TemplatePartAttribute クラス

定義

テンプレートに使用される名前付きパーツの型を識別するためにクラス定義に適用される属性を表します。Represents an attribute that is applied to the class definition to identify the types of the named parts that are used for templating.

public ref class TemplatePartAttribute sealed : Attribute
[System.AttributeUsage(System.AttributeTargets.Class, AllowMultiple=true)]
public sealed class TemplatePartAttribute : Attribute
type TemplatePartAttribute = class
    inherit Attribute
Public NotInheritable Class TemplatePartAttribute
Inherits Attribute
継承
TemplatePartAttribute
属性

注釈

コントロールの作成者は、この属性をクラス定義に適用して、クラスのスタイル設定に使用するパーツの型をテンプレート作成者に通知します。Control authors apply this attribute to the class definition to inform template authors the types of the parts to use for styling the class. これらの部分は通常、テンプレートで必要であり、事前に定義された特定の名前を持っています。These parts are usually required in the template and have a specific predefined name. 特定の名前を持つ要素はテンプレート内に 1 つのみ存在できます。There can only be one element with a given name in any template.

たとえばComboBox 、クラスのクラス宣言を見ると、 PopupPART_Popupの各部分PART_EditableTextBoxが型であり、それぞれが型TextBoxであることがわかります。For example, if you look at the class declaration of the ComboBox class, you can see that the parts PART_EditableTextBox and PART_Popup are of types TextBox and Popup respectively.

詳細については、「スタイルコントロールを設計するためのガイドライン」を参照してください。For more information, see Guidelines for Designing Stylable Controls

XAML テキストの使用XAML Text Usage

このクラスまたはのプロパティをでXAMLXAML使用することはできません。You cannot use this class or its properties in XAMLXAML.

コンストラクター

TemplatePartAttribute()

TemplatePartAttribute クラスの新しいインスタンスを初期化します。Initializes a new instance of the TemplatePartAttribute class.

プロパティ

Name

定義済みのパーツ名を取得または設定します。Gets or sets the pre-defined name of the part.

Type

この属性で識別する名前付きパーツの型を取得または設定します。Gets or sets the type of the named part this attribute is identifying.

TypeId

派生クラスで実装されると、この Attribute の一意の識別子を取得します。When implemented in a derived class, gets a unique identifier for this Attribute.

(継承元 Attribute)

メソッド

Equals(Object)

このインスタンスが、指定されたオブジェクトと等価であるかどうかを示す値を返します。Returns a value that indicates whether this instance is equal to a specified object.

(継承元 Attribute)
GetHashCode()

このインスタンスのハッシュ コードを返します。Returns the hash code for this instance.

(継承元 Attribute)
GetType()

現在のインスタンスの Type を取得します。Gets the Type of the current instance.

(継承元 Object)
IsDefaultAttribute()

派生クラスでオーバーライドされるとき、このインスタンスの値が派生クラスの既定値であるかどうかを示します。When overridden in a derived class, indicates whether the value of this instance is the default value for the derived class.

(継承元 Attribute)
Match(Object)

派生クラス内でオーバーライドされたときに、指定したオブジェクトとこのインスタンスが等しいかどうかを示す値を返します。When overridden in a derived class, returns a value that indicates whether this instance equals a specified object.

(継承元 Attribute)
MemberwiseClone()

現在の Object の簡易コピーを作成します。Creates a shallow copy of the current Object.

(継承元 Object)
ToString()

現在のオブジェクトを表す文字列を返します。Returns a string that represents the current object.

(継承元 Object)

明示的なインターフェイスの実装

_Attribute.GetIDsOfNames(Guid, IntPtr, UInt32, UInt32, IntPtr)

一連の名前を対応する一連のディスパッチ識別子に割り当てます。Maps a set of names to a corresponding set of dispatch identifiers.

(継承元 Attribute)
_Attribute.GetTypeInfo(UInt32, UInt32, IntPtr)

オブジェクトの型情報を取得します。この情報はインターフェイスの型情報の取得に使用できます。Retrieves the type information for an object, which can be used to get the type information for an interface.

(継承元 Attribute)
_Attribute.GetTypeInfoCount(UInt32)

オブジェクトが提供する型情報インターフェイスの数 (0 または 1) を取得します。Retrieves the number of type information interfaces that an object provides (either 0 or 1).

(継承元 Attribute)
_Attribute.Invoke(UInt32, Guid, UInt32, Int16, IntPtr, IntPtr, IntPtr, IntPtr)

オブジェクトによって公開されたプロパティおよびメソッドへのアクセスを提供します。Provides access to properties and methods exposed by an object.

(継承元 Attribute)

適用対象

こちらもご覧ください