WebBrowserBase.OnHandleCreated(EventArgs) メソッド

定義

HandleCreated イベントを発生させます。Raises the HandleCreated event.

この API は製品インフラストラクチャをサポートします。コードから直接使用するものではありません。

protected:
 override void OnHandleCreated(EventArgs ^ e);
protected override void OnHandleCreated (EventArgs e);
override this.OnHandleCreated : EventArgs -> unit
Protected Overrides Sub OnHandleCreated (e As EventArgs)

パラメーター

e
EventArgs

イベント データを格納している EventArgsAn EventArgs that contains the event data.

例外

アプリケーションの ApartmentState プロパティは、STA には設定されません。The ApartmentState property of the application is not set to STA.

注釈

イベントを発生させると、イベント ハンドラーがデリゲートから呼び出されます。Raising an event invokes the event handler through a delegate. 詳細については、次を参照してください。処理とイベントの発生します。For more information, see Handling and Raising Events.

OnHandleCreated メソッドを使用すると、デリゲートを結び付けずに、派生クラスでイベントを処理することもできます。The OnHandleCreated method also allows derived classes to handle the event without attaching a delegate. 派生クラスでイベントを処理する場合は、この手法をお勧めします。This is the preferred technique for handling the event in a derived class.

注意 (継承者)

ハンドルがいつ作成されたかを調べるには、派生クラスでこのメソッドをオーバーライドする必要があります。Derived classes should override this method to find out when the handle has been created.

派生クラスOnHandleCreated(EventArgs)でをオーバーライドする場合は、登録されているデリゲートOnHandleCreated(EventArgs)がイベントを受け取るように、実装の先頭で基本クラスのメソッドを呼び出す必要があります。When overriding OnHandleCreated(EventArgs) in a derived class, be sure to call the base class's OnHandleCreated(EventArgs) method at the beginning of your implementation so that registered delegates receive the event.

セキュリティ

SecurityPermission
直前の呼び出し元がこのコントロールを使用できるようにします。for immediate callers to use this control. 要求の値LinkDemand:、名前付きアクセス許可セット: FullTrustDemand value: LinkDemand; Named Permission Sets: FullTrust.

適用対象