XamlSetMarkupExtensionAttribute クラス

定義

クラスはマークアップ拡張機能を使用して値を提供し、マークアップ拡張機能のセット操作で使用するハンドラーを参照することを示します。Indicates that a class can use a markup extension to provide a value, and references a handler to use for markup extension set operations.

public ref class XamlSetMarkupExtensionAttribute sealed : Attribute
[System.AttributeUsage(System.AttributeTargets.Class, AllowMultiple=false, Inherited=true)]
public sealed class XamlSetMarkupExtensionAttribute : Attribute
type XamlSetMarkupExtensionAttribute = class
    inherit Attribute
Public NotInheritable Class XamlSetMarkupExtensionAttribute
Inherits Attribute
継承
XamlSetMarkupExtensionAttribute
属性

注釈

XAML オブジェクトライターの既定の実装では、CLR リフレクションとこの CLR 属性を使用して、型またはメンバーの値を設定するマークアップ拡張機能の使用のための意図的なコールバックがあるかどうかを判断します。Default implementation for a XAML object writer uses CLR reflection and this CLR attribute to determine if there is an intentional callback for markup extension usages that set values of a type or member. たとえばXamlServices 、読み込み、解析、 XamlXmlReader / またはXamlObjectWriterシーケンスでは、マークアップ拡張機能の使用に基づいてオブジェクトノードを記述するときに、この属性を使用して、指定されたコールバックを操作の一部として呼び出します。For example, a XamlServices load or parse, or a XamlXmlReader / XamlObjectWriter sequence, will use this attribute and invoke the named callback as part of the operation whenever writing the object node based on a markup extension usage.

コンストラクター

XamlSetMarkupExtensionAttribute(String)

XamlSetMarkupExtensionAttribute クラスの新しいインスタンスを初期化します。Initializes a new instance of the XamlSetMarkupExtensionAttribute class.

プロパティ

TypeId

派生クラスで実装されると、この Attribute の一意の識別子を取得します。When implemented in a derived class, gets a unique identifier for this Attribute.

(継承元 Attribute)
XamlSetMarkupExtensionHandler

マークアップ拡張機能のセット操作で使用するハンドラーの名前を取得します。Gets the name of the handler to use for markup extension set operations.

メソッド

Equals(Object)

このインスタンスが、指定されたオブジェクトと等価であるかどうかを示す値を返します。Returns a value that indicates whether this instance is equal to a specified object.

(継承元 Attribute)
GetHashCode()

このインスタンスのハッシュ コードを返します。Returns the hash code for this instance.

(継承元 Attribute)
GetType()

現在のインスタンスの Type を取得します。Gets the Type of the current instance.

(継承元 Object)
IsDefaultAttribute()

派生クラスでオーバーライドされるとき、このインスタンスの値が派生クラスの既定値であるかどうかを示します。When overridden in a derived class, indicates whether the value of this instance is the default value for the derived class.

(継承元 Attribute)
Match(Object)

派生クラス内でオーバーライドされたときに、指定したオブジェクトとこのインスタンスが等しいかどうかを示す値を返します。When overridden in a derived class, returns a value that indicates whether this instance equals a specified object.

(継承元 Attribute)
MemberwiseClone()

現在の Object の簡易コピーを作成します。Creates a shallow copy of the current Object.

(継承元 Object)
ToString()

現在のオブジェクトを表す string を返します。Returns a string that represents the current object.

(継承元 Object)

明示的なインターフェイスの実装

_Attribute.GetIDsOfNames(Guid, IntPtr, UInt32, UInt32, IntPtr)

一連の名前を対応する一連のディスパッチ識別子に割り当てます。Maps a set of names to a corresponding set of dispatch identifiers.

(継承元 Attribute)
_Attribute.GetTypeInfo(UInt32, UInt32, IntPtr)

オブジェクトの型情報を取得します。この情報はインターフェイスの型情報の取得に使用できます。Retrieves the type information for an object, which can be used to get the type information for an interface.

(継承元 Attribute)
_Attribute.GetTypeInfoCount(UInt32)

オブジェクトが提供する型情報インターフェイスの数 (0 または 1) を取得します。Retrieves the number of type information interfaces that an object provides (either 0 or 1).

(継承元 Attribute)
_Attribute.Invoke(UInt32, Guid, UInt32, Int16, IntPtr, IntPtr, IntPtr, IntPtr)

オブジェクトによって公開されたプロパティおよびメソッドへのアクセスを提供します。Provides access to properties and methods exposed by an object.

(継承元 Attribute)

適用対象

こちらもご覧ください