IUriContext IUriContext IUriContext IUriContext Interface

定義

アプリケーションのコンテキストを使って、指定された相対 URI を絶対 URI に解決するサービスを表します。Represents a service that can use application context to resolve a provided relative URI to an absolute URI.

public interface class IUriContext
public interface IUriContext
type IUriContext = interface
Public Interface IUriContext
派生

注釈

IUriContext 実装、サービス URI 型のプロパティを完了できない可能性があるアプリケーション固有のコンテキストを使用する型コンバーターを実現できます。IUriContext implemented as a service enables type converters to use an application-specific context that might be able to complete a URI-type property.

型コンバーターおよびマークアップ拡張機能を照会できますIUriContextXAML オブジェクト ライターが値の変換動作を呼び出すと、XAML オブジェクト ライターによって提供されるサービスのコンテキストでサービスとして。Type converters and markup extensions can query for IUriContext as a service on the service context that is provided by a XAML object writer, when the XAML object writer invokes value conversion behavior. 詳細については、次を参照してください。型コンバーターと XAML のマークアップ拡張機能Service Contexts Available to Type Converters and Markup Extensionsします。For more information, see Type Converters and Markup Extensions for XAML and Service Contexts Available to Type Converters and Markup Extensions.

IUriContext 値の変換とサービス コンテキストだけではなくです。IUriContext is not just for value conversion and service context. クラスのロジックを UI 要素または包含をサポートするその他のクラスを実装することもIUriContext子要素の基本 URI については、呼び出しまたは保存できる認識されているパターンとサービスのベース XAML から取得した URI を解析しますルート要素です。Class logic for UI elements or other classes that support containment might also implement IUriContext services as a recognized pattern that child elements can call for base URI information, or store base URI information that is obtained from XAML parsing of the root element.

.NET Framework の以前のバージョンでは、このインターフェイスは、PresentationCore WPF 固有のアセンブリに存在します。In previous versions of the .NET Framework, this interface existed in the WPF-specific assembly PresentationCore. .NET Framework 4.NET Framework 4IUriContextは System.Xaml アセンブリにします。In .NET Framework 4.NET Framework 4, IUriContext is in the System.Xaml assembly. 詳細については、「 Types Migrated from WPF to System.Xaml」を参照してください。For more information, see Types Migrated from WPF to System.Xaml.

WPF の使用上の注意WPF Usage Notes

シナリオ例IUriContextWPF 内に存在します。Example scenarios for IUriContext exist in WPF.

値コンバーターの例として、FontFamilyConverterクラスなどのプロパティが提供される相対 URI を使用できますPage.FontFamily場合は、IUriContext上のサービスとして使用できますが、ITypeDescriptorContext入力。As an example of a value converter, the FontFamilyConverter class can use a relative URI that is provided for properties such as Page.FontFamily, if IUriContext is available as a service on the ITypeDescriptorContext input.

要素の文字の例としてHyperlink実装IUriContextしを変更できるように、解析時に基本の URI 値を渡すことができる、NavigateUriします。As an example of the element case, Hyperlink implements IUriContext so that it can pass through base URI values when parsed, which then modifies NavigateUri.

プロパティ

BaseUri BaseUri BaseUri BaseUri

現在のアプリケーション コンテキストのベース URI を取得または設定します。Gets or sets the base URI of the current application context.

適用対象

こちらもご覧ください