FrameworkContentElement.ForceCursor プロパティ

定義

このインスタンスの FrameworkContentElement プロパティの宣言に従ってユーザー インターフェイス (UI)user interface (UI) がカーソルを描画するように、この Cursor で強制するかどうかを示す値を取得または設定します。Gets or sets a value indicating whether this FrameworkContentElement should force the ユーザー インターフェイス (UI)user interface (UI) to render the cursor as declared by this instance's Cursor property.

public:
 property bool ForceCursor { bool get(); void set(bool value); };
public bool ForceCursor { get; set; }
member this.ForceCursor : bool with get, set
Public Property ForceCursor As Boolean

プロパティ値

この要素の上にあるときのカーソルの表示に、このインスタンスのカーソル設定を強制的に使用する場合は true (すべての子要素も対象となります)。それ以外の場合は falsetrue to force cursor presentation while over this element to use this instance's setting for the cursor (including on all child elements); otherwise false. 既定値は false です。The default value is false.

次の例では、要素上にカーソルを強制的に置きます。The following example forces the cursor while over the element.

<StackPanel
  xmlns="http://schemas.microsoft.com/winfx/2006/xaml/presentation"
  xmlns:x="http://schemas.microsoft.com/winfx/2006/xaml"
>
  <StackPanel Name="CursorForced" ForceCursor="true" Cursor="Hand">
    <Label>Cursors Forced</Label>
    <TextBox>Fill me in!</TextBox>
  </StackPanel>
  <StackPanel Name="CursorNotForced">
    <Label>Cursors Not Forced</Label>
    <TextBox>Fill me in!</TextBox>
  </StackPanel>
</StackPanel>

注釈

このプロパティを true に設定すると、子要素によって設定されたカーソル設定がオーバーライドされます。Setting this property to true will override the cursor preferences established by child elements. 一般に、アプリケーションの一般的な UIUI では、子要素がカーソルを指定しようとしている場合に、ユーザーにとって混乱を招く可能性があります。Doing so in general application UIUI might be confusing for the user, particularly if child elements are attempting to specify cursors. ForceCursor の設定は、コントロールのサブクラス化や複合のシナリオに適しています。Setting ForceCursor is more appropriate in control subclassing or compositing scenarios.

依存プロパティ情報Dependency Property Information

識別子フィールドIdentifier field ForceCursorProperty
メタデータプロパティが true に設定されるMetadata properties set to true なしNone

適用対象