XmlTextReader クラス

定義

XML データへの高速で非キャッシュの前方向アクセスを提供するリーダーを表します。Represents a reader that provides fast, non-cached, forward-only access to XML data.

.NET Framework 2.0 以降では、代わりに XmlReader クラスを使用することをお勧めします。Starting with the .NET Framework 2.0, we recommend that you use the XmlReader class instead.

public ref class XmlTextReader : System::Xml::XmlReader, System::Xml::IXmlLineInfo, System::Xml::IXmlNamespaceResolver
public class XmlTextReader : System.Xml.XmlReader, System.Xml.IXmlLineInfo, System.Xml.IXmlNamespaceResolver
type XmlTextReader = class
    inherit XmlReader
    interface IXmlLineInfo
    interface IXmlNamespaceResolver
Public Class XmlTextReader
Inherits XmlReader
Implements IXmlLineInfo, IXmlNamespaceResolver
継承
XmlTextReader
実装

注釈

注意

.NET Framework 2.0 以降では、新しい機能を利用するために、XmlReader.Create メソッドを使用して @no__t 0 のインスタンスを作成することをお勧めします。Starting with the .NET Framework 2.0, we recommend that you create XmlReader instances by using the XmlReader.Create method to take advantage of new functionality.

XmlTextReader は、XML データのストリームへの前方参照専用の読み取り専用アクセスを提供します。XmlTextReader provides forward-only, read-only access to a stream of XML data. 現在のノードとは、現在リーダーが置かれているノードのことです。The current node refers to the node on which the reader is positioned. リーダーは、read メソッドとプロパティを使用して、現在のノードの値を反映した高度です。The reader is advanced using any of the read methods and properties reflect the value of the current node.

このクラスは @no__t 0 を実装し、W3C 拡張マークアップ言語 (XML) 1.0 および XML 勧告の名前空間に準拠しています。This class implements XmlReader and conforms to the W3C Extensible Markup Language (XML) 1.0 and the Namespaces in XML recommendations. XmlTextReader は次の機能を提供します。XmlTextReader provides the following functionality:

  • 整形式の XML の規則を適用します。Enforces the rules of well-formed XML.

  • XmlTextReader はデータの検証を行いません。XmlTextReader does not provide data validation.

  • @No__t-0 ノードが整形式であることを確認します。Checks that DocumentType nodes are well-formed. XmlTextReader にすると、DTD が整形式であるかどうかがチェックされますが、DTD を使用した検証は行われません。XmlTextReader checks the DTD for well-formedness, but does not validate using the DTD.

  • @No__t-0 が XmlNodeType.EntityReference のノードでは、1つの空の EntityReference ノードが返されます (つまり、Value プロパティは String.Empty)。For nodes where NodeType is XmlNodeType.EntityReference, a single empty EntityReference node is returned (that is, the Value property is String.Empty).

注意

DTD 内のエンティティの実際の宣言は、Entity ノードと呼ばれます。The actual declarations of entities in the DTD are called Entity nodes. データ内でこれらのノードを参照すると、EntityReference ノードと呼ばれます。When you refer to these nodes in your data, they are called EntityReference nodes.

  • 既定の属性は展開されません。Does not expand default attributes.

@No__t-0 では、データの検証に必要な追加のチェックが実行されないため、高速な整形式のパーサーが提供されます。Because the XmlTextReader does not perform the extra checks required for data validation, it provides a fast well-formedness parser.

データの検証を実行するには、@no__t 0 の検証を使用します。To perform data validation, use a validating XmlReader.

@No__t 0 から XML データを読み取るには、XmlNodeReader を使用します。To read XML data from an XmlDocument, use XmlNodeReader.

XmlTextReader は、XML 解析エラーに対して XmlException をスローします。XmlTextReader throws an XmlException on XML parse errors. 例外がスローされた後、リーダーの状態は予測できません。After an exception is thrown the state of the reader is not predictable. たとえば、報告されたノードの種類は、現在のノードの実際のノードの種類とは異なる場合があります。For example, the reported node type may be different than the actual node type of the current node. リーダーがエラー状態であるかどうかを確認するには、ReadState プロパティを使用します。Use the ReadState property to check whether a reader is in error state.

セキュリティの考慮事項Security Considerations

@No__t-0 クラスを使用する場合は、次の点を考慮する必要があります。The following are things to consider when using the XmlTextReader class.

  • 例外がスローされた場合 XmlTextReader は、アプリケーションに通知しないパス情報を開示できます。Exceptions thrown the XmlTextReader can disclose path information that you do not want bubbled up to the application. アプリケーションは例外をキャッチし、それらを適切に処理する必要があります。Your applications must catch exceptions and process them appropriately.

  • DTD の処理は既定で有効になっています。DTD processing is enabled by default. サービス拒否の問題が懸念される場合、または信頼されていないソースを扱う場合は、DTD 処理を無効にします。Disable DTD processing if you are concerned about Denial of Service issues or if you are dealing with untrusted sources. @No__t-0 プロパティを Prohibit に設定して、DTD 処理を無効にします。Set the DtdProcessing property to Prohibit to disable DTD processing.

    DTD 処理を有効にした場合、XmlSecureResolver を使用して XmlTextReader でアクセス可能なリソースを制限できます。If you have DTD processing enabled, you can use the XmlSecureResolver to restrict the resources that the XmlTextReader can access. また、XML 処理に対するメモリと時間の割り当てが制限されるようにアプリケーションをデザインすることもできます。You can also design your application so that the XML processing is memory and time constrained. たとえば、ASP.NET アプリケーション内でタイムアウト制限を設定します。For example, configure time-out limits in your ASP.NET application.

  • XML データには、DTD ファイルなどの外部リソースへの参照を含めることができます。XML data can include references to external resources such as a DTD file. 既定では、外部リソースはユーザー資格情報なしで、XmlUrlResolver オブジェクトを使用して解決されます。By default external resources are resolved using an XmlUrlResolver object with no user credentials. この点については、次のいずれかの方法でセキュリティを強化できます。You can secure this further by doing one of the following:

  • XML データには、処理に長時間を要する大量の属性、名前空間宣言、入れ子になった要素などが含まれることがあります。XML data can contain a large number of attributes, namespace declarations, nested elements and so on that require a substantial amount of time to process. @No__t-0 に送信される入力のサイズを制限するには、カスタム IStream 実装を作成し、それに XmlTextReader を指定します。To limit the size of the input that is sent to the XmlTextReader, create a custom IStream implementation and supply it the XmlTextReader.

  • @No__t-0 メソッドは、大量のデータストリームを処理するために使用できます。The ReadValueChunk method can be used to handle large streams of data. このメソッドは、値全体に 1 つの文字列を割り当てる代わりに、一度に少数の文字を読みます。This method reads a small number of characters at a time instead of allocating a single string for the whole value.

  • 既定では、一般エンティティは展開されません。By default general entities are not expanded. 一般エンティティは ResolveEntity メソッドを呼び出したときに展開されます。General entities are expanded when you call the ResolveEntity method.

注意 (継承者)

このクラスには継承要求があります。This class has an inheritance demand. @No__t-0 から継承するには、完全信頼が必要です。Full trust is required to inherit from XmlTextReader.

コンストラクター

XmlTextReader()

XmlTextReaderの新しいインスタンスを初期化します。Initializes a new instance of the XmlTextReader.

XmlTextReader(Stream)

指定したストリームで XmlTextReader クラスの新しいインスタンスを初期化します。Initializes a new instance of the XmlTextReader class with the specified stream.

XmlTextReader(Stream, XmlNameTable)

指定したストリームと XmlNameTableXmlTextReader クラスの新しいインスタンスを初期化します。Initializes a new instance of the XmlTextReader class with the specified stream and XmlNameTable.

XmlTextReader(Stream, XmlNodeType, XmlParserContext)

指定したストリーム、XmlNodeType および XmlParserContextXmlTextReader クラスの新しいインスタンスを初期化します。Initializes a new instance of the XmlTextReader class with the specified stream, XmlNodeType, and XmlParserContext.

XmlTextReader(String)

指定したファイルで、XmlTextReader クラスの新しいインスタンスを初期化します。Initializes a new instance of the XmlTextReader class with the specified file.

XmlTextReader(String, Stream)

指定した URL とストリームで、XmlTextReader クラスの新しいインスタンスを初期化します。Initializes a new instance of the XmlTextReader class with the specified URL and stream.

XmlTextReader(String, Stream, XmlNameTable)

指定した URL、ストリーム、および XmlNameTable で、XmlTextReader クラスの新しいインスタンスを初期化します。Initializes a new instance of the XmlTextReader class with the specified URL, stream and XmlNameTable.

XmlTextReader(String, TextReader)

指定した URL と TextReader で、XmlTextReader クラスの新しいインスタンスを初期化します。Initializes a new instance of the XmlTextReader class with the specified URL and TextReader.

XmlTextReader(String, TextReader, XmlNameTable)

指定した URL、TextReader、および XmlNameTable で、XmlTextReader クラスの新しいインスタンスを初期化します。Initializes a new instance of the XmlTextReader class with the specified URL, TextReader and XmlNameTable.

XmlTextReader(String, XmlNameTable)

指定したファイルと XmlNameTable で、XmlTextReader クラスの新しいインスタンスを初期化します。Initializes a new instance of the XmlTextReader class with the specified file and XmlNameTable.

XmlTextReader(String, XmlNodeType, XmlParserContext)

指定した文字列、XmlNodeType、および XmlParserContext で、XmlTextReader クラスの新しいインスタンスを初期化します。Initializes a new instance of the XmlTextReader class with the specified string, XmlNodeType, and XmlParserContext.

XmlTextReader(TextReader)

XmlTextReader を指定して、TextReader クラスの新しいインスタンスを初期化します。Initializes a new instance of the XmlTextReader class with the specified TextReader.

XmlTextReader(TextReader, XmlNameTable)

指定された XmlTextReaderTextReader を使用して、XmlNameTable クラスの新しいインスタンスを初期化します。Initializes a new instance of the XmlTextReader class with the specified TextReader and XmlNameTable.

XmlTextReader(XmlNameTable)

XmlTextReader を指定して、XmlNameTable クラスの新しいインスタンスを初期化します。Initializes a new instance of the XmlTextReader class with the specified XmlNameTable.

プロパティ

AttributeCount

現在のノードにある属性の数を取得します。Gets the number of attributes on the current node.

BaseURI

現在のノードのベース URI を取得します。Gets the base URI of the current node.

CanReadBinaryContent

XmlTextReader がバイナリ コンテンツ用の読み取りメソッドを実装するかどうかを示す値を取得します。Gets a value indicating whether the XmlTextReader implements the binary content read methods.

CanReadValueChunk

XmlTextReaderReadValueChunk(Char[], Int32, Int32) メソッドを実装しているかどうかを示す値を取得します。Gets a value indicating whether the XmlTextReader implements the ReadValueChunk(Char[], Int32, Int32) method.

CanResolveEntity

このリーダーがエンティティを解析および解決できるかどうかを示す値を取得します。Gets a value indicating whether this reader can parse and resolve entities.

Depth

XML ドキュメント内の現在のノードの深さを取得します。Gets the depth of the current node in the XML document.

DtdProcessing

DtdProcessing 列挙体を取得または設定します。Gets or sets the DtdProcessing enumeration.

Encoding

ドキュメントのエンコーディングを取得します。Gets the encoding of the document.

EntityHandling

リーダーによるエンティティの処理方法を指定する値を取得または設定します。Gets or sets a value that specifies how the reader handles entities.

EOF

リーダーがストリームの末尾に配置されているかどうかを示す値を取得します。Gets a value indicating whether the reader is positioned at the end of the stream.

HasAttributes

現在のノードに属性があるかどうかを示す値を取得します。Gets a value indicating whether the current node has any attributes.

(継承元 XmlReader)
HasValue

現在のノードが String.Empty 以外の Value を保持できるかどうかを示す値を取得します。Gets a value indicating whether the current node can have a Value other than String.Empty.

IsDefault

現在のノードが、DTD またはスキーマで定義された既定値から生成された属性であるかどうかを示す値を取得します。Gets a value indicating whether the current node is an attribute that was generated from the default value defined in the DTD or schema.

IsEmptyElement

現在のノードが空の要素 (<MyElement/> など) かどうかを示す値を取得します。Gets a value indicating whether the current node is an empty element (for example, <MyElement/>).

Item[Int32]

指定したインデックスの属性の値を取得します。Gets the value of the attribute with the specified index.

Item[String, String]

指定したローカル名および名前空間 URI に関連付けられた属性の値を取得します。Gets the value of the attribute with the specified local name and namespace URI.

Item[String]

指定した名前の属性の値を取得します。Gets the value of the attribute with the specified name.

LineNumber

現在の行番号を取得します。Gets the current line number.

LinePosition

現在の行の位置を取得します。Gets the current line position.

LocalName

現在のノードのローカル名を取得します。Gets the local name of the current node.

Name

現在のノードの限定名を取得します。Gets the qualified name of the current node.

Namespaces

名前空間をサポートするかどうかを示す値を取得または設定します。Gets or sets a value indicating whether to do namespace support.

NamespaceURI

リーダーが配置されているノードの名前空間 URI (W3C の名前空間の仕様における定義に準拠) を取得します。Gets the namespace URI (as defined in the W3C Namespace specification) of the node on which the reader is positioned.

NameTable

この実装に関連付けられている XmlNameTable を取得します。Gets the XmlNameTable associated with this implementation.

NodeType

現在のノードの種類を取得します。Gets the type of the current node.

Normalization

空白と属性値を正規化するかどうかを示す値を取得または設定します。Gets or sets a value indicating whether to normalize white space and attribute values.

Prefix

現在のノードに関連付けられた名前空間プリフィックスを取得します。Gets the namespace prefix associated with the current node.

ProhibitDtd

DTD 処理を許可するかどうかを示す値を取得または設定します。Gets or sets a value indicating whether to allow DTD processing. このプロパティは今後使用しません。This property is obsolete. 代わりに、DtdProcessing を使用してください。Use DtdProcessing instead.

QuoteChar

属性ノードの値を囲むために使用する引用符文字を取得します。Gets the quotation mark character used to enclose the value of an attribute node.

ReadState

リーダーの状態を取得します。Gets the state of the reader.

SchemaInfo

スキーマ検証の結果、現在のノードに割り当てられているスキーマ情報を取得します。Gets the schema information that has been assigned to the current node as a result of schema validation.

(継承元 XmlReader)
Settings

この XmlTextReader インスタンスを作成するために使用された XmlReaderSettings オブジェクトを取得します。Gets the XmlReaderSettings object used to create this XmlTextReader instance.

Value

現在のノードのテキスト値を取得します。Gets the text value of the current node.

ValueType

現在のノードの共通言語ランタイム (CLR) 型を取得します。Gets The Common Language Runtime (CLR) type for the current node.

(継承元 XmlReader)
WhitespaceHandling

空白の処理方法を指定する値を取得または設定します。Gets or sets a value that specifies how white space is handled.

XmlLang

現在の xml:lang スコープを取得します。Gets the current xml:lang scope.

XmlResolver

DTD 参照を解決するために使用する XmlResolver を設定します。Sets the XmlResolver used for resolving DTD references.

XmlSpace

現在の xml:space スコープを取得します。Gets the current xml:space scope.

メソッド

Close()

ReadStateClosed に変更します。Changes the ReadState to Closed.

Dispose()

XmlReader クラスの現在のインスタンスによって使用されているすべてのリソースを解放します。Releases all resources used by the current instance of the XmlReader class.

(継承元 XmlReader)
Dispose(Boolean)

XmlReader によって使用されているアンマネージド リソースを解放し、オプションでマネージド リソースも解放します。Releases the unmanaged resources used by the XmlReader and optionally releases the managed resources.

(継承元 XmlReader)
Equals(Object)

指定したオブジェクトが、現在のオブジェクトと等しいかどうかを判断します。Determines whether the specified object is equal to the current object.

(継承元 Object)
GetAttribute(Int32)

指定したインデックスの属性の値を取得します。Gets the value of the attribute with the specified index.

GetAttribute(String)

指定した名前の属性の値を取得します。Gets the value of the attribute with the specified name.

GetAttribute(String, String)

指定したローカル名および名前空間 URI に関連付けられた属性の値を取得します。Gets the value of the attribute with the specified local name and namespace URI.

GetHashCode()

既定のハッシュ関数として機能します。Serves as the default hash function.

(継承元 Object)
GetNamespacesInScope(XmlNamespaceScope)

現在スコープ内にあるすべての名前空間が含まれたコレクションを取得します。Gets a collection that contains all namespaces currently in-scope.

GetRemainder()

バッファー内の XML の剰余を取得します。Gets the remainder of the buffered XML.

GetType()

現在のインスタンスの Type を取得します。Gets the Type of the current instance.

(継承元 Object)
GetValueAsync()

現在のノードのテキスト値を非同期に取得します。Asynchronously gets the value of the current node.

(継承元 XmlReader)
HasLineInfo()

クラスが行情報を返すことができるかどうかを示す値を取得します。Gets a value indicating whether the class can return line information.

IsStartElement()

MoveToContent() を呼び出し、現在のコンテンツ ノードが開始タグまたは空の要素タグかどうかをテストします。Calls MoveToContent() and tests if the current content node is a start tag or empty element tag.

(継承元 XmlReader)
IsStartElement(String)

MoveToContent() を呼び出し、現在のコンテンツ ノードが開始タグまたは空の要素タグかどうか、また、見つかった要素の Name プロパティが、指定した引数と一致するかどうかをテストします。Calls MoveToContent() and tests if the current content node is a start tag or empty element tag and if the Name property of the element found matches the given argument.

(継承元 XmlReader)
IsStartElement(String, String)

MoveToContent() を呼び出し、現在のコンテンツ ノードが開始タグまたは空の要素タグかどうか、また、見つかった要素の LocalName プロパティと NamespaceURI プロパティが、指定した文字列と一致するかどうかをテストします。Calls MoveToContent() and tests if the current content node is a start tag or empty element tag and if the LocalName and NamespaceURI properties of the element found match the given strings.

(継承元 XmlReader)
LookupNamespace(String)

現在の要素のスコープ内の名前空間プリフィックスを解決します。Resolves a namespace prefix in the current element's scope.

MemberwiseClone()

現在の Object の簡易コピーを作成します。Creates a shallow copy of the current Object.

(継承元 Object)
MoveToAttribute(Int32)

指定したインデックスを持つ属性に移動します。Moves to the attribute with the specified index.

MoveToAttribute(String)

指定した名前を持つ属性へ移動します。Moves to the attribute with the specified name.

MoveToAttribute(String, String)

指定したローカル名および名前空間 URI の属性に移動します。Moves to the attribute with the specified local name and namespace URI.

MoveToContent()

現在のノードがコンテンツ (空白でないテキスト、CDATAElementEndElementEntityReference、または EndEntity) ノードかどうかを確認します。Checks whether the current node is a content (non-white space text, CDATA, Element, EndElement, EntityReference, or EndEntity) node. ノードがコンテンツ ノードでない場合、リーダーは、次のコンテンツ ノードまたはファイルの末尾までスキップします。If the node is not a content node, the reader skips ahead to the next content node or end of file. リーダーは、ProcessingInstructionDocumentTypeCommentWhitespace、または SignificantWhitespace の型のノードをスキップします。It skips over nodes of the following type: ProcessingInstruction, DocumentType, Comment, Whitespace, or SignificantWhitespace.

(継承元 XmlReader)
MoveToContentAsync()

現在のノードがコンテンツ ノードであるかどうかを非同期的に確認します。Asynchronously checks whether the current node is a content node. ノードがコンテンツ ノードでない場合、リーダーは、次のコンテンツ ノードまたはファイルの末尾までスキップします。If the node is not a content node, the reader skips ahead to the next content node or end of file.

(継承元 XmlReader)
MoveToElement()

現在の属性ノードを含む要素に移動します。Moves to the element that contains the current attribute node.

MoveToFirstAttribute()

最初の属性に移動します。Moves to the first attribute.

MoveToNextAttribute()

次の属性に移動します。Moves to the next attribute.

Read()

ストリームから次のノードを読み取ります。Reads the next node from the stream.

ReadAsync()

ストリームから次のノードを非同期に読み取ります。Asynchronously reads the next node from the stream.

(継承元 XmlReader)
ReadAttributeValue()

属性値を解析して、1 つ以上の TextEntityReferenceEndEntity の各ノードに格納します。Parses the attribute value into one or more Text, EntityReference, or EndEntity nodes.

ReadBase64(Byte[], Int32, Int32)

Base64 をデコードし、デコードされたバイナリ バイトを返します。Decodes Base64 and returns the decoded binary bytes.

ReadBinHex(Byte[], Int32, Int32)

BinHex をデコードし、デコードされたバイナリ バイトを返します。Decodes BinHex and returns the decoded binary bytes.

ReadChars(Char[], Int32, Int32)

要素のテキストの内容を文字バッファーに読み取ります。Reads the text contents of an element into a character buffer. このメソッドは、連続して呼び出すことによって埋め込みテキストの大量のストリームを読み取るように設計されています。This method is designed to read large streams of embedded text by calling it successively.

ReadContentAs(Type, IXmlNamespaceResolver)

指定された型のオブジェクトとして内容を読み取ります。Reads the content as an object of the type specified.

(継承元 XmlReader)
ReadContentAsAsync(Type, IXmlNamespaceResolver)

指定された型のオブジェクトとして内容を非同期に読み取ります。Asynchronously reads the content as an object of the type specified.

(継承元 XmlReader)
ReadContentAsBase64(Byte[], Int32, Int32)

コンテンツを読み取り、Base64 でデコードされたバイナリ バイトを返します。Reads the content and returns the Base64 decoded binary bytes.

ReadContentAsBase64Async(Byte[], Int32, Int32)

コンテンツを非同期に読み取り、Base64 でデコードされたバイナリ バイトを返します。Asynchronously reads the content and returns the Base64 decoded binary bytes.

(継承元 XmlReader)
ReadContentAsBinHex(Byte[], Int32, Int32)

コンテンツを読み取り、BinHex でデコードされたバイナリ バイトを返します。Reads the content and returns the BinHex decoded binary bytes.

ReadContentAsBinHexAsync(Byte[], Int32, Int32)

コンテンツを非同期に読み取り、BinHex でデコードされたバイナリ バイトを返します。Asynchronously reads the content and returns the BinHex decoded binary bytes.

(継承元 XmlReader)
ReadContentAsBoolean()

現在の位置でテキスト コンテンツを Boolean として読み取ります。Reads the text content at the current position as a Boolean.

(継承元 XmlReader)
ReadContentAsDateTime()

現在の位置でテキスト コンテンツを DateTime オブジェクトとして読み取ります。Reads the text content at the current position as a DateTime object.

(継承元 XmlReader)
ReadContentAsDateTimeOffset()

現在の位置でテキスト コンテンツを DateTimeOffset オブジェクトとして読み取ります。Reads the text content at the current position as a DateTimeOffset object.

(継承元 XmlReader)
ReadContentAsDecimal()

現在の位置でテキスト コンテンツを Decimal オブジェクトとして読み取ります。Reads the text content at the current position as a Decimal object.

(継承元 XmlReader)
ReadContentAsDouble()

現在の位置のテキストの内容を、倍精度浮動小数点数として読み取ります。Reads the text content at the current position as a double-precision floating-point number.

(継承元 XmlReader)
ReadContentAsFloat()

現在の位置のテキストの内容を、単精度浮動小数点数として読み取ります。Reads the text content at the current position as a single-precision floating point number.

(継承元 XmlReader)
ReadContentAsInt()

現在の位置でテキストの内容を 32 ビット符号付き整数として読み取ります。Reads the text content at the current position as a 32-bit signed integer.

(継承元 XmlReader)
ReadContentAsLong()

現在の位置でテキストの内容を 64 ビット符号付き整数として読み取ります。Reads the text content at the current position as a 64-bit signed integer.

(継承元 XmlReader)
ReadContentAsObject()

現在の位置でテキスト コンテンツを Object として読み取ります。Reads the text content at the current position as an Object.

(継承元 XmlReader)
ReadContentAsObjectAsync()

現在の位置でテキスト コンテンツを Object として非同期に読み取ります。Asynchronously reads the text content at the current position as an Object.

(継承元 XmlReader)
ReadContentAsString()

現在の位置でテキスト コンテンツを String オブジェクトとして読み取ります。Reads the text content at the current position as a String object.

(継承元 XmlReader)
ReadContentAsStringAsync()

現在の位置でテキスト コンテンツを String オブジェクトとして非同期に読み取ります。Asynchronously reads the text content at the current position as a String object.

(継承元 XmlReader)
ReadElementContentAs(Type, IXmlNamespaceResolver)

要素の内容を要求された型として返します。Reads the element content as the requested type.

(継承元 XmlReader)
ReadElementContentAs(Type, IXmlNamespaceResolver, String, String)

指定されたローカル名と名前空間 URI が現在の要素のものと一致することを確認し、要素の内容を要求された型として読み込みます。Checks that the specified local name and namespace URI matches that of the current element, then reads the element content as the requested type.

(継承元 XmlReader)
ReadElementContentAsAsync(Type, IXmlNamespaceResolver)

要素の内容を要求された型として非同期に読み取ります。Asynchronously reads the element content as the requested type.

(継承元 XmlReader)
ReadElementContentAsBase64(Byte[], Int32, Int32)

要素を読み取り、Base64 のコンテンツをデコードします。Reads the element and decodes the Base64 content.

ReadElementContentAsBase64Async(Byte[], Int32, Int32)

要素を非同期に読み取り、Base64 の内容をデコードします。Asynchronously reads the element and decodes the Base64 content.

(継承元 XmlReader)
ReadElementContentAsBinHex(Byte[], Int32, Int32)

要素を読み取り、BinHex の内容をデコードします。Reads the element and decodes the BinHex content.

ReadElementContentAsBinHexAsync(Byte[], Int32, Int32)

要素を非同期に読み取り、BinHex の内容をデコードします。Asynchronously reads the element and decodes the BinHex content.

(継承元 XmlReader)
ReadElementContentAsBoolean()

現在の要素を読み取り、そのコンテンツを Boolean オブジェクトとして返します。Reads the current element and returns the contents as a Boolean object.

(継承元 XmlReader)
ReadElementContentAsBoolean(String, String)

指定されたローカル名と名前空間 URI が現在の要素のものと一致することを確認し、現在の要素を読み取って、コンテンツを Boolean オブジェクトとして返します。Checks that the specified local name and namespace URI matches that of the current element, then reads the current element and returns the contents as a Boolean object.

(継承元 XmlReader)
ReadElementContentAsDateTime()

現在の要素を読み取り、そのコンテンツを DateTime オブジェクトとして返します。Reads the current element and returns the contents as a DateTime object.

(継承元 XmlReader)
ReadElementContentAsDateTime(String, String)

指定されたローカル名と名前空間 URI が現在の要素のものと一致することを確認し、現在の要素を読み取って、コンテンツを DateTime オブジェクトとして返します。Checks that the specified local name and namespace URI matches that of the current element, then reads the current element and returns the contents as a DateTime object.

(継承元 XmlReader)
ReadElementContentAsDecimal()

現在の要素を読み取り、そのコンテンツを Decimal オブジェクトとして返します。Reads the current element and returns the contents as a Decimal object.

(継承元 XmlReader)
ReadElementContentAsDecimal(String, String)

指定されたローカル名と名前空間 URI が現在の要素のものと一致することを確認し、現在の要素を読み取って、コンテンツを Decimal オブジェクトとして返します。Checks that the specified local name and namespace URI matches that of the current element, then reads the current element and returns the contents as a Decimal object.

(継承元 XmlReader)
ReadElementContentAsDouble()

現在の要素を読み込み、その内容を倍精度浮動小数点数として返します。Reads the current element and returns the contents as a double-precision floating-point number.

(継承元 XmlReader)
ReadElementContentAsDouble(String, String)

指定されたローカル名と名前空間 URI が現在の要素のものと一致することを確認し、現在の要素を読み込んで内容を倍精度浮動小数点数として返します。Checks that the specified local name and namespace URI matches that of the current element, then reads the current element and returns the contents as a double-precision floating-point number.

(継承元 XmlReader)
ReadElementContentAsFloat()

現在の要素を読み込み、その内容を単精度浮動小数点数として返します。Reads the current element and returns the contents as single-precision floating-point number.

(継承元 XmlReader)
ReadElementContentAsFloat(String, String)

指定されたローカル名と名前空間 URI が現在の要素のものと一致することを確認し、現在の要素を読み込んで内容を単精度浮動小数点数として返します。Checks that the specified local name and namespace URI matches that of the current element, then reads the current element and returns the contents as a single-precision floating-point number.

(継承元 XmlReader)
ReadElementContentAsInt()

現在の要素を読み取り、その内容を 32 ビット符号付き整数として返します。Reads the current element and returns the contents as a 32-bit signed integer.

(継承元 XmlReader)
ReadElementContentAsInt(String, String)

指定されたローカル名と名前空間 URI が現在の要素のものと一致することを確認し、現在の要素を読み込んで内容を 32 ビット符号付き整数として返します。Checks that the specified local name and namespace URI matches that of the current element, then reads the current element and returns the contents as a 32-bit signed integer.

(継承元 XmlReader)
ReadElementContentAsLong()

現在の要素を読み取り、その内容を 64 ビット符号付き整数として返します。Reads the current element and returns the contents as a 64-bit signed integer.

(継承元 XmlReader)
ReadElementContentAsLong(String, String)

指定されたローカル名と名前空間 URI が現在の要素のものと一致することを確認し、現在の要素を読み込んで内容を 64 ビット符号付き整数として返します。Checks that the specified local name and namespace URI matches that of the current element, then reads the current element and returns the contents as a 64-bit signed integer.

(継承元 XmlReader)
ReadElementContentAsObject()

現在の要素を読み取り、そのコンテンツを Object として返します。Reads the current element and returns the contents as an Object.

(継承元 XmlReader)
ReadElementContentAsObject(String, String)

指定されたローカル名と名前空間 URI が現在の要素のものと一致することを確認し、現在の要素を読み取って、コンテンツを Object として返します。Checks that the specified local name and namespace URI matches that of the current element, then reads the current element and returns the contents as an Object.

(継承元 XmlReader)
ReadElementContentAsObjectAsync()

現在の要素を非同期に読み取り、そのコンテンツを Object として返します。Asynchronously reads the current element and returns the contents as an Object.

(継承元 XmlReader)
ReadElementContentAsString()

現在の要素を読み取り、そのコンテンツを String オブジェクトとして返します。Reads the current element and returns the contents as a String object.

(継承元 XmlReader)
ReadElementContentAsString(String, String)

指定されたローカル名と名前空間 URI が現在の要素のものと一致することを確認し、現在の要素を読み取って、コンテンツを String オブジェクトとして返します。Checks that the specified local name and namespace URI matches that of the current element, then reads the current element and returns the contents as a String object.

(継承元 XmlReader)
ReadElementContentAsStringAsync()

現在の要素を非同期に読み取り、そのコンテンツを String オブジェクトとして返します。Asynchronously reads the current element and returns the contents as a String object.

(継承元 XmlReader)
ReadElementString()

テキストだけの要素を読み取ります。Reads a text-only element. ただし、ReadElementContentAsString() メソッドを代わりに使用するほうが、この操作を簡単に処理できるため、こちらの方法をお勧めします。However, we recommend that you use the ReadElementContentAsString() method instead, because it provides a more straightforward way to handle this operation.

(継承元 XmlReader)
ReadElementString(String)

テキストだけの要素を読み取る前に、見つかった要素の Name プロパティが、指定した文字列と一致することを確認します。Checks that the Name property of the element found matches the given string before reading a text-only element. ただし、ReadElementContentAsString() メソッドを代わりに使用するほうが、この操作を簡単に処理できるため、こちらの方法をお勧めします。However, we recommend that you use the ReadElementContentAsString() method instead, because it provides a more straightforward way to handle this operation.

(継承元 XmlReader)
ReadElementString(String, String)

テキストだけの要素を読み取る前に、見つかった要素の LocalName プロパティと NamespaceURI プロパティが、指定した文字列と一致することを確認します。Checks that the LocalName and NamespaceURI properties of the element found matches the given strings before reading a text-only element. ただし、ReadElementContentAsString(String, String) メソッドを代わりに使用するほうが、この操作を簡単に処理できるため、こちらの方法をお勧めします。However, we recommend that you use the ReadElementContentAsString(String, String) method instead, because it provides a more straightforward way to handle this operation.

(継承元 XmlReader)
ReadEndElement()

現在のコンテンツ ノードが終了タグで、リーダーを次のノードに進めることを確認します。Checks that the current content node is an end tag and advances the reader to the next node.

(継承元 XmlReader)
ReadInnerXml()

派生クラスでオーバーライドされると、マークアップを含むすべての内容を文字列として読み取ります。When overridden in a derived class, reads all the content, including markup, as a string.

(継承元 XmlReader)
ReadInnerXmlAsync()

マークアップを含むすべてのコンテンツを文字列として非同期に読み取ります。Asynchronously reads all the content, including markup, as a string.

(継承元 XmlReader)
ReadOuterXml()

派生クラスでオーバーライドされると、このノードとそのすべての子を表す内容 (マークアップを含む) を読み取ります。When overridden in a derived class, reads the content, including markup, representing this node and all its children.

(継承元 XmlReader)
ReadOuterXmlAsync()

このノードとその子を表すコンテンツをマークアップを含めて非同期に読み取ります。Asynchronously reads the content, including markup, representing this node and all its children.

(継承元 XmlReader)
ReadStartElement()

現在のノードが要素で、リーダーを次のノードに進めるかどうかを確認します。Checks that the current node is an element and advances the reader to the next node.

(継承元 XmlReader)
ReadStartElement(String)

現在のコンテンツ ノードが、指定した Name を持つ要素で、リーダーを次のノードに進めることを確認します。Checks that the current content node is an element with the given Name and advances the reader to the next node.

(継承元 XmlReader)
ReadStartElement(String, String)

現在のコンテンツ ノードが、指定した LocalNameNamespaceURI を持つ要素で、リーダーを次のノードに進めることを確認します。Checks that the current content node is an element with the given LocalName and NamespaceURI and advances the reader to the next node.

(継承元 XmlReader)
ReadString()

要素ノードまたはテキスト ノードの内容を文字列として読み取ります。Reads the contents of an element or a text node as a string.

ReadSubtree()

現在のノードおよびそのすべての子孫ノードを読み取るために使用できる、新しい XmlReader インスタンスを返します。Returns a new XmlReader instance that can be used to read the current node, and all its descendants.

(継承元 XmlReader)
ReadToDescendant(String)

指定された修飾名を使用して XmlReader を次の子孫要素に進めます。Advances the XmlReader to the next descendant element with the specified qualified name.

(継承元 XmlReader)
ReadToDescendant(String, String)

指定されたローカル名と名前空間 URI を使用して XmlReader を次の子孫要素に進めます。Advances the XmlReader to the next descendant element with the specified local name and namespace URI.

(継承元 XmlReader)
ReadToFollowing(String)

指定された修飾名の要素が見つかるまで読み込みます。Reads until an element with the specified qualified name is found.

(継承元 XmlReader)
ReadToFollowing(String, String)

指定されたローカル名と名前空間 URI が見つかるまで要素を読み込みます。Reads until an element with the specified local name and namespace URI is found.

(継承元 XmlReader)
ReadToNextSibling(String)

指定された修飾名を使用して XmlReader を次の兄弟要素に進めます。Advances the XmlReader to the next sibling element with the specified qualified name.

(継承元 XmlReader)
ReadToNextSibling(String, String)

指定されたローカル名と名前空間 URI を使用して、XmlReader を次の兄弟要素に進めます。Advances the XmlReader to the next sibling element with the specified local name and namespace URI.

(継承元 XmlReader)
ReadValueChunk(Char[], Int32, Int32)

XML ドキュメントに埋め込まれたテキストの大量のストリームを読み込みます。Reads large streams of text embedded in an XML document.

(継承元 XmlReader)
ReadValueChunkAsync(Char[], Int32, Int32)

XML ドキュメントに埋め込まれたテキストの大量のストリームを非同期に読み取ります。Asynchronously reads large streams of text embedded in an XML document.

(継承元 XmlReader)
ResetState()

リーダーの状態を ReadState.Initial にリセットします。Resets the state of the reader to ReadState.Initial.

ResolveEntity()

EntityReference ノードのエンティティ参照を解決します。Resolves the entity reference for EntityReference nodes.

Skip()

現在のノードの子をスキップします。Skips the children of the current node.

SkipAsync()

現在のノードの子を非同期にスキップします。Asynchronously skips the children of the current node.

(継承元 XmlReader)
ToString()

現在のオブジェクトを表す文字列を返します。Returns a string that represents the current object.

(継承元 Object)

明示的なインターフェイスの実装

IDisposable.Dispose()

このメンバーの詳細については、「Dispose()」をご覧ください。For a description of this member, see Dispose().

(継承元 XmlReader)
IXmlLineInfo.HasLineInfo()

このメンバーの説明については、HasLineInfo() のトピックを参照してください。For a description of this member, see HasLineInfo().

IXmlNamespaceResolver.GetNamespacesInScope(XmlNamespaceScope)

このメンバーの詳細については、「GetNamespacesInScope(XmlNamespaceScope)」をご覧ください。For a description of this member, see GetNamespacesInScope(XmlNamespaceScope).

IXmlNamespaceResolver.LookupNamespace(String)

このメンバーの説明については、LookupNamespace(String) のトピックを参照してください。For a description of this member, see LookupNamespace(String).

IXmlNamespaceResolver.LookupPrefix(String)

このメンバーの説明については、LookupPrefix(String) のトピックを参照してください。For a description of this member, see LookupPrefix(String).

適用対象

こちらもご覧ください