XpsSerializationManager.SetFontSubsettingPolicy(FontSubsetterCommitPolicies) メソッド

定義

フォントのサブセット化が実行される場合に使用される単位を設定します。Sets the granularity at which font-subsetting is performed.

public:
 void SetFontSubsettingPolicy(System::Windows::Xps::Serialization::FontSubsetterCommitPolicies policy);
public void SetFontSubsettingPolicy (System.Windows.Xps.Serialization.FontSubsetterCommitPolicies policy);
member this.SetFontSubsettingPolicy : System.Windows.Xps.Serialization.FontSubsetterCommitPolicies -> unit
Public Sub SetFontSubsettingPolicy (policy As FontSubsetterCommitPolicies)

パラメーター

policy
FontSubsetterCommitPolicies

フォントのサブセット化のポリシーを指定する列挙値の 1 つ。One of the enumeration values that specifies the font-subsetting policy.

注釈

既定のフォントのサブセットポリシー CommitEntireSequenceはです。The default font-subsetting policy is CommitEntireSequence.

ドキュメント内XPSXPSのテキストのフォントグリフがドキュメントパッケージに保存されている場合、ドキュメントのテキストは、どのコンピューターまたはプリンターでも同じように表示されます。When font glyphs for text in an XPSXPS document are saved in the document package, the document text displays identically on any computer or printer. グリフがドキュメントに保存されておらず、必要なフォントがローカルコンピューターまたはプリンターにインストールされていない場合、レンダリングデバイスは別のフォントのグリフを置き換える必要があります。If glyphs are not saved in document and the required font is not installed on the local computer or printer, the rendering device must substitute glyphs from another font. 別のフォントが使用されている場合、グリフの置換によってテキストの外観を変更できます。Substituting glyphs can change the appearance of the text when a different font is used.

SetFontSubsettingPolicyフォントのサブセット化の粒度を決定します。SetFontSubsettingPolicy determines the granularity of font-subsetting.

CommitEntireSequence(既定値) は最も効率的で、ドキュメントシーケンス内のすべてのドキュメントのページで、実際に使用されているグリフのみを含む1つのフォントサブセットを共有できるようにします。CommitEntireSequence (default) is the most efficient and enables the pages of all documents in a document sequence to share one font-subset that contains only the glyphs that are actually used.

インターリーブされたドキュメントを作成する場合、ドキュメントシーケンス全体でフォントのサブセットを作成するには、最終的なフォントサブセットを特定できるまで、ドキュメント全体を保持するために大量のメモリが必要になることがあります。When creating interleaved documents, font-subsetting across a document sequence can require a large amount of memory to hold the complete document until the final font-subset can be determined. CommitPerPageインターリーブCommitPerDocumentされたドキュメントを作成する場合、またはを指定して、アプリケーションのメモリ要件を減らすことができます。CommitPerPage or CommitPerDocument can be specified to reduce application memory requirements when you create interleaved documents.

XPSXPSpolicyNone場合、ドキュメントで使用されているすべてのフォントのすべてのグリフが保存されます。テキストで実際に使用されていない文字も含まれます。When policy is None, all the glyphs for all fonts that are used in the XPSXPS document are saved, even glyphs for characters that not actually used in the text.

適用対象

こちらもご覧ください