FrameworkElement.Style FrameworkElement.Style FrameworkElement.Style FrameworkElement.Style Property

定義

この要素が使用するスタイルを、表示されるときに取得または設定します。Gets or sets the style used by this element when it is rendered.

public:
 property System::Windows::Style ^ Style { System::Windows::Style ^ get(); void set(System::Windows::Style ^ value); };
public System.Windows.Style Style { get; set; }
member this.Style : System.Windows.Style with get, set
Public Property Style As Style

プロパティ値

要素に適用される既定以外のスタイル (存在する場合)。The applied, nondefault style for the element, if present. それ以外の場合は nullOtherwise, null. 既定で構築された FrameworkElement の既定値は null です。The default for a default-constructed FrameworkElement is null.

次の例では、リソース ディクショナリでスタイルを定義します。The following example defines a style in a resource dictionary.

<Page.Resources>
<Style TargetType="Border" x:Key="PageBackground">
  <Setter Property="Background" Value="Blue"/>
</Style>
<Border Style="{StaticResource PageBackground}">
</Border>

注釈

コントロールの現在のスタイルは多くの場合、コントロールのテーマから既定のスタイルによって提供されるまたはスタイルから通常によって適用されるその種類のコントロールに (暗黙的なスタイル) のページまたはアプリケーション レベルのリソース。For controls, the current style is often provided by a default style from control theming, or from styles generally applied to controls of that type by resources at page or application level (an implicit style). このプロパティが設定されていないか、戻り値の既定 (テーマ) のスタイルが、暗黙的なスタイルまたは要素に機能している明示的なスタイルのいずれかに戻ることはできます。This property does not set or return default (theme) styles, but it does return either an implicit style or an explicit style that is acting on the element. 暗黙的または明示的なスタイルの場合、スタイルのリソースとして指定またはローカルで定義されているかどうかは関係ありません。In the case of implicit or explicit styles, it does not matter whether the style is specified as a resource or defined locally.

スタイルの設定の制限があります。Setting the styles has some restrictions. 全体をリセットするStyleプロパティを新しいStyle、いつでもレイアウトの再合成を強制します。You can reset the entire Style property to a new Style at any time, which will force a layout recomposition. ただし、としてすぐにそのスタイルによって読み込まれた要素では、使用中に配置されるため、Style見なす必要がありますシールします。However, as soon as that style is placed in use by a loaded element, the Style should be considered sealed. 使用中のスタイルの個々 のプロパティを変更しようとしています (などのコレクション内のすべてSetters) がスローされる例外が発生します。Attempting to make a change to any individual property of an in-use style (such as anything within the collection of Setters) causes an exception to be thrown. マークアップで定義されているスタイルは、(リソース) のリソース ディクショナリから読み込まれるまたはインライン スタイル) (に含まれるページが読み込まれるとすぐに使用されていると見なされます。A style that is defined in markup is considered to be in use as soon as it is loaded from a resource dictionary (for resources), or the page it is contained within is loaded (for inline styles).

Style 特殊な優先順位を持つ依存関係プロパティです。Style is a dependency property with special precedence. ローカルに設定されたスタイルが一般に、プロパティ システムで最高の優先順位で動作します。The locally set style generally operates at the highest precedence in the property system. 場合、Styleプロパティ システムがその型を指定するローカルまたはアプリケーションのリソースでの暗黙的なスタイルのチェックの読み込み中にこの時点では、null です。If the Style is null at this point, during loading the property system checks for implicit styles in local or application resources that specify that type. この手順の後に、スタイルはまだ null 場合し、プレゼンテーションの目的で動作するスタイルは、一般に、既定 (テーマ) スタイルはでは、既定のスタイルは返されません、Styleプロパティの値。If the style is still null after this step, then the acting style for presentation purposes generally comes from the default (theme) style, but the default style is not returned in the Style property value. 参照してください依存関係プロパティの値の優先順位またはスタイルとテンプレートします。See Dependency Property Value Precedence or Styling and Templating.

XAML 属性の使用方法XAML Attribute Usage

<object Style="{resourceExtension styleResourceKey}"/>  

XAML プロパティ要素の使用XAML Property Element Usage

XAML 値XAML Values

resourceExtensionresourceExtension
次のいずれか: または。One of the following: , or . 参照してくださいXAML リソースします。See XAML Resources.

styleResourceKeystyleResourceKey
要求されているスタイルを識別するキー。The key that identifies the style being requested. このキーは、既存のリソースで、ResourceDictionaryします。The key refers to an existing resource in a ResourceDictionary.

注意

プロパティ要素構文は技術的に可能であれば、ほとんどのスタイルのシナリオは推奨されません。Property element syntax is technically possible, but not recommended for most style scenarios. 参照してくださいインライン スタイルおよびテンプレートします。See Inline Styles and Templates. 使用してバインディング参照TemplateBindingまたはBindingも可能ですが、一般的ではありません。A binding reference using TemplateBinding or Binding is also possible, but uncommon.

依存プロパティ情報Dependency Property Information

識別子フィールドです。Identifier field StyleProperty
メタデータのプロパティを設定するには trueMetadata properties set to true AffectsMeasure

適用対象