Dispatcher.Yield メソッド

定義

現在のディスパッチャーに非同期的にコントロールを渡して他のイベントを処理する機会を提供する、待機可能オブジェクトを作成します。Creates an awaitable object that asynchronously yields control back to the current dispatcher and provides an opportunity for the dispatcher to process other events.

オーバーロード

Yield()

現在のディスパッチャーに非同期的にコントロールを渡して他のイベントを処理する機会を提供する、待機可能オブジェクトを作成します。Creates an awaitable object that asynchronously yields control back to the current dispatcher and provides an opportunity for the dispatcher to process other events.

Yield(DispatcherPriority)

現在のディスパッチャーに非同期的にコントロールを渡して他のイベントを処理する機会を提供する、待機可能オブジェクトを作成します。Creates an awaitable object that asynchronously yields control back to the current dispatcher and provides an opportunity for the dispatcher to process other events. このメソッドの結果を待機するコードにコントロールが戻り、指定された優先度がスケジュールされたときに実行される処理。The work that occurs when control returns to the code awaiting the result of this method is scheduled with the specified priority.

Yield()

現在のディスパッチャーに非同期的にコントロールを渡して他のイベントを処理する機会を提供する、待機可能オブジェクトを作成します。Creates an awaitable object that asynchronously yields control back to the current dispatcher and provides an opportunity for the dispatcher to process other events.

public:
 static System::Windows::Threading::DispatcherPriorityAwaitable Yield();
public static System.Windows.Threading.DispatcherPriorityAwaitable Yield ();
static member Yield : unit -> System.Windows.Threading.DispatcherPriorityAwaitable
Public Shared Function Yield () As DispatcherPriorityAwaitable

戻り値

現在のディスパッチャーに非同期的にコントロールを渡して他のイベントを処理する機会を提供する、待機可能オブジェクト。An awaitable object that asynchronously yields control back to the current dispatcher and provides an opportunity for the dispatcher to process other events.

注釈

このメソッドは、他の処理 (他のイベントの処理など) を実行できるように、現在のディスパッチャーに対して実行コントロールを一時的に解放する方法を提供します。This method provides a way for you to temporarily release execution control to the current dispatcher so it can do other work, such as process other events. 戻り値に対する await、または Visual Basic 演算子の Await を使用して、現在のディスパッチャーに制御を戻します。Use the await, or Await in Visual Basic, operator on the return value to return control to the current dispatcher. アプリが UI スレッドで大量の作業を行っている間に、アプリでイベントを処理できるようにするには、このメソッドを使用します。Use this method if want to give your app a chance to process events while you app is doing a lot of work on the UI thread. たとえば、このメソッドは、コントロールを更新する実行時間の長いループで使用できます。For example, you can use this method in a long-running loop that updates a control.

このメソッドは、Yield(DispatcherPriority) メソッドを呼び出し、DispatcherPriority.Backgroundを渡すことと同じです。This method is equivalent to calling the Yield(DispatcherPriority) method and passing in DispatcherPriority.Background.

Yield(DispatcherPriority)

現在のディスパッチャーに非同期的にコントロールを渡して他のイベントを処理する機会を提供する、待機可能オブジェクトを作成します。Creates an awaitable object that asynchronously yields control back to the current dispatcher and provides an opportunity for the dispatcher to process other events. このメソッドの結果を待機するコードにコントロールが戻り、指定された優先度がスケジュールされたときに実行される処理。The work that occurs when control returns to the code awaiting the result of this method is scheduled with the specified priority.

public:
 static System::Windows::Threading::DispatcherPriorityAwaitable Yield(System::Windows::Threading::DispatcherPriority priority);
public static System.Windows.Threading.DispatcherPriorityAwaitable Yield (System.Windows.Threading.DispatcherPriority priority);
static member Yield : System.Windows.Threading.DispatcherPriority -> System.Windows.Threading.DispatcherPriorityAwaitable
Public Shared Function Yield (priority As DispatcherPriority) As DispatcherPriorityAwaitable

パラメーター

priority
DispatcherPriority

継続をスケジュールする優先順位。The priority at which to schedule the continuation.

戻り値

現在のディスパッチャーに非同期的にコントロールを渡して他のイベントを処理する機会を提供する、待機可能オブジェクト。An awaitable object that asynchronously yields control back to the current dispatcher and provides an opportunity for the dispatcher to process other events.

注釈

このメソッドは、他の処理 (他のイベントの処理など) を実行できるように、現在のディスパッチャーに対して実行コントロールを一時的に解放する方法を提供します。This method provides a way for you to temporarily release execution control to the current dispatcher so it can do other work, such as process other events. 戻り値に対する await、または Visual Basic 演算子の Await を使用して、現在のディスパッチャーに制御を戻します。Use the await, or Await in Visual Basic, operator on the return value to return control to the current dispatcher. アプリが UI スレッドで大量の作業を行っている間に、アプリでイベントを処理できるようにするには、このメソッドを使用します。Use this method if want to give your app a chance to process events while you app is doing a lot of work on the UI thread. たとえば、このメソッドは、コントロールを更新する実行時間の長いループで使用できます。For example, you can use this method in a long-running loop that updates a control.

適用対象