RoutedEventArgs コンストラクター

定義

RoutedEventArgs クラスの新しいインスタンスを初期化します。Initializes a new instance of the RoutedEventArgs class.

オーバーロード

RoutedEventArgs()

RoutedEventArgs クラスの新しいインスタンスを初期化します。Initializes a new instance of the RoutedEventArgs class.

RoutedEventArgs(RoutedEvent)

指定されたルーティング イベント識別子を使用して、RoutedEventArgs クラスの新しいインスタンスを初期化します。Initializes a new instance of the RoutedEventArgs class, using the supplied routed event identifier.

RoutedEventArgs(RoutedEvent, Object)

指定されたルーティング イベント識別子を使用して、RoutedEventArgs クラスの新しいインスタンスを初期化します。また、このコンストラクターでは、イベントに対して異なるソースを宣言することができます。Initializes a new instance of the RoutedEventArgs class, using the supplied routed event identifier, and providing the opportunity to declare a different source for the event.

RoutedEventArgs()

RoutedEventArgs クラスの新しいインスタンスを初期化します。Initializes a new instance of the RoutedEventArgs class.

public:
 RoutedEventArgs();
public RoutedEventArgs ();
Public Sub New ()

注釈

このパラメーターなしのコンストラクターを使用する場合、新しい RoutedEventArgs インスタンスのすべてのパブリックプロパティは、次の既定値を想定します。When using this parameterless constructor, all public properties of the new RoutedEventArgs instance assume the following default values:

Source および OriginalSource の Null 値は、RoutedEventArgs データがソースを指定しようとしていないことを意味します。Null values for Source and OriginalSource only mean that the RoutedEventArgs data makes no attempt to specify the source. このインスタンスが RaiseEventの呼び出しで使用されている場合、SourceOriginalSource の値は、イベントを発生させた要素に基づいて設定され、ルーティングを介してリスナーに渡されます。When this instance is used in a call to RaiseEvent, the Source and OriginalSource values are populated based on the element that raised the event and are passed on to listeners through the routing.

こちらもご覧ください

RoutedEventArgs(RoutedEvent)

指定されたルーティング イベント識別子を使用して、RoutedEventArgs クラスの新しいインスタンスを初期化します。Initializes a new instance of the RoutedEventArgs class, using the supplied routed event identifier.

public:
 RoutedEventArgs(System::Windows::RoutedEvent ^ routedEvent);
public RoutedEventArgs (System.Windows.RoutedEvent routedEvent);
new System.Windows.RoutedEventArgs : System.Windows.RoutedEvent -> System.Windows.RoutedEventArgs

パラメーター

routedEvent
RoutedEvent

RoutedEventArgs クラスのこのインスタンスに対するルーティング イベント識別子。The routed event identifier for this instance of the RoutedEventArgs class.

次の例では、RaiseEventへの呼び出しで使用する新しい RoutedEventArgs を構築します。The following example constructs a new RoutedEventArgs for use in a call to RaiseEvent.

void RaiseTapEvent()
{
        RoutedEventArgs newEventArgs = new RoutedEventArgs(MyButtonSimple.TapEvent);
        RaiseEvent(newEventArgs);
}
Private Sub RaiseTapEvent()
    Dim newEventArgs As New RoutedEventArgs(MyButtonSimple.TapEvent)
    MyBase.RaiseEvent(newEventArgs)
End Sub

注釈

このオーバーロードされたコンストラクターを使用する場合、新しい RoutedEventArgs インスタンスの未指定のプロパティは、次の既定値を想定します。When using this overloaded constructor, unspecified properties of the new RoutedEventArgs instance assume the following default values:

Source および OriginalSource の Null 値は、この RoutedEventArgs がソースを指定しようとしていないことを意味します。Null values for Source and OriginalSource only mean that this RoutedEventArgs makes no attempt to specify the source. このインスタンスが RaiseEventの呼び出しで使用されている場合、SourceOriginalSource の値は、イベントを発生させた要素に基づいて設定され、ルーティングを介してリスナーに渡されます。When this instance is used in a call to RaiseEvent, the Source and OriginalSource values are populated based on the element that raised the event and are passed on to listeners through the routing.

こちらもご覧ください

RoutedEventArgs(RoutedEvent, Object)

指定されたルーティング イベント識別子を使用して、RoutedEventArgs クラスの新しいインスタンスを初期化します。また、このコンストラクターでは、イベントに対して異なるソースを宣言することができます。Initializes a new instance of the RoutedEventArgs class, using the supplied routed event identifier, and providing the opportunity to declare a different source for the event.

public:
 RoutedEventArgs(System::Windows::RoutedEvent ^ routedEvent, System::Object ^ source);
public RoutedEventArgs (System.Windows.RoutedEvent routedEvent, object source);
new System.Windows.RoutedEventArgs : System.Windows.RoutedEvent * obj -> System.Windows.RoutedEventArgs

パラメーター

routedEvent
RoutedEvent

RoutedEventArgs クラスのこのインスタンスに対するルーティング イベント識別子。The routed event identifier for this instance of the RoutedEventArgs class.

source
Object

イベントの処理時に報告される代替ソース。An alternate source that will be reported when the event is handled. Source プロパティに、このソースが事前設定されます。This pre-populates the Source property.

注釈

このオーバーロードされたコンストラクターを使用する場合、新しい RoutedEventArgs インスタンスの未指定のプロパティは、次の既定値を想定します。When using this overloaded constructor, unspecified properties of the new RoutedEventArgs instance assume the following default values:

OriginalSource の Null 値は、イベントを発生させてルーティング経由で渡される要素に基づいて設定されますが、呼び出しの前に null が読み取られます。Null values for OriginalSource are populated based on the element that raised the event and passed on through the routing, but will read null prior to invocation.

このシグネチャは、RoutedEventArgsOnSelectionChangedなどの純粋に渡すときに使用します。引数は、内部で RaiseEvent を呼び出すために使用されます。Use this signature when passing RoutedEventArgs to virtuals such as OnSelectionChanged, where the arguments are used to call RaiseEvent internally.

適用対象