IEasingFunction IEasingFunction IEasingFunction IEasingFunction Interface

定義

イージング関数の基本的な機能を定義します。Defines the basic functionality of an easing function.

public interface class IEasingFunction
public interface IEasingFunction
type IEasingFunction = interface
Public Interface IEasingFunction
派生

注釈

このインターフェイスを使用すると、正規化された時間 (0 ~ 1 の値) を取得し、目的の値を返すことによって、独自のイージング関数を作成できます。This interface allows you to create your own easing functions by taking normalized time (a value from 0 through 1) and returning your desired value.

このインターフェイスは、正規化された時間 (進行状況) の変換を表します。This interface represents a transformation of normalized time (progress). アニメーションは、その進行状況を変換するために使用します。Animations use it to transform their progress. このインターフェイスを実装するクラスは、アニメーションを実行する速度を制御できます。Classes that implement this interface can control the pace at which an animation is performed.

独自のカスタムEasingFunctionBaseイージング関数を実装するには、クラスから派生させます。Derive from the EasingFunctionBase class to implement your own custom easing functions.

注意

イージング関数の WPF 実装は、Silverlight 実装と互換性があります。The WPF implementation of easing functions is compatible with the Silverlight implementation. 1つのテクノロジでイージング関数を使用する XAML がある場合は、他のテクノロジを変更せずに使用できます。If you have XAML that uses easing functions in one technology, it is usable without modification in the other.

メソッド

Ease(Double) Ease(Double) Ease(Double) Ease(Double)

正規化時間を変換して、アニメーションの速度を制御します。Transforms normalized time to control the pace of an animation.

適用対象

こちらもご覧ください