SystemGesture 列挙型

定義

使用可能なシステム ジェスチャを定義します。

public enum class SystemGesture
public enum SystemGesture
type SystemGesture = 
Public Enum SystemGesture
継承
SystemGesture

フィールド

Drag 19

マウスの左ドラッグにマップされます。

Flick 31

短くすばやいストロークで発生し、特定のコマンドに変換されます。 フリックによって実行されるアクションは、システム全体に設定されます。 アプリケーションで Flick をリッスンして、それが標準 ApplicationCommands のいずれかにならないようにできます。そのためには、Handled イベントで StylusSystemGesture プロパティを true に設定します。 フリックは、Windows Vista でのみサポートされます。

HoldEnter 21

プレス アンド ホールドが発生したことを示します。

HoldLeave 22

実装されていません。

HoverEnter 23

マウスを静止させる動作にマップされます。 ツールヒントのロールオーバー効果など、マウス ポインターを上に置いた場合の動作を表すために使用できます。

HoverLeave 24

上に置いたマウス ポインターを移動させる動作にマップされます。 ツールヒントのロールオーバー効果など、マウス ポインターを上に置いた場合の動作を終了するために使用できます。

None 0

システム ジェスチャがありません。

RightDrag 20

マウスの右ドラッグにマップされます。 オブジェクトや選択範囲を別の領域にドラッグするために使用できます。続いて、オブジェクトの移動に関するオプションを提供するショートカット メニューが表示されます。

RightTap 18

マウスの右クリックにマップされます。 ショートカット メニューを表示するために使用できます。

Tap 16

マウスの左クリックにマップされます。 メニューやツール バーからのコマンドの選択、コマンド選択時のアクション実行、挿入位置の設定、または選択フィードバックの表示に使用できます。

TwoFingerTap 4352

マウスのダブルクリックにマップされます。

次の例では、イベントを発生させたシステムジェスチャの種類を判別し SystemGesture ます。 この例では、が呼び出され、 InkCanvas inkcanvas1 次のイベントハンドラーに接続されていることを前提としてい SystemGesture ます。

void inkCanvas1_StylusSystemGesture(object sender, StylusSystemGestureEventArgs e)
{
    this.Title = e.SystemGesture.ToString();
    switch (e.SystemGesture)
    {
        case SystemGesture.RightTap:
            // Do something.
            break;

        case SystemGesture.Tap:
            // Do something else.
            break;
    }
}
Private Sub inkCanvas1_StylusSystemGesture(ByVal sender As Object, ByVal e As StylusSystemGestureEventArgs)

    Me.Title = e.SystemGesture.ToString()

    Select Case e.SystemGesture
        Case SystemGesture.RightTap
            ' Do something.

        Case SystemGesture.Tap
            ' Do something else.
    End Select

End Sub

注釈

オペレーティングシステムがシステムジェスチャを認識すると、 StylusSystemGesture イベントが発生します。 ジェスチャの多くは、従来のマウスイベントに対応しています。 たとえば、 Tap システムジェスチャは、マウスの1回の左クリックを模倣します。

適用対象