UidPropertyAttribute クラス

定義

x:Uid ディレクティブ値を提供するクラスの CLR プロパティを示します。Indicates the CLR property of a class that provides the x:Uid Directive value.

public ref class UidPropertyAttribute sealed : Attribute
[System.AttributeUsage(System.AttributeTargets.Class, AllowMultiple=false)]
public sealed class UidPropertyAttribute : Attribute
type UidPropertyAttribute = class
    inherit Attribute
Public NotInheritable Class UidPropertyAttribute
Inherits Attribute
継承
UidPropertyAttribute
属性

注釈

UidPropertyAttribute は、マークアップ内の要素ノードを識別して一意に識別できるようにする XAML 言語属性です。The UidPropertyAttribute is a XAML language attribute that identifies element nodes in markup so that they can be uniquely identified. x:Uid のモデルはより一般的な可能性がありますが、XAML 要素の一意識別子の使用方法の1つはローカライズツール用であり、ローカライズが必要な XAML 言語コンポーネントは、コンパニオンローカライズソースを生成して、元の XAML と再統合できます。Although the model for x:Uid is potentially more general, one usage of unique identifiers for XAML elements is for localization tools, so that XAML language components that need localization can generate a companion localization source and then re-integrated with the original XAML. WPF のローカライズで x:Uid を使用する方法の詳細については、「」を参照してください。For more information on how x:Uid is used in WPF localization. WPF のグローバリゼーションとローカリゼーションの概要」を参照してください。see WPF Globalization and Localization Overview.

4 .NET Framework より前の .NET Framework のバージョンでは、このクラスは WPF 固有のアセンブリ WindowsBase に存在していました。In versions of the .NET Framework before .NET Framework 4, this class existed in the WPF-specific assembly WindowsBase. .NET Framework 4 以降のバージョンでは、UidPropertyAttribute がシステムの .Xaml アセンブリにあります。In .NET Framework 4 and later versions, UidPropertyAttribute is in the System.Xaml assembly. 詳細については、「 Types Migrated from WPF to System.Xaml」を参照してください。For more information, see Types Migrated from WPF to System.Xaml.

コンストラクター

UidPropertyAttribute(String)

UidPropertyAttribute クラスの新しいインスタンスを初期化します。Initializes a new instance of the UidPropertyAttribute class.

プロパティ

Name

x:Uid ディレクティブ値を表す CLR プロパティの名前を取得します。Gets the name of the CLR property that represents the x:Uid Directive value.

TypeId

派生クラスで実装されると、この Attribute の一意の識別子を取得します。When implemented in a derived class, gets a unique identifier for this Attribute.

(継承元 Attribute)

メソッド

Equals(Object)

このインスタンスが、指定されたオブジェクトと等価であるかどうかを示す値を返します。Returns a value that indicates whether this instance is equal to a specified object.

(継承元 Attribute)
GetHashCode()

このインスタンスのハッシュ コードを返します。Returns the hash code for this instance.

(継承元 Attribute)
GetType()

現在のインスタンスの Type を取得します。Gets the Type of the current instance.

(継承元 Object)
IsDefaultAttribute()

派生クラスでオーバーライドされるとき、このインスタンスの値が派生クラスの既定値であるかどうかを示します。When overridden in a derived class, indicates whether the value of this instance is the default value for the derived class.

(継承元 Attribute)
Match(Object)

派生クラス内でオーバーライドされたときに、指定したオブジェクトとこのインスタンスが等しいかどうかを示す値を返します。When overridden in a derived class, returns a value that indicates whether this instance equals a specified object.

(継承元 Attribute)
MemberwiseClone()

現在の Object の簡易コピーを作成します。Creates a shallow copy of the current Object.

(継承元 Object)
ToString()

現在のオブジェクトを表す string を返します。Returns a string that represents the current object.

(継承元 Object)

明示的なインターフェイスの実装

_Attribute.GetIDsOfNames(Guid, IntPtr, UInt32, UInt32, IntPtr)

一連の名前を対応する一連のディスパッチ識別子に割り当てます。Maps a set of names to a corresponding set of dispatch identifiers.

(継承元 Attribute)
_Attribute.GetTypeInfo(UInt32, UInt32, IntPtr)

オブジェクトの型情報を取得します。この情報はインターフェイスの型情報の取得に使用できます。Retrieves the type information for an object, which can be used to get the type information for an interface.

(継承元 Attribute)
_Attribute.GetTypeInfoCount(UInt32)

オブジェクトが提供する型情報インターフェイスの数 (0 または 1) を取得します。Retrieves the number of type information interfaces that an object provides (either 0 or 1).

(継承元 Attribute)
_Attribute.Invoke(UInt32, Guid, UInt32, Int16, IntPtr, IntPtr, IntPtr, IntPtr)

オブジェクトによって公開されたプロパティおよびメソッドへのアクセスを提供します。Provides access to properties and methods exposed by an object.

(継承元 Attribute)

適用対象

こちらもご覧ください