XmlWriter.WriteStartDocument メソッド

定義

派生クラスでオーバーライドされると、XML 宣言を書き込みます。When overridden in a derived class, writes the XML declaration.

オーバーロード

WriteStartDocument()

派生クラスでオーバーライドされると、バージョン "1.0" の XML 宣言を書き込みます。When overridden in a derived class, writes the XML declaration with the version "1.0".

WriteStartDocument(Boolean)

派生クラスでオーバーライドされると、バージョン "1.0" の XML 宣言とスタンドアロン属性を書き込みます。When overridden in a derived class, writes the XML declaration with the version "1.0" and the standalone attribute.

注釈

このメソッドの非同期バージョンについては、「WriteStartDocumentAsync」を参照してください。For the asynchronous version of this method, see WriteStartDocumentAsync.

WriteStartDocument()

派生クラスでオーバーライドされると、バージョン "1.0" の XML 宣言を書き込みます。When overridden in a derived class, writes the XML declaration with the version "1.0".

public:
 abstract void WriteStartDocument();
public abstract void WriteStartDocument ();
abstract member WriteStartDocument : unit -> unit
Public MustOverride Sub WriteStartDocument ()

例外

これは、コンストラクターの後に呼び出された最初の書き込みメソッドではありません。This is not the first write method called after the constructor.

- または --or-

先行の非同期操作が完了する前に、XmlWriter メソッドが呼び出されました。An XmlWriter method was called before a previous asynchronous operation finished. この場合、「非同期操作が既に実行されています」というメッセージと共に InvalidOperationException がスローされます。In this case, InvalidOperationException is thrown with the message "An asynchronous operation is already in progress."

注釈

ドキュメントのエンコーディングレベルは、ライターの実装方法によって決まります。The encoding level of the document is determined by how the writer is implemented. たとえば、XmlTextWriter コンストラクターに Encoding オブジェクトが指定されている場合、encoding 属性の値が決定されます。For example, if an Encoding object is specified in the XmlTextWriter constructor, this determines the value of the encoding attribute. このメソッドでは、スタンドアロン属性は作成されません。This method does not create a standalone attribute.

WriteStartDocument が呼び出されると、ライターは、記述しているものが整形式の XML ドキュメントであることを検証します。When WriteStartDocument is called the writer validates that what you are writing is a well-formed XML document. たとえば、XML 宣言が最初のノードであること、ルートレベルの要素が1つだけ存在することなどが確認されます。For example, it checks that the XML declaration is the first node, that one and only one root-level element exists, and so on. このメソッドが呼び出されない場合、ライターは XML フラグメントが記述されていると想定し、ルートレベルの規則は適用しません。If this method is not called, the writer assumes an XML fragment is being written and applies no root level rules.

WriteStartDocument が呼び出され、WriteProcessingInstruction メソッドを使用して別の XML 宣言を作成した場合、例外がスローされます。If WriteStartDocument has been called and then the WriteProcessingInstruction method is used to create another XML declaration, an exception will be thrown.

このメソッドの非同期バージョンについては、「WriteStartDocumentAsync」を参照してください。For the asynchronous version of this method, see WriteStartDocumentAsync.

WriteStartDocument(Boolean)

派生クラスでオーバーライドされると、バージョン "1.0" の XML 宣言とスタンドアロン属性を書き込みます。When overridden in a derived class, writes the XML declaration with the version "1.0" and the standalone attribute.

public:
 abstract void WriteStartDocument(bool standalone);
public abstract void WriteStartDocument (bool standalone);
abstract member WriteStartDocument : bool -> unit
Public MustOverride Sub WriteStartDocument (standalone As Boolean)

パラメーター

standalone
Boolean

true の場合は "standalone=yes"、false の場合は "standalone=no" を書き込みます。If true, it writes "standalone=yes"; if false, it writes "standalone=no".

例外

これは、コンストラクターの後に呼び出された最初の書き込みメソッドではありません。This is not the first write method called after the constructor.

- または --or-

先行の非同期操作が完了する前に、XmlWriter メソッドが呼び出されました。An XmlWriter method was called before a previous asynchronous operation finished. この場合、「非同期操作が既に実行されています」というメッセージと共に InvalidOperationException がスローされます。In this case, InvalidOperationException is thrown with the message "An asynchronous operation is already in progress."

注釈

ドキュメントのエンコーディングレベルは、ライターの実装方法によって決まります。The encoding level of the document is determined by how the writer is implemented. たとえば、XmlTextWriter コンストラクターに Encoding オブジェクトが指定されている場合、encoding 属性の値が決定されます。For example, if an Encoding object is specified in the XmlTextWriter constructor, this determines the value of the encoding attribute.

WriteStartDocument が呼び出されると、ライターは、記述しているものが整形式の XML ドキュメントであることを検証します。When WriteStartDocument is called, the writer validates that what you are writing is a well-formed XML document. たとえば、XML 宣言が最初のノードであること、ルートレベルの要素が1つだけ存在することなどが確認されます。For example, it checks that the XML declaration is the first node, that one and only one root-level element exists, and so on. このメソッドが呼び出されない場合、ライターは XML フラグメントが記述されていると想定し、ルートレベルの規則は適用しません。If this method is not called, the writer assumes an XML fragment is being written and applies no root level rules.

WriteStartDocument が呼び出され、WriteProcessingInstruction メソッドを使用して別の XML 宣言を作成した場合、例外がスローされます。If WriteStartDocument has been called and then the WriteProcessingInstruction method is used to create another XML declaration, an exception will be thrown.

このメソッドの非同期バージョンについては、「WriteStartDocumentAsync」を参照してください。For the asynchronous version of this method, see WriteStartDocumentAsync.

適用対象