SelectionRange クラス

定義

月間予定表コントロールで選択されている日付範囲を表します。Represents a date selection range in a month calendar control.

public ref class SelectionRange sealed
[System.ComponentModel.TypeConverter(typeof(System.Windows.Forms.SelectionRangeConverter))]
public sealed class SelectionRange
type SelectionRange = class
Public NotInheritable Class SelectionRange
継承
SelectionRange
属性

次の例では、Button をクリックしたときに2つの TextBox コントロールに入力された2つの日付に基づいて、MonthCalendar コントロールの SelectionRange プロパティを設定します。The following example sets the SelectionRange property of a MonthCalendar control based on two dates entered into two TextBox controls when a Button is clicked. このコードでは、MonthCalendar コントロールの新しいインスタンス、2つの TextBox コントロール、FormButton が作成されていることを前提としています。This code assumes new instances of a MonthCalendar control, two TextBox controls, and a Button have been created on a Form. テキストボックスに割り当てられた Text を検証して、有効な日付が含まれていることを確認するコードを追加することを検討してください。You might consider adding code to validate the Text assigned to the text boxes to verify that they contain valid dates.

private:
   void button1_Click( Object^ sender, EventArgs^ e )
   {
      // Set the SelectionRange with start and end dates from text boxes.
      try
      {
         monthCalendar1->SelectionRange = gcnew SelectionRange(
            DateTime::Parse( textBox1->Text ),
            DateTime::Parse( textBox2->Text ) );
      }
      catch ( Exception^ ex ) 
      {
         MessageBox::Show( ex->Message );
      }
   }
private void button1_Click(object sender,
                           EventArgs e)
{
   // Set the SelectionRange with start and end dates from text boxes.
   try
   {
      monthCalendar1.SelectionRange = new SelectionRange(
        DateTime.Parse(textBox1.Text),
        DateTime.Parse(textBox2.Text));
   }
   catch(Exception ex)
   {
      MessageBox.Show(ex.Message);
   }
}
Private Sub button1_Click(sender As Object, e As EventArgs)
   ' Set the SelectionRange with start and end dates from text boxes.
   Try
      monthCalendar1.SelectionRange = New SelectionRange( _
        DateTime.Parse(textBox1.Text), _
        DateTime.Parse(textBox2.Text))
   Catch ex As Exception
      MessageBox.Show(ex.Message)
   End Try
End Sub

注釈

SelectionRange は、選択して MonthCalendar コントロールで強調表示されている日付または日付です。The SelectionRange is the date or dates selected and highlighted on the MonthCalendar control. 日付が1つしか選択されていない場合、Start プロパティと End プロパティの値は同じになります。If only one date is selected, the Start and End property values will be equal. SelectionRange は、ユーザーが日付をクリックして、目的の日付の上にマウスポインターをドラッグしたときに変更できます。また、コードで範囲を設定することもできます。The SelectionRange can be changed by the user clicking a date while dragging the mouse pointer across the desired dates, or you can set the range in code. たとえば、ユーザーが2つの TextBox コントロールまたは2つの DateTimePicker コントロールに日付範囲を入力し、その日付に基づいて SelectionRange を設定することが必要になる場合があります。For example, you might want to have the user enter a date range into two TextBox controls or two DateTimePicker controls and set the SelectionRange based on those dates.

コンストラクター

SelectionRange()

SelectionRange クラスの新しいインスタンスを初期化します。Initializes a new instance of the SelectionRange class.

SelectionRange(DateTime, DateTime)

指定した開始日および終了日を使用して、SelectionRange クラスの新しいインスタンスを初期化します。Initializes a new instance of the SelectionRange class with the specified beginning and ending dates.

SelectionRange(SelectionRange)

指定した選択範囲を使用して、SelectionRange クラスの新しいインスタンスを初期化します。Initializes a new instance of the SelectionRange class with the specified selection range.

プロパティ

End

選択されている範囲の終了日時を取得または設定します。Gets or sets the ending date and time of the selection range.

Start

選択範囲の開始日時を取得または設定します。Gets or sets the starting date and time of the selection range.

メソッド

Equals(Object)

指定したオブジェクトが、現在のオブジェクトと等しいかどうかを判断します。Determines whether the specified object is equal to the current object.

(継承元 Object)
GetHashCode()

既定のハッシュ関数として機能します。Serves as the default hash function.

(継承元 Object)
GetType()

現在のインスタンスの Type を取得します。Gets the Type of the current instance.

(継承元 Object)
MemberwiseClone()

現在の Object の簡易コピーを作成します。Creates a shallow copy of the current Object.

(継承元 Object)
ToString()

SelectionRange を表す文字列を返します。Returns a string that represents the SelectionRange.

適用対象

こちらもご覧ください