XamlWriter.Save メソッド

定義

XAML を直接、または指定されたオブジェクトをシリアル化する媒介手段を介して返します。Returns XAML either directly or through an object intermediary that serializes the specified object.

オーバーロード

Save(Object)

指定されたオブジェクトとそのプロパティをシリアル化する XAML 文字列を返します。Returns a XAML string that serializes the specified object and its properties.

Save(Object, Stream)

XAML 情報を指定されたストリームに保存して、指定されたオブジェクトとそのプロパティをシリアル化します。Saves XAML information into a specified stream to serialize the specified object and its properties.

Save(Object, TextWriter)

提供された TextWriter オブジェクトのソースとして XAML 情報を保存します。Saves XAML information as the source for a provided TextWriter object. これで、TextWriter の出力を、指定されたオブジェクトとそのプロパティをシリアル化するために使用できるようになります。The output of the TextWriter can then be used to serialize the provided object and its properties.

Save(Object, XamlDesignerSerializationManager)

カスタム シリアライザーに XAML 情報を保存します。Saves XAML information into a custom serializer. シリアライザーの出力は、指定されたオブジェクトとそのプロパティをシリアル化するために使用できます。The output of the serializer can then be used to serialize the provided object and its properties.

Save(Object, XmlWriter)

提供された XmlWriter オブジェクトのソースとして XAML 情報を保存します。Saves XAML information as the source for a provided XmlWriter object. これで、XmlWriter の出力を、指定されたオブジェクトとそのプロパティをシリアル化するために使用できるようになります。The output of the XmlWriter can then be used to serialize the provided object and its properties.

Save(Object)

指定されたオブジェクトとそのプロパティをシリアル化する XAML 文字列を返します。Returns a XAML string that serializes the specified object and its properties.

public:
 static System::String ^ Save(System::Object ^ obj);
public static string Save (object obj);
static member Save : obj -> string
Public Shared Function Save (obj As Object) As String

パラメーター

obj
Object

シリアル化する要素。The element to be serialized. 通常、これはページまたはアプリケーションのルート要素です。Typically, this is the root element of a page or application.

戻り値

ストリームまたはファイルに書き込むことができる XAML 文字列。A XAML string that can be written to a stream or file. 指定された obj 要素の下のすべての要素の論理ツリーがシリアル化されます。The logical tree of all elements that fall under the provided obj element will be serialized.

例外

objnullです。obj is null.

アプリケーションが完全信頼で実行されていません。The application is not running in full trust.

クラスを使用してButtonを文字列にシリアル化する例を次に示します。 XamlWriterThe following example serializes a Button into a string using the XamlWriter class. 次に、 Button XamlReaderクラスの静的Loadメソッドを使用して、文字列がに逆シリアル化されます。The string is then deserialized back into a Button using the static Load method on the XamlReader class.

// Create the Button.
Button originalButton = new Button();
originalButton.Height = 50;
originalButton.Width = 100;
originalButton.Background = Brushes.AliceBlue;
originalButton.Content = "Click Me";

// Save the Button to a string.
string savedButton = XamlWriter.Save(originalButton);

// Load the button
StringReader stringReader = new StringReader(savedButton);
XmlReader xmlReader = XmlReader.Create(stringReader);
Button readerLoadButton = (Button)XamlReader.Load(xmlReader);
' Create the Button.
Dim originalButton As New Button()
originalButton.Height = 50
originalButton.Width = 100
originalButton.Background = Brushes.AliceBlue
originalButton.Content = "Click Me"

' Save the Button to a string.
Dim savedButton As String = XamlWriter.Save(originalButton)

' Load the button
Dim stringReader As New StringReader(savedButton)
Dim xmlReader As XmlReader = XmlReader.Create(stringReader)
Dim readerLoadButton As Button = CType(XamlReader.Load(xmlReader), Button)

注釈

このメソッドによって有効になるシリアル化には、一連の制限があります。The serialization enabled by this method has a series of limitations. これは、シリアル化が有効になっていることが明示的に実行されており、元の XAML (存在する場合) でデザイン時の情報にアクセスできないためです。This is because the serialization enabled is explicitly run-time, and does not have access to possible design-time information in the original XAML (if any). 詳細については、「 XamlWriter のシリアル化の制限」を参照してください。For details, see Serialization Limitations of XamlWriter.Save.

部分Save信頼でを実行している場合、を呼び出すことはできません。Calling Save is not permitted when running in partial trust.

こちらもご覧ください

Save(Object, Stream)

XAML 情報を指定されたストリームに保存して、指定されたオブジェクトとそのプロパティをシリアル化します。Saves XAML information into a specified stream to serialize the specified object and its properties.

public:
 static void Save(System::Object ^ obj, System::IO::Stream ^ stream);
public static void Save (object obj, System.IO.Stream stream);
static member Save : obj * System.IO.Stream -> unit

パラメーター

obj
Object

シリアル化する要素。The element to be serialized. 通常、これはページまたはアプリケーションのルート要素です。Typically, this is the root element of a page or application.

stream
Stream

シリアル化される XAML 情報の保存先ストリーム。Destination stream for the serialized XAML information.

例外

obj または streamnull です。obj or stream is null.

アプリケーションが完全信頼で実行されていません。The application is not running in full trust.

クラスを使用してButton MemoryStreamをにシリアル化する例を次XamlWriterに示します。The following example serializes a Button into a MemoryStream using the XamlWriter class. 次に、 Button XamlReaderクラスの静的Loadメソッドを使用して、ストリームがに逆シリアル化されます。The stream is then deserialized back into a Button using the static Load method on the XamlReader class.

// Create the Button.
Button originalButton = new Button();
originalButton.Height = 50;
originalButton.Width = 100;
originalButton.Background = Brushes.AliceBlue;
originalButton.Content = "Click Me";

// Save the Button to a string.
string savedButton = XamlWriter.Save(originalButton);

// Load the button
StringReader stringReader = new StringReader(savedButton);
XmlReader xmlReader = XmlReader.Create(stringReader);
Button readerLoadButton = (Button)XamlReader.Load(xmlReader);
' Create the Button.
Dim originalButton As New Button()
originalButton.Height = 50
originalButton.Width = 100
originalButton.Background = Brushes.AliceBlue
originalButton.Content = "Click Me"

' Save the Button to a string.
Dim savedButton As String = XamlWriter.Save(originalButton)

' Load the button
Dim stringReader As New StringReader(savedButton)
Dim xmlReader As XmlReader = XmlReader.Create(stringReader)
Dim readerLoadButton As Button = CType(XamlReader.Load(xmlReader), Button)

注釈

このメソッドによって有効になるシリアル化には、一連の制限があります。The serialization enabled by this method has a series of limitations. これは、シリアル化が有効になっていることが明示的に実行されており、元の XAML (存在する場合) でデザイン時の情報にアクセスできないためです。This is because the serialization enabled is explicitly run-time, and does not have access to possible design-time information in the original XAML (if any). 詳細については、「 XamlWriter のシリアル化の制限」を参照してください。For details, see Serialization Limitations of XamlWriter.Save.

部分Save信頼でを実行している場合、を呼び出すことはできません。Calling Save is not permitted when running in partial trust.

こちらもご覧ください

Save(Object, TextWriter)

提供された TextWriter オブジェクトのソースとして XAML 情報を保存します。Saves XAML information as the source for a provided TextWriter object. これで、TextWriter の出力を、指定されたオブジェクトとそのプロパティをシリアル化するために使用できるようになります。The output of the TextWriter can then be used to serialize the provided object and its properties.

public:
 static void Save(System::Object ^ obj, System::IO::TextWriter ^ writer);
public static void Save (object obj, System.IO.TextWriter writer);
static member Save : obj * System.IO.TextWriter -> unit
Public Shared Sub Save (obj As Object, writer As TextWriter)

パラメーター

obj
Object

シリアル化する要素。The element to be serialized. 通常、これはページまたはアプリケーションのルート要素です。Typically, this is the root element of a page or application.

writer
TextWriter

シリアル化された XAML 情報の書き込み先である TextWriter インスタンス。A TextWriter instance as the destination where the serialized XAML information is written.

例外

obj または writernull です。obj or writer is null.

アプリケーションが完全信頼で実行されていません。The application is not running in full trust.

注釈

このメソッドによって有効になるシリアル化には、一連の制限があります。The serialization enabled by this method has a series of limitations. これは、シリアル化が有効になっていることが明示的に実行されており、元の XAML (存在する場合) でデザイン時の情報にアクセスできないためです。This is because the serialization enabled is explicitly run-time, and does not have access to possible design-time information in the original XAML (if any). 詳細については、「 XamlWriter のシリアル化の制限」を参照してください。For details, see Serialization Limitations of XamlWriter.Save.

部分Save信頼でを実行している場合、を呼び出すことはできません。Calling Save is not permitted when running in partial trust.

こちらもご覧ください

Save(Object, XamlDesignerSerializationManager)

カスタム シリアライザーに XAML 情報を保存します。Saves XAML information into a custom serializer. シリアライザーの出力は、指定されたオブジェクトとそのプロパティをシリアル化するために使用できます。The output of the serializer can then be used to serialize the provided object and its properties.

public:
 static void Save(System::Object ^ obj, System::Windows::Markup::XamlDesignerSerializationManager ^ manager);
public static void Save (object obj, System.Windows.Markup.XamlDesignerSerializationManager manager);
static member Save : obj * System.Windows.Markup.XamlDesignerSerializationManager -> unit
Public Shared Sub Save (obj As Object, manager As XamlDesignerSerializationManager)

パラメーター

obj
Object

シリアル化する要素。The element to be serialized. 通常、これはページまたはアプリケーションのルート要素です。Typically, this is the root element of a page or application.

manager
XamlDesignerSerializationManager

カスタム シリアル化の実装。A custom serialization implementation.

例外

obj または managernull です。obj or manager is null.

アプリケーションが完全信頼で実行されていません。The application is not running in full trust.

注釈

このメソッドによって有効になるシリアル化には、一連の制限があります。The serialization enabled by this method has a series of limitations. これは、シリアル化が有効になっていることが明示的に実行されており、元の XAML (存在する場合) でデザイン時の情報にアクセスできないためです。This is because the serialization enabled is explicitly run-time, and does not have access to possible design-time information in the original XAML (if any). 詳細については、「 XamlWriter のシリアル化の制限」を参照してください。For details, see Serialization Limitations of XamlWriter.Save.

部分Save信頼でを実行している場合、を呼び出すことはできません。Calling Save is not permitted when running in partial trust.

こちらもご覧ください

Save(Object, XmlWriter)

提供された XmlWriter オブジェクトのソースとして XAML 情報を保存します。Saves XAML information as the source for a provided XmlWriter object. これで、XmlWriter の出力を、指定されたオブジェクトとそのプロパティをシリアル化するために使用できるようになります。The output of the XmlWriter can then be used to serialize the provided object and its properties.

public:
 static void Save(System::Object ^ obj, System::Xml::XmlWriter ^ xmlWriter);
public static void Save (object obj, System.Xml.XmlWriter xmlWriter);
static member Save : obj * System.Xml.XmlWriter -> unit

パラメーター

obj
Object

シリアル化する要素。The element to be serialized. 通常、これはページまたはアプリケーションのルート要素です。Typically, this is the root element of a page or application.

xmlWriter
XmlWriter

シリアル化される XAML 情報を書き込むために使用するライター。Writer to use to write the serialized XAML information.

例外

obj または xmlWriternull です。obj or xmlWriter is null.

アプリケーションが完全信頼で実行されていません。The application is not running in full trust.

注釈

このメソッドによって有効になるシリアル化には、一連の制限があります。The serialization enabled by this method has a series of limitations. これは、シリアル化が有効になっていることが明示的に実行されており、元の XAML (存在する場合) でデザイン時の情報にアクセスできないためです。This is because the serialization enabled is explicitly run-time, and does not have access to possible design-time information in the original XAML (if any). 詳細については、「 XamlWriter のシリアル化の制限」を参照してください。For details, see Serialization Limitations of XamlWriter.Save.

部分Save信頼でを実行している場合、を呼び出すことはできません。Calling Save is not permitted when running in partial trust.

こちらもご覧ください

適用対象