs)

パラメーター

e
CancelEventArgs CancelEventArgs CancelEventArgs CancelEventArgs

イベント データを格納している CancelEventArgsA CancelEventArgs that contains the event data.

例外

検証が失敗しました。DataError イベントのハンドラーがないか、またはハンドラーが ThrowException プロパティを true に設定しました。Validation failed and either there is no handler for the DataError event or the handler has set the ThrowException property to true. 通常、例外オブジェクトは型 FormatException にキャストできます。The exception object can typically be cast to type FormatException.

注釈

このメソッドは、 Validatingイベントを発生させるだけでなく、現在のセルの編集を終了し、セルと行の値を検証します。In addition to raising the Validating event, this method ends the current cell edit and validates the cell and row values.

イベントを発生させると、イベント ハンドラーがデリゲートから呼び出されます。Raising an event invokes the event handler through a delegate. 詳細については、次を参照してください。処理とイベントの発生します。For more information, see Handling and Raising Events.

OnValidating メソッドを使用すると、デリゲートを結び付けずに、派生クラスでイベントを処理することもできます。The OnValidating method also allows derived classes to handle the event without attaching a delegate. 派生クラスでイベントを処理する場合は、この手法をお勧めします。This is the preferred technique for handling the event in a derived class.

注意 (継承者)

派生クラスで OnValidating(CancelEventArgs) をオーバーライドする場合は、登録されているデリゲートがイベントを受け取ることができるように、基本クラスの OnValidating(CancelEventArgs) メソッドを呼び出してください。When overriding OnValidating(CancelEventArgs) in a derived class, be sure to call the base class's OnValidating(CancelEventArgs) method so that registered delegates receive the event.

適用対象

こちらもご覧ください