XmlQueryContext クラス

定義

クエリのコンテキストは、クエリの操作に作用する、ユーザー指定のすべての情報で構成されます。

この API は製品インフラストラクチャをサポートします。コードから直接使用するものではありません。

public ref class XmlQueryContext sealed
public sealed class XmlQueryContext
type XmlQueryContext = class
Public NotInheritable Class XmlQueryContext
継承
XmlQueryContext

注釈

コンテキストは、次の情報を管理します。

  1. 入力データソース (存在する場合は、既定のデータソースを含む)。

  2. 拡張オブジェクト。 詳細については、「 ユーザー定義関数と変数」を参照してください。

  3. 外部パラメーター。

プロパティ

DefaultDataSource

この API は製品インフラストラクチャをサポートします。コードから直接使用するものではありません。

データ ソースがクエリで明示的に選択されなかった場合に既定で照会されるドキュメントを返します。

DefaultNameTable

この API は製品インフラストラクチャをサポートします。コードから直接使用するものではありません。

既定のデータ ソースによって使用される名前テーブルを返します。既定のデータ ソースが存在しない場合は null が返されます。

QueryNameTable

この API は製品インフラストラクチャをサポートします。コードから直接使用するものではありません。

XmlNameTable のインスタンスを取得します。

メソッド

Equals(Object)

指定されたオブジェクトが現在のオブジェクトと等しいかどうかを判断します。

(継承元 Object)
GetDataSource(String, String)

この API は製品インフラストラクチャをサポートします。コードから直接使用するものではありません。

uriRelative および uriBase で指定されたデータ ソースをユーザー指定の T:System.Xml.XmlResolver から取得します。

GetHashCode()

既定のハッシュ関数として機能します。

(継承元 Object)
GetLateBoundObject(String)

この API は製品インフラストラクチャをサポートします。コードから直接使用するものではありません。

指定された名前空間にマップされた拡張オブジェクトを返します。マップされたオブジェクトが存在しない場合は null が返されます。

GetParameter(String, String)

この API は製品インフラストラクチャをサポートします。コードから直接使用するものではありません。

外部の引数リストから名前付きパラメーターを取得します。

GetType()

現在のインスタンスの Type を取得します。

(継承元 Object)
InvokeXsltLateBoundFunction(String, String, IList<XPathItem>[])

この API は製品インフラストラクチャをサポートします。コードから直接使用するものではありません。

遅延バインディングされた拡張オブジェクトを外部の引数リストから取得します。

LateBoundFunctionExists(String, String)

この API は製品インフラストラクチャをサポートします。コードから直接使用するものではありません。

namespaceUri で識別される遅延バインディング オブジェクトに、name と一致するメソッドが存在する場合は true を返します。

MemberwiseClone()

現在の Object の簡易コピーを作成します。

(継承元 Object)
OnXsltMessageEncountered(String)

この API は製品インフラストラクチャをサポートします。コードから直接使用するものではありません。

XsltMessageEncountered イベントを発生させます。

ToString()

現在のオブジェクトを表す文字列を返します。

(継承元 Object)

適用対象