XamlReader XamlReader XamlReader XamlReader Class

定義

XAML 入力を処理して XAML ノード ストリームを生成するクラスの基本定義を提供します。Provides base definitions for classes that consume XAML input and produce XAML node streams.

public ref class XamlReader abstract : IDisposable
public abstract class XamlReader : IDisposable
type XamlReader = class
    interface IDisposable
Public MustInherit Class XamlReader
Implements IDisposable
継承
XamlReaderXamlReaderXamlReaderXamlReader
派生
実装

注釈

XamlReaderは抽象クラスであり、すべてのメンバーの作業結果を持つ実装または定義を提供しません。XamlReader is an abstract class and does not provide implementations or definitions that have a working result for all members. XamlReader実装されているメンバーについては、そのメンバーの解説に記載されています。Members that do have an implementation in XamlReader are noted in the remarks for that member. 具体的にXamlReaderは、にはいくつかの抽象メンバーを実装する必要があり、いくつかの仮想メンバーがあります。Specifically, XamlReader has several abstract members that must be implemented, and several virtual members.

仮想メンバー ReadSubtreeの。とはSkip 、ほとんどの場合に適した既定の実装を提供します。Of the virtual members, ReadSubtree and Skip each provide a default implementation that is appropriate for most cases. ただし、およびReadSubtree Skip既定の実装は、実装する XAML リーダーの他の予期される動作に依存します。 Read特に、オーバーライドに依存します。However, the ReadSubtree and Skip default implementations rely on other expected behavior of the implementing XAML reader; in particular, they rely on the Read override. Disposeは、実際に動作する既定の実装を持つ仮想メンバーでもあります。Dispose is also a virtual member that has a working default implementation.

次の2つのクラスは、.NET Framework XAML サービスと .xaml アセンブリにおいて最も関連性のある実用的な派生クラスです。The following two classes are the most relevant and practical derived classes in .NET Framework XAML Services and the System.Xaml assembly:

  • XamlObjectReader。実行時にアプリケーションのアクティブなオブジェクトグラフなどのオブジェクトグラフを読み取ります。XamlObjectReader, which reads an object graph, such as the active object graph of an application at run time.

  • XamlXmlReader。このファイルを中間ヘルパークラスとして読み込む一般的XmlReaderなを使用して、XML テキストファイルの形式で XAML を読み取ります。XamlXmlReader, which reads XAML in the form of a XML text file by using a general XmlReader that loads the file as an intermediary helper class.

他のフレームワークのその他のBaml2006Reader XAML XamlDebuggerXmlReaderリーダーには、とが含まれます。Other XAML readers from other frameworks include Baml2006Reader and XamlDebuggerXmlReader.

XamlReaderは、 XML ドキュメント オブジェクト モデル (DOM)XML Document Object Model (DOM)基になる既定XamlReaderの XAML リーダー実装Createを返すメソッドを持っていないため、との設計原則とXmlReaderは異なります。XamlReader differs from XML ドキュメント オブジェクト モデル (DOM)XML Document Object Model (DOM) and XmlReader design principles because XamlReader does not have a Create method to return underlying default XAML reader implementations. 代わりに、コンストラクターまたはその他のクラス固有のヘルパー Api を呼び出すことによって、特定の派生 XAML リーダークラスをインスタンス化する必要があります。You must instead instantiate specific derived XAML reader classes by calling their constructors or other class-specific helper APIs.

サブツリーリーダーSubtree Readers

ほとんどの場合、からXamlReader XamlReader派生する特定の XAML リーダークラスのコンテキストで API を呼び出します。For the most part, you call XamlReader API in the context of specific XAML reader classes that derive from XamlReader. ただし、特定のケースでは、またXamlReaderXamlXmlReaderからXamlObjectReader派生していない、パブリックではない実際の XAML リーダーインスタンスの API にアクセスします。However, in one particular case, you access XamlReader API on a practical XAML reader instance that is not public and not derived from XamlObjectReader or XamlXmlReader. この場合、 XamlReaderインスタンスを返すReadSubtreeを呼び出すと、が返されます。This case is when you call ReadSubtree, which returns a XamlReader instance. 既定の実装XamlReaderでは、この API によって返されるは内部クラスです。In the default implementation, the XamlReader that is returned by this API is an internal class.

サブXamlReaderツリー読み取り用に取得されたは、 ReadNodeTypeなどの api に対して有効なアクションを持ち、これらのアクションは親リーダークラスに基づいています。The XamlReader obtained for subtree reading has valid actions for APIs such as Read and NodeType, and those actions are based on the parent reader class. この設計により、内部クラスは、サブツリーが入力されたフレームレベルを追跡できるようになります。This design enables the internal class to track the frame level where the subtree was entered. 操作中のXamlReaderサブツリーでは、現在のノードの位置がサブツリーの境界を越えて移動された場合、特定のサブツリー nullリーダーがファイルの末尾または現在のノードを報告するようにします。The acting subtree XamlReader makes sure that if the current node position is moved beyond the bounds of the subtree, the specific subtree reader reports end-of-file or null at the current node.

サブツリーリーダーの使用に関する注意事項XamlReaderは、特定の api に含まれています。Notes about subtree reader usage are included on certain XamlReader APIs.

コンストラクター

XamlReader() XamlReader() XamlReader() XamlReader()

XamlReader クラスを初期化します。Initializes the XamlReader class.

プロパティ

IsDisposed IsDisposed IsDisposed IsDisposed

Dispose(Boolean) が呼び出されているかどうかを取得します。Gets whether Dispose(Boolean) has been called.

IsEof IsEof IsEof IsEof

派生クラスで実装されている場合に、リーダーがファイルの末尾に配置されているかどうかを示す値を取得します。When implemented in a derived class, gets a value that reports whether the reader position is at end-of-file.

Member Member Member Member

派生クラスで実装されており、リーダーが StartMember 上に配置されている場合は、リーダーが現在配置されているメンバーを取得します。When implemented in a derived class, gets the current member at the reader position, if the reader position is on a StartMember.

Namespace Namespace Namespace Namespace

派生クラスで実装されている場合に、現在のノードから XAML 名前空間情報を取得します。When implemented in a derived class, gets the XAML namespace information from the current node.

NodeType NodeType NodeType NodeType

派生クラスで実装された場合、現在のノードの型を取得します。When implemented in a derived class, gets the type of the current node.

SchemaContext SchemaContext SchemaContext SchemaContext

派生クラスで実装されている場合に、情報セットに XAML スキーマ コンテキスト情報を提供するオブジェクトを取得します。When implemented in a derived class, gets an object that provides XAML schema context information for the information set.

Type Type Type Type

派生クラスで実装されている場合に、現在のノードの XamlType を取得します。When implemented in a derived class, gets the XamlType of the current node.

Value Value Value Value

派生クラスで実装された場合、現在のノードの値を取得します。When implemented in a derived class, gets the value of the current node.

メソッド

Close() Close() Close() Close()

XAML ノード ストリームを閉じます。Closes the XAML node stream.

Dispose(Boolean) Dispose(Boolean) Dispose(Boolean) Dispose(Boolean)

XamlReader によって使用されているアンマネージド リソースを解放し、オプションでマネージド リソースも解放します。Releases the unmanaged resources used by the XamlReader, and optionally, releases the managed resources.

Equals(Object) Equals(Object) Equals(Object) Equals(Object)

指定したオブジェクトが、現在のオブジェクトと等しいかどうかを判断します。Determines whether the specified object is equal to the current object.

(Inherited from Object)
GetHashCode() GetHashCode() GetHashCode() GetHashCode()

既定のハッシュ関数として機能します。Serves as the default hash function.

(Inherited from Object)
GetType() GetType() GetType() GetType()

現在のインスタンスの Type を取得します。Gets the Type of the current instance.

(Inherited from Object)
MemberwiseClone() MemberwiseClone() MemberwiseClone() MemberwiseClone()

現在の Object の簡易コピーを作成します。Creates a shallow copy of the current Object.

(Inherited from Object)
Read() Read() Read() Read()

派生クラスで実装された場合、処理対象から次の XAML ノードを読み取ります (ノードがある場合)。When implemented in a derived class, provides the next XAML node from the source, if a node is available.

ReadSubtree() ReadSubtree() ReadSubtree() ReadSubtree()

現在の XamlReader に基づく XamlReader を返します。返された XamlReader は、XAML ノード構造のサブツリーでの反復処理に使用されます。Returns a XamlReader that is based on the current XamlReader, where the returned XamlReader is used to iterate through a subtree of the XAML node structure.

Skip() Skip() Skip() Skip()

現在のノードをスキップして、リーダーの位置を次のノードに進めます。Skips the current node and advances the reader position to the next node.

ToString() ToString() ToString() ToString()

現在のオブジェクトを表す文字列を返します。Returns a string that represents the current object.

(Inherited from Object)

明示的なインターフェイスの実装

IDisposable.Dispose() IDisposable.Dispose() IDisposable.Dispose() IDisposable.Dispose()

XamlReader クラスの現在のインスタンスによって使用されているすべてのリソースを解放します。Releases all resources used by the current instance of the XamlReader class.

適用対象

こちらもご覧ください