StaticResourceExtension クラス

定義

XAML から作成された静的 (XAML 読み込み時) リソース参照をサポートするマークアップ拡張機能を実装します。Implements a markup extension that supports static (XAML load time) resource references made from XAML.

public ref class StaticResourceExtension : System::Windows::Markup::MarkupExtension
[System.Windows.Localizability(System.Windows.LocalizationCategory.NeverLocalize)]
[System.Windows.Markup.MarkupExtensionReturnType(typeof(System.Object))]
public class StaticResourceExtension : System.Windows.Markup.MarkupExtension
type StaticResourceExtension = class
    inherit MarkupExtension
Public Class StaticResourceExtension
Inherits MarkupExtension
継承
StaticResourceExtension
属性

注釈

このクラスは、マークアップ拡張機能の実装です。This class is a markup extension implementation. WPF のマークアップ拡張クラスは、主に、WPFWPF XAML プロセッサ実装の一部に対するインフラストラクチャサポートを提供するために存在します。また、マークアップ拡張機能によって公開されるメンバーは、通常、ユーザーコードから呼び出されません。Markup extension classes in WPF exist mainly to provide infrastructure support for some aspect of the WPFWPF XAML processor implementation, and the members exposed by a markup extension are not typically called from user code. この拡張機能は、XAML からのStaticResource マークアップ拡張機能の使用をサポートします。This extension supports the StaticResource Markup Extension usage from XAML. WPF XAML での静的なリソース検索のしくみの詳細については、「 StaticResource Markup Extension ( xaml リソース)」を参照してください。For more information on the mechanics of static resource lookup in WPF XAML, see StaticResource Markup Extension or XAML Resources.

{StaticResource} は、XAML の WPF 実装に固有のマークアップ拡張機能です。{StaticResource} is a markup extension that is specific to the WPF implementation of XAML. プレフィックスを使用せずに、WPF の既定の XAML 名前空間を参照するときに {StaticResource} を使用できます。You can use {StaticResource} when referencing the default XAML namespace for WPF, without using a prefix. これに対し、XAML 言語サポート ({x:Type}など) 用に定義されているマークアップ拡張機能では、XAML 言語の XAML 名前空間のプレフィックスを使用する必要があります。In contrast, markup extensions that are defined for XAML language support (such as {x:Type}) require the prefix for the XAML language XAML namespace in the usage. 詳細については、「マークアップ拡張機能」および「WPF XAML」を参照してください。For more information, see Markup Extensions and WPF XAML.

静的リソース参照は、通常、 Dynamicresource マークアップ拡張機能が明示的に必要でない場合に、XAML で使用されます。Static resource references are generally used in XAML whenever a DynamicResource Markup Extension is not explicitly necessary.

コンストラクター

StaticResourceExtension()

StaticResourceExtension クラスの新しいインスタンスを初期化します。Initializes a new instance of the StaticResourceExtension class.

StaticResourceExtension(Object)

指定した初期キーを使用して、StaticResourceExtension クラスの新しいインスタンスを初期化します。Initializes a new instance of the StaticResourceExtension class, with the provided initial key.

プロパティ

ResourceKey

この静的リソース参照によって渡されるキー値を取得または設定します。Gets or sets the key value passed by this static resource reference. このキーは、リソース ディクショナリ内でそのキーに一致するオブジェクトを返すために使用されます。They key is used to return the object matching that key in resource dictionaries.

メソッド

Equals(Object)

指定したオブジェクトが、現在のオブジェクトと等しいかどうかを判断します。Determines whether the specified object is equal to the current object.

(継承元 Object)
GetHashCode()

既定のハッシュ関数として機能します。Serves as the default hash function.

(継承元 Object)
GetType()

現在のインスタンスの Type を取得します。Gets the Type of the current instance.

(継承元 Object)
MemberwiseClone()

現在の Object の簡易コピーを作成します。Creates a shallow copy of the current Object.

(継承元 Object)
ProvideValue(IServiceProvider)

この拡張機能を適用するプロパティで設定するオブジェクトを返します。Returns an object that should be set on the property where this extension is applied. StaticResourceExtension の場合、これは、ResourceKey で識別される、リソース ディクショナリで見つかったオブジェクトになります。For StaticResourceExtension, this is the object found in a resource dictionary, where the object to find is identified by the ResourceKey.

ToString()

現在のオブジェクトを表す文字列を返します。Returns a string that represents the current object.

(継承元 Object)

適用対象