ListView.HitTest メソッド

定義

指定した x 座標と y 座標の項目情報を提示します。Provides item information, given an x- and y-coordinate.

オーバーロード

HitTest(Point)

指定した位置の項目情報を提示します。Provides item information, given a point.

HitTest(Int32, Int32)

指定した x 座標と y 座標の項目情報を提示します。Provides item information, given x- and y-coordinates.

HitTest(Point)

指定した位置の項目情報を提示します。Provides item information, given a point.

public:
 System::Windows::Forms::ListViewHitTestInfo ^ HitTest(System::Drawing::Point point);
public System.Windows.Forms.ListViewHitTestInfo HitTest (System.Drawing.Point point);
member this.HitTest : System.Drawing.Point -> System.Windows.Forms.ListViewHitTestInfo

パラメーター

point
Point

項目の情報を取得する位置を表す PointThe Point at which to retrieve the item information. 座標は、このコントロールの左上隅を起点とした相対座標です。The coordinates are relative to the upper-left corner of the control.

戻り値

指定した位置の項目情報。The item information, given a point.

例外

ポイントに、0 未満の座標が含まれています。The point contains coordinates that are less than 0.

注釈

このメソッドを使用して、ポイントが項目またはサブ項目内にあるかどうか、およびポイントが位置する項目の位置 (ラベルやイメージ領域など) を決定します。Use this method to determine whether a point is in an item or subitem and where in the item the point is located, such as on the label or image area. 座標がコントロールの外側に配置されている場合、返される ListViewHitTestInfo オブジェクトは、"None" の Location プロパティを持ちます。Item プロパティと SubItem プロパティが null に設定されています。If the coordinates are located outside the control, the returned ListViewHitTestInfo object has a Location property of "None"; and the Item and SubItem properties are set to null.

HitTest(Int32, Int32)

指定した x 座標と y 座標の項目情報を提示します。Provides item information, given x- and y-coordinates.

public:
 System::Windows::Forms::ListViewHitTestInfo ^ HitTest(int x, int y);
public System.Windows.Forms.ListViewHitTestInfo HitTest (int x, int y);
member this.HitTest : int * int -> System.Windows.Forms.ListViewHitTestInfo
Public Function HitTest (x As Integer, y As Integer) As ListViewHitTestInfo

パラメーター

x
Int32

項目情報を取得する位置を表す x 座標。The x-coordinate at which to retrieve the item information. 座標は、このコントロールの左上隅を起点とした相対座標です。The coordinate is relative to the upper-left corner of the control.

y
Int32

項目情報を取得する位置を表す y 座標。The y-coordinate at which to retrieve the item information. 座標は、このコントロールの左上隅を起点とした相対座標です。The coordinate is relative to the upper-left corner of the control.

戻り値

指定した x 座標と y 座標の項目情報。The item information, given x- and y- coordinates.

例外

x 座標または y 座標が 0 未満です。The x- or y-coordinate is less than 0.

次のコード例では、HitTest メソッドを使用して、ListView のマウスイベントの場所を確認する方法を示します。The following code example demonstrates using the HitTest method to determine the location of a mouse event in a ListView. この例を実行するには、項目が設定された listView1 という @no__t 0 を含む Windows フォームに貼り付けます。To run this example, paste it into a Windows Form that contains a ListView named listView1 that is populated with items. この例では、listView1 の @no__t 0 イベントを listView1_MouseDown メソッドに関連付けます。Associate the MouseDown event for listView1 with the listView1_MouseDown method in this example.

void HandleMouseDown(object sender, MouseEventArgs e)
{
    ListViewHitTestInfo info = listView1.HitTest(e.X, e.Y);
    MessageBox.Show(info.Location.ToString());
}
Private Sub HandleMouseDown(ByVal sender As Object, ByVal e As MouseEventArgs) _
        Handles Me.MouseDown, listView1.MouseDown

    Dim info As ListViewHitTestInfo = listView1.HitTest(e.X, e.Y)
    MessageBox.Show(info.Location.ToString())

End Sub

注釈

このメソッドを使用して、ポイントが項目またはサブ項目内にあるかどうか、および項目内の位置 (ラベルや画像領域など) の場所を確認します。Use this method to determine whether a point is in an item or subitem, and where in the item the point is located, such as on the label or image area. 座標がコントロールの外側に配置されている場合、返される ListViewHitTestInfo オブジェクトは、"None" の Location プロパティを持ちます。Item プロパティと SubItem プロパティが null に設定されています。If the coordinates are located outside the control, the returned ListViewHitTestInfo object has a Location property of "None"; and the Item and SubItem properties are set to null.

適用対象