XamlServices.Load XamlServices.Load XamlServices.Load XamlServices.Load Method

定義

XAML リーダーの読み取り元を読み込み、その出力をオブジェクト グラフとして書き込みます。Loads source for a XAML reader and writes its output as an object graph.

オーバーロード

Load(Stream) Load(Stream) Load(Stream)

XAML リーダーの読み取り元の Stream を読み込み、その出力をオブジェクト グラフとして書き込みます。Loads a Stream source for a XAML reader and writes its output as an object graph.

Load(TextReader) Load(TextReader) Load(TextReader)

TextReader から XAML リーダーを作成し、オブジェクト グラフを返します。Creates a XAML reader from a TextReader, and returns an object graph.

Load(String) Load(String) Load(String) Load(String)

XAML リーダーの読み取り元の Stream を読み込み、オブジェクト グラフを返します。Loads a Stream source for a XAML reader and returns an object graph.

Load(XamlReader) Load(XamlReader) Load(XamlReader)

固有の XAML リーダー実装を読み込み、オブジェクト グラフを返します。Loads a specific XAML reader implementation and returns an object graph.

Load(XmlReader) Load(XmlReader) Load(XmlReader)

固有の XML リーダー実装を読み込み、オブジェクト グラフを返します。Loads a specific XML reader implementation and returns an object graph.

Load(Stream) Load(Stream) Load(Stream)

XAML リーダーの読み取り元の Stream を読み込み、その出力をオブジェクト グラフとして書き込みます。Loads a Stream source for a XAML reader and writes its output as an object graph.

public:
 static System::Object ^ Load(System::IO::Stream ^ stream);
public static object Load (System.IO.Stream stream);
static member Load : System.IO.Stream -> obj

パラメーター

stream
Stream Stream Stream Stream

入力として読み込むストリーム。The stream to load as input.

戻り値

出力として書き込まれるオブジェクト グラフ。The object graph that is written as output.

例外

注釈

別の署名、Load(Stream)メソッドは、さまざまな種類のソース XAML の入力を指定します。Different signatures for the Load(Stream) method specify different types of input for the source XAML. Load(Stream)内部実装を作成、XmlReader呼び出してCreate(Stream)し、専用の新しいインスタンスを作成します。XamlReader入力を処理します。The Load(Stream) internal implementation first creates an XmlReader by calling Create(Stream) and then creates a new instance of a specialized XamlReader that processes the input.

ために、Load(Stream)オブジェクト グラフを正常に作成する呼び出しを次は、true である必要があります。In order for the Load(Stream) call to successfully create an object graph, the following must be true:

  • ソースが正しく構成されていると、有効な XML です。The source is well-formed and valid XML.

  • ソースは、言語レベルで有効な XAML です。The source is valid XAML at the language level.

  • ソースで指定されている XAML 型 XAML は、関連する XAML 名前空間でバッキング型に解決する必要があります。The XAML types that are specified in the source XAML must resolve to backing types in the relevant XAML namespaces. たとえば、WPF 名前空間の XAML 型は XAML; で指定されている WPF XAML 名前空間に解決します。WPF のアセンブリがプロジェクトに含まれているか、実行時に使用可能なをする必要があります。などなど。For example, XAML types for WPF namespaces can resolve to a WPF XAML namespace as specified in the XAML; the assemblies for WPF must be included in the project or available in the run time; and so on.

重要

XamlServices XAML の推奨資料ではない、または API を記述する XAML が処理する場合に設定Windows Presentation Foundation (WPF)Windows Presentation Foundation (WPF)型、または型に基づくWPFWPFします。XamlServices is not the recommended XAML reading or XAML writing API set if you are processing Windows Presentation Foundation (WPF)Windows Presentation Foundation (WPF) types, or types based on WPFWPF. WPFWPF使用量、使用System.Windows.Markup.XamlReaderの読み取りまたは XAML; の読み込みとSystem.Windows.Markup.XamlWriterXAML を書き戻すためです。For WPFWPF usage, use System.Windows.Markup.XamlReader for reading or loading XAML; and System.Windows.Markup.XamlWriter for writing back XAML. これらのクラスを使用して、 System.Xaml Api の実装で内部的にただしもサポートしています XAML の読み取りと書き込みを依存関係プロパティのための最適化などの特性に影響を与える WPF 固有の概念について説明します。These classes use System.Xaml APIs internally in their implementation; however, they also provide support for WPF-specific concepts that influence the nature of XAML reading and writing, such as optimizations for dependency properties.

Load(TextReader) Load(TextReader) Load(TextReader)

TextReader から XAML リーダーを作成し、オブジェクト グラフを返します。Creates a XAML reader from a TextReader, and returns an object graph.

public:
 static System::Object ^ Load(System::IO::TextReader ^ textReader);
public static object Load (System.IO.TextReader textReader);
static member Load : System.IO.TextReader -> obj

パラメーター

textReader
TextReader TextReader TextReader TextReader

作成する TextReader の基礎として使用する XmlReaderThe TextReader to use as the basis for the created XmlReader.

戻り値

返されるオブジェクト グラフ。The object graph that is returned.

例外

注釈

オブジェクト グラフを返すために、textReader入力は、関連する入力を使用して構築する必要があります。In order to return the object graph, the textReader input should be constructed by using its relevant input. たとえば、渡す必要があります、StringReaderの有効な XAML の文字列として入力を使用して構築されるStringReader(String)コンス トラクター。For example, it should pass a StringReader that is constructed by using a valid XAML-as-string input for the StringReader(String) constructor.

Load(String) Load(String) Load(String) Load(String)

XAML リーダーの読み取り元の Stream を読み込み、オブジェクト グラフを返します。Loads a Stream source for a XAML reader and returns an object graph.

public:
 static System::Object ^ Load(System::String ^ fileName);
public static object Load (string fileName);
static member Load : string -> obj
Public Shared Function Load (fileName As String) As Object

パラメーター

fileName
String String String String

読み込み元として使用するファイル名。The file name to load and use as source.

戻り値

返されるオブジェクト グラフ。The object graph that is returned.

例外

fileName の入力が null です。fileName input is null.

注釈

別の署名、Loadメソッドは、さまざまな種類のソース XAML の入力を指定します。Different signatures for the Load method specify different types of input for the source XAML. Load内部実装を作成、XmlReader呼び出してCreate(String)し、専用の新しいインスタンスを作成します。XamlReader入力を処理します。The Load internal implementation first creates an XmlReader by calling Create(String) and then creates a new instance of a specialized XamlReader that processes the input.

ために、Load(String)オブジェクト グラフを正常に作成する呼び出しを次は、true である必要があります。In order for the Load(String) call to successfully create an object graph, the following must be true:

  • ソースが正しく構成されていると、有効な XML です。The source is well-formed and valid XML.

  • ソースは、言語レベルで有効な XAML です。The source is valid XAML at the language level.

  • ソースで指定されている XAML 型 XAML は、関連する XAML 名前空間でバッキング型に解決する必要があります。The XAML types that are specified in the source XAML must resolve to backing types in the relevant XAML namespaces. たとえば、WPF 名前空間の XAML 型は XAML; で指定されている WPF XAML 名前空間に解決します。wpf アセンブリがプロジェクトに含める必要があるまたは、実行時に使用できます。などなど。For example, XAML types for WPF namespaces can resolve to a WPF XAML namespace as specified in the XAML; the assemblies for WPF must be included in the project or be available in the run time; and so on.

Load(XamlReader) Load(XamlReader) Load(XamlReader)

固有の XAML リーダー実装を読み込み、オブジェクト グラフを返します。Loads a specific XAML reader implementation and returns an object graph.

public:
 static System::Object ^ Load(System::Xaml::XamlReader ^ xamlReader);
public static object Load (System.Xaml.XamlReader xamlReader);
static member Load : System.Xaml.XamlReader -> obj

パラメーター

xamlReader
XamlReader XamlReader XamlReader XamlReader

この Load 操作のリーダーとして使用する XAML リーダー実装。The XAML reader implementation to use as the reader for this Load operation.

戻り値

返されるオブジェクト グラフ。The object graph that is returned.

例外

xamlReader の入力が null です。xamlReader input is null.

注釈

通常、この署名を使用して、次の場合にのみする必要があります。You should typically use this signature only in the following cases:

  • 独自の実装を定義した、XamlReaderします。You defined your own implementation of a XamlReader.

  • 設定を指定する、XamlReaderすると、既定の設定は異なります。You specified settings for a XamlReader that differ from the default settings.

Load(XmlReader) Load(XmlReader) Load(XmlReader)

固有の XML リーダー実装を読み込み、オブジェクト グラフを返します。Loads a specific XML reader implementation and returns an object graph.

public:
 static System::Object ^ Load(System::Xml::XmlReader ^ xmlReader);
public static object Load (System.Xml.XmlReader xmlReader);
static member Load : System.Xml.XmlReader -> obj

パラメーター

xmlReader
XmlReader XmlReader XmlReader XmlReader

この Load 操作のリーダーとして使用する XmlReader 実装。The XmlReader implementation to use as the reader for this Load operation.

戻り値

出力されたオブジェクト グラフ。The output object graph.

例外

xamlReader の入力が null です。xamlReader input is null.

注釈

独自の実装を定義する場合にのみ、通常この署名を使用する必要があります、XmlReaderします。You should typically use this signature only if you defined your own implementation of a XmlReader.

適用対象