XamlWriter クラス

定義

指定されたランタイム オブジェクトの XAML マークアップへの制限された XAML シリアル化に使用できる単一の静的 Save メソッド (複数のオーバーロード) を提供します。

public ref class XamlWriter abstract sealed
public static class XamlWriter
type XamlWriter = class
Public Class XamlWriter
継承
XamlWriter

次の例では、クラスを使用してXamlWriter文字列Buttonにシリアル化します。 その後、文字列は、クラスの静的メソッドをButton使用して逆シリアル化されますXamlReaderLoad

// Create the Button.
Button originalButton = new Button();
originalButton.Height = 50;
originalButton.Width = 100;
originalButton.Background = Brushes.AliceBlue;
originalButton.Content = "Click Me";

// Save the Button to a string.
string savedButton = XamlWriter.Save(originalButton);

// Load the button
StringReader stringReader = new StringReader(savedButton);
XmlReader xmlReader = XmlReader.Create(stringReader);
Button readerLoadButton = (Button)XamlReader.Load(xmlReader);
' Create the Button.
Dim originalButton As New Button()
originalButton.Height = 50
originalButton.Width = 100
originalButton.Background = Brushes.AliceBlue
originalButton.Content = "Click Me"

' Save the Button to a string.
Dim savedButton As String = XamlWriter.Save(originalButton)

' Load the button
Dim stringReader As New StringReader(savedButton)
Dim xmlReader As XmlReader = XmlReader.Create(stringReader)
Dim readerLoadButton As Button = CType(XamlReader.Load(xmlReader), Button)

注釈

このメソッドで有効になるシリアル化には、一連の制限があります。 これは、シリアル化が有効になっているのは明示的に実行時であり、元の XAML で可能なデザイン時情報 (存在する場合) にアクセスできないためです。 詳細については、「 XamlWriter.Save のシリアル化の制限事項」を参照してください

部分信頼で実行する場合、呼び出し Save は許可されません。 これには XBAP が含まれます。

メソッド

Save(Object)

指定されたオブジェクトとそのプロパティをシリアル化する XAML 文字列を返します。

Save(Object, Stream)

XAML 情報を指定されたストリームに保存して、指定されたオブジェクトとそのプロパティをシリアル化します。

Save(Object, TextWriter)

提供された TextWriter オブジェクトのソースとして XAML 情報を保存します。 これで、TextWriter の出力を、指定されたオブジェクトとそのプロパティをシリアル化するために使用できるようになります。

Save(Object, XamlDesignerSerializationManager)

カスタム シリアライザーに XAML 情報を保存します。 シリアライザーの出力は、指定されたオブジェクトとそのプロパティをシリアル化するために使用できます。

Save(Object, XmlWriter)

提供された XmlWriter オブジェクトのソースとして XAML 情報を保存します。 これで、XmlWriter の出力を、指定されたオブジェクトとそのプロパティをシリアル化するために使用できるようになります。

適用対象

こちらもご覧ください