FrameworkElement.ToolTip プロパティ

定義

ユーザーインターフェイス (UI) でこの要素に対して表示されるツールヒントオブジェクトを取得または設定します。

public:
 property System::Object ^ ToolTip { System::Object ^ get(); void set(System::Object ^ value); };
[System.ComponentModel.Bindable(true)]
[System.Windows.Localizability(System.Windows.LocalizationCategory.ToolTip)]
public object ToolTip { get; set; }
[<System.ComponentModel.Bindable(true)>]
[<System.Windows.Localizability(System.Windows.LocalizationCategory.ToolTip)>]
member this.ToolTip : obj with get, set
Public Property ToolTip As Object

プロパティ値

Object

ツールヒント オブジェクト。

属性

次の例では、 ToolTip コード内にを作成し、 ToolTip コントロールのプロパティを設定し StatusBar ます。

private void MakeProgressBar(object sender, RoutedEventArgs e)
{
    sbar.Items.Clear();
    TextBlock txtb = new TextBlock();
    txtb.Text = "Progress of download.";
    sbar.Items.Add(txtb);
    ProgressBar progressbar = new ProgressBar();
    progressbar.Width = 100;
    progressbar.Height = 20;
    Duration duration = new Duration(TimeSpan.FromSeconds(5));
    DoubleAnimation doubleanimation =
                               new DoubleAnimation(100.0, duration);
    progressbar.BeginAnimation(ProgressBar.ValueProperty,
                               doubleanimation);
    ToolTip ttprogbar = new ToolTip();
    ttprogbar.Content = "Shows the progress of a download.";
    progressbar.ToolTip = (ttprogbar);
    sbar.Items.Add(progressbar);
}
Private Sub MakeProgressBar(ByVal sender As Object, ByVal e As RoutedEventArgs)
    sbar.Items.Clear()
    Dim txtb As New TextBlock()
    txtb.Text = "Progress of download."
    sbar.Items.Add(txtb)
    Dim progressbar As New ProgressBar()
    progressbar.Width = 100
    progressbar.Height = 20
    Dim duration As New Duration(TimeSpan.FromSeconds(5))
    Dim doubleanimation As New DoubleAnimation(100.0, duration)
    progressbar.BeginAnimation(ProgressBar.ValueProperty, doubleanimation)
    Dim ttprogbar As New ToolTip()
    ttprogbar.Content = "Shows the progress of a download."
    progressbar.ToolTip = (ttprogbar)
    sbar.Items.Add(progressbar)
End Sub

注釈

このプロパティの値が型の場合 ToolTip 、その値は UI で使用されるツールヒントになります。 値が他の型の場合は、その値がシステムによって提供される (構築される) の コンテンツ として使用され ToolTip ます。 詳細については、「ToolTipService」を参照してください。 サービスクラスには、をさらにカスタマイズするために使用できる添付プロパティが用意されて ToolTip います。

XAML 属性の使用方法

<object ToolTip="toolTipContent"/>  

XAML プロパティ要素の使用

<object>  
  <object.ToolTip>  
    <ToolTip .../>  
  </object.ToolTip>  
</object>

- または -

<object>  
  <object.ToolTip>  
    toolTipObjectContent  
  </object.ToolTip>  
</object>  

XAML 値

toolTipContent
の表示テキストになる文字列 ToolTip

toolTipObjectContent
のコンテンツとして使用されるオブジェクト要素の形式で提供されるオブジェクト FrameworkElement 。 通常、これは FrameworkElement またはのレイアウト合成を作成する他の要素であり ToolTip 、最終的に複合内のテキストコンテンツが含まれます。 この使用法で ToolTip は、要素が解析された XAML から暗黙的に作成され、 toolTipObjectContent コンテンツがプロパティとして設定され ContentControl.Content ます。

<ToolTip .../>
以下を参照してください。ToolTip

依存プロパティ情報

識別子フィールド ToolTipProperty
メタデータプロパティがに設定される true なし

適用対象