XmlReaderSettings.Async プロパティ

定義

非同期 XmlReader メソッドを XmlReader の特定のインスタンスで使用できるかどうかを取得または設定します。Gets or sets whether asynchronous XmlReader methods can be used on a particular XmlReader instance.

public:
 property bool Async { bool get(); void set(bool value); };
public bool Async { get; set; }
member this.Async : bool with get, set
Public Property Async As Boolean

プロパティ値

非同期メソッドを使用できる場合は true。それ以外の場合は falsetrue if asynchronous methods can be used; otherwise, false.

注釈

このインスタンスで非同期true XmlReaderメソッドを使用する場合は、 XmlReader新しいインスタンスを作成するときにこの値をに設定する必要があります。You must set this value to true when you create a new XmlReader instance if you want to use asynchronous XmlReader methods on that instance. インスタンスが作成されるとAsync 、プロパティは読み取り専用になります。 XmlReaderAfter the XmlReader instance is created, the Async property is read-only. このプロパティの既定値は false です。The default value of this property is false.

このフラグは、 XmlReader.Createオーバーロードによって無視されます。This flag is ignored by the XmlReader.Create overload. つまり、既存XmlReaderのに基づいて新しいXmlReaderを作成する場合、非同期動作は入力XmlReaderに依存し、 Asyncフラグを使用して非同期動作を変更することはできません。This means that if you create a new XmlReader based on an existing XmlReader, the async behavior depends on the input XmlReader, and you cannot use the Async flag to change the async behavior.

適用対象

こちらもご覧ください