XmlWriter.WriteStartAttribute XmlWriter.WriteStartAttribute XmlWriter.WriteStartAttribute XmlWriter.WriteStartAttribute Method

定義

派生クラスでオーバーライドされると、属性の開始を書き込みます。When overridden in a derived class, writes the start of an attribute.

オーバーロード

WriteStartAttribute(String, String, String) WriteStartAttribute(String, String, String) WriteStartAttribute(String, String, String) WriteStartAttribute(String, String, String)

派生クラスでオーバーライドされると、指定されたプリフィックス、ローカル名、および名前空間 URI を使用して属性の開始を書き込みます。When overridden in a derived class, writes the start of an attribute with the specified prefix, local name, and namespace URI.

WriteStartAttribute(String) WriteStartAttribute(String) WriteStartAttribute(String) WriteStartAttribute(String)

指定されたローカル名を使用して属性の開始を書き込みます。Writes the start of an attribute with the specified local name.

WriteStartAttribute(String, String) WriteStartAttribute(String, String) WriteStartAttribute(String, String) WriteStartAttribute(String, String)

指定されたローカル名および名前空間 URI を使用して属性の開始を書き込みます。Writes the start of an attribute with the specified local name and namespace URI.

注釈

このメソッドの非同期バージョンについてはWriteStartAttributeAsync、「」を参照してください。For the asynchronous version of this method, see WriteStartAttributeAsync.

WriteStartAttribute(String, String, String) WriteStartAttribute(String, String, String) WriteStartAttribute(String, String, String) WriteStartAttribute(String, String, String)

派生クラスでオーバーライドされると、指定されたプリフィックス、ローカル名、および名前空間 URI を使用して属性の開始を書き込みます。When overridden in a derived class, writes the start of an attribute with the specified prefix, local name, and namespace URI.

public:
 abstract void WriteStartAttribute(System::String ^ prefix, System::String ^ localName, System::String ^ ns);
public abstract void WriteStartAttribute (string prefix, string localName, string ns);
abstract member WriteStartAttribute : string * string * string -> unit
Public MustOverride Sub WriteStartAttribute (prefix As String, localName As String, ns As String)

パラメーター

prefix
String String String String

属性の名前空間プレフィックス。The namespace prefix of the attribute.

localName
String String String String

属性のローカル名。The local name of the attribute.

ns
String String String String

属性の名前空間 URI。The namespace URI for the attribute.

例外

有効な XML 文字であるが出力エンコーディングには有効でない文字がバッファー内にあります。There is a character in the buffer that is a valid XML character but is not valid for the output encoding. たとえば、出力エンコーディングが ASCII の場合、要素名と属性名には 0 ~ 127 の範囲の文字だけを使用する必要があります。For example, if the output encoding is ASCII, you should only use characters from the range of 0 to 127 for element and attribute names. 無効な文字は、このメソッドの引数か、バッファーに書き込んでいた以前のメソッドの引数に含まれている可能性があります。The invalid character might be in the argument of this method or in an argument of previous methods that were writing to the buffer. このような文字は、可能であれば文字エンティティ参照によってエスケープされます (たとえば、テキスト ノード内や属性値内で)。Such characters are escaped by character entity references when possible (for example, in text nodes or attribute values). ただし、文字エンティティの参照は、要素名と属性名、コメント、処理命令、または CDATA セクションでは使用できません。However, the character entity reference is not allowed in element and attribute names, comments, processing instructions, or CDATA sections.

先行の非同期操作が完了する前に、XmlWriter メソッドが呼び出されました。An XmlWriter method was called before a previous asynchronous operation finished. この場合、「非同期操作が既に実行されています」というメッセージと共に InvalidOperationException がスローされます。In this case, InvalidOperationException is thrown with the message "An asynchronous operation is already in progress."

注釈

このメソッドを使用すると、複数の書き込みメソッドを使用して値を書き込むことができます。This method enables you to write a value using multiple Write methods.

このメソッドの非同期バージョンについてはWriteStartAttributeAsync、「」を参照してください。For the asynchronous version of this method, see WriteStartAttributeAsync.

WriteStartAttribute(String) WriteStartAttribute(String) WriteStartAttribute(String) WriteStartAttribute(String)

指定されたローカル名を使用して属性の開始を書き込みます。Writes the start of an attribute with the specified local name.

public:
 void WriteStartAttribute(System::String ^ localName);
public void WriteStartAttribute (string localName);
member this.WriteStartAttribute : string -> unit
Public Sub WriteStartAttribute (localName As String)

パラメーター

localName
String String String String

属性のローカル名。The local name of the attribute.

例外

ライターが閉じています。The writer is closed.

- または --or-

先行の非同期操作が完了する前に、XmlWriter メソッドが呼び出されました。An XmlWriter method was called before a previous asynchronous operation finished. この場合、「非同期操作が既に実行されています」というメッセージと共に InvalidOperationException がスローされます。In this case, InvalidOperationException is thrown with the message "An asynchronous operation is already in progress."

有効な XML 文字であるが出力エンコーディングには有効でない文字がバッファー内にあります。There is a character in the buffer that is a valid XML character but is not valid for the output encoding. たとえば、出力エンコーディングが ASCII の場合、要素名と属性名には 0 ~ 127 の範囲の文字だけを使用する必要があります。For example, if the output encoding is ASCII, you should only use characters from the range of 0 to 127 for element and attribute names. 無効な文字は、このメソッドの引数か、バッファーに書き込んでいた以前のメソッドの引数に含まれている可能性があります。The invalid character might be in the argument of this method or in an argument of previous methods that were writing to the buffer. このような文字は、可能であれば文字エンティティ参照によってエスケープされます (たとえば、テキスト ノード内や属性値内で)。Such characters are escaped by character entity references when possible (for example, in text nodes or attribute values). ただし、文字エンティティの参照は、要素名と属性名、コメント、処理命令、または CDATA セクションでは使用できません。However, the character entity reference is not allowed in element and attribute names, comments, processing instructions, or CDATA sections.

注釈

このメソッドを使用すると、複数の書き込みメソッドを使用して値を書き込むことができます。This method enables you to write a value using multiple Write methods.

このメソッドの非同期バージョンについてはWriteStartAttributeAsync、「」を参照してください。For the asynchronous version of this method, see WriteStartAttributeAsync.

WriteStartAttribute(String, String) WriteStartAttribute(String, String) WriteStartAttribute(String, String) WriteStartAttribute(String, String)

指定されたローカル名および名前空間 URI を使用して属性の開始を書き込みます。Writes the start of an attribute with the specified local name and namespace URI.

public:
 void WriteStartAttribute(System::String ^ localName, System::String ^ ns);
public void WriteStartAttribute (string localName, string ns);
member this.WriteStartAttribute : string * string -> unit
Public Sub WriteStartAttribute (localName As String, ns As String)

パラメーター

localName
String String String String

属性のローカル名。The local name of the attribute.

ns
String String String String

属性の名前空間 URI。The namespace URI of the attribute.

例外

有効な XML 文字であるが出力エンコーディングには有効でない文字がバッファー内にあります。There is a character in the buffer that is a valid XML character but is not valid for the output encoding. たとえば、出力エンコーディングが ASCII の場合、要素名と属性名には 0 ~ 127 の範囲の文字だけを使用する必要があります。For example, if the output encoding is ASCII, you should only use characters from the range of 0 to 127 for element and attribute names. 無効な文字は、このメソッドの引数か、バッファーに書き込んでいた以前のメソッドの引数に含まれている可能性があります。The invalid character might be in the argument of this method or in an argument of previous methods that were writing to the buffer. このような文字は、可能であれば文字エンティティ参照によってエスケープされます (たとえば、テキスト ノード内や属性値内で)。Such characters are escaped by character entity references when possible (for example, in text nodes or attribute values). ただし、文字エンティティの参照は、要素名と属性名、コメント、処理命令、または CDATA セクションでは使用できません。However, the character entity reference is not allowed in element and attribute names, comments, processing instructions, or CDATA sections.

先行の非同期操作が完了する前に、XmlWriter メソッドが呼び出されました。An XmlWriter method was called before a previous asynchronous operation finished. この場合、「非同期操作が既に実行されています」というメッセージと共に InvalidOperationException がスローされます。In this case, InvalidOperationException is thrown with the message "An asynchronous operation is already in progress."

このXmlTextWriter.WriteStartAttributeメソッドの使用例については、「」を参照してください。See XmlTextWriter.WriteStartAttribute for an example using this method.

注釈

これはWriteAttributeString WriteString、、 WriteQualifiedNameなどの複数の書き込みメソッドを使用して属性値を書き込むことができる、より高度なバージョンのです。This is a more advanced version of WriteAttributeString that allows you to write an attribute value using multiple write methods, such as WriteString, WriteQualifiedName, and so on.

このメソッドの非同期バージョンについてはWriteStartAttributeAsync、「」を参照してください。For the asynchronous version of this method, see WriteStartAttributeAsync.

こちらもご覧ください

適用対象