INameScope INameScope INameScope INameScope Interface

定義

特定の XAML 名前スコープ内の要素の名前にアクセスする方法およびその XAML 名前スコープ内で名前が一意になるように強制する方法に関するコントラクトを定義します。Defines a contract for how names of elements should be accessed within a particular XAML namescope, and how to enforce uniqueness of names within that XAML namescope.

public interface class INameScope
public interface INameScope
type INameScope = interface
Public Interface INameScope
派生

注釈

このインターフェイスは、テンプレートまたは遅延比喩を通じて再利用することを意図した子要素を持つクラスによって実装されます。This interface is implemented by classes that have child elements that are intended to be reused through the template or defer metaphor. テンプレート、ファクトリ、および類似の構成体には、メインオブジェクトグラフとルート XAML とは別の一意の XAML 名前スコープが必要です。Templates, factories and similar constructs must have unique XAML namescopes that are separate from a main object graph and root XAML. ここでの原則は、これらの子要素から作成されたオブジェクトがアプリケーションのオブジェクトグラフに導入されるときに名前の競合が発生しないようにすることです。これにより、名前識別子に依存する DOM 操作および XAML 参照手法が名前に依存する可能性があります。各 XAML 名前スコープの一意性。The principle here is that there should be no name collisions when objects created from those child elements are introduced to an application's object graph, and so that DOM operations and XAML reference techniques that rely on the name identifier can rely on name uniqueness in each XAML namescope.

以前のバージョンの .NET Framework では、このインターフェイスは WPF 固有のアセンブリ WindowsBase に存在していました。In previous versions of the .NET Framework, this interface existed in the WPF-specific assembly WindowsBase. .NET Framework 4.NET Framework 4INameScope 、は、システムの .xaml アセンブリにあります。In .NET Framework 4.NET Framework 4, INameScope is in the System.Xaml assembly. 詳細については、「 Types Migrated from WPF to System.Xaml」を参照してください。For more information, see Types Migrated from WPF to System.Xaml.

WPF の使用上の注意WPF Usage Notes

このインターフェイスは、WPF クラスNameScopeによって実装されます。This interface is implemented by the WPF class NameScope. の XAML 名前スコープ操作WPFWPFのほとんどはNameScope 、インスタンスを使用して動作しますがINameScope 、情報は参照を使用して内部的に伝達されることがあります。Most XAML namescope operations in WPFWPF operate by using NameScope instances, but information is occasionally communicated internally by using INameScope references.

ファクトリまたは遅延メタファを使用する WPF クラスの例としてStyleFrameworkTemplateXAML 表現との組み合わせがあります。Examples of WPF classes that use a factory or defer metaphor combined with XAML representation are Style and FrameworkTemplate. これらの実装は、通常、 NameScopeクラスから使用可能なインターフェイスメソッドの明示的なバージョンに依存しています。These implementations usually rely on the explicit versions of the interface methods available from the NameScope class.

メソッド

FindName(String) FindName(String) FindName(String) FindName(String)

指定された識別名を持つオブジェクトを返します。Returns an object that has the provided identifying name.

RegisterName(String, Object) RegisterName(String, Object) RegisterName(String, Object) RegisterName(String, Object)

指定された名前を現在の XAML 名前スコープに登録します。Registers the provided name into the current XAML namescope.

UnregisterName(String) UnregisterName(String) UnregisterName(String) UnregisterName(String)

指定された名前の登録を現在の XAML 名前スコープから解除します。Unregisters the provided name from the current XAML namescope.

適用対象

こちらもご覧ください