async (C# リファレンス)

async 修飾子を使用して、メソッド、ラムダ式、または匿名メソッドが非同期であることを指定します。 この修飾子が使用されているメソッドまたは式を、"非同期メソッド" と呼びます。 次の例では、ExampleMethodAsync という名前の非同期メソッドを定義します。

public async Task<int> ExampleMethodAsync()
{
    //...
}

非同期プログラミングに慣れていない場合、または、非同期メソッドで await 演算子を使って、実行時間が長くなる可能性のある処理を、呼び出し元のスレッドをブロックすることなく実行する方法を理解していない場合は、「async および await を使用した非同期プログラミング」の概要を参照してください。 次のコードは、非同期メソッド内のコードで、HttpClient.GetStringAsync メソッドを呼び出します。

string contents = await httpClient.GetStringAsync(requestUrl);

非同期メソッドは、最初の await 式に到達するまで同期的に実行されますが、この時点で、待機していたタスクが完了するまで中断されます。 次のセクションの例で示すように、その間はメソッドの呼び出し元に制御が戻ります。

async キーワードで修飾されているメソッドに await 式またはステートメントが含まれていない場合、メソッドは同期的に実行されます。 await ステートメントが含まれていない非同期メソッドが存在する場合は、その状態がエラーを示す可能性があるため、コンパイラによって警告が通知されます。 「コンパイラの警告 (レベル 1) CS4014」をご覧ください。

async は、メソッド、ラムダ式、または匿名メソッドを修飾する場合にのみキーワードとなるため、コンテキスト キーワードです。 それ以外の場合は、識別子として解釈されます。

次の例は、非同期のイベント ハンドラー StartButton_Click と非同期メソッド ExampleMethodAsync との間の制御構造および制御フローを示しています。 非同期メソッドの結果は、Web ページの文字数です。 このコードは、Visual Studio で Windows Presentation Foundation (WPF) アプリまたは Windows ストア アプリを作成する場合に適しています。アプリの設定に関するコード内のコメントを参照してください。

このコードは、Visual Studio で、Windows Presentation Foundation (WPF) アプリまたは Windows ストア アプリとして実行できます。 StartButton という名前のボタン コントロールと、ResultsTextBox という名前のテキストボックス コントロールが必要です。 次のように、名前とハンドラーを必ず設定してください。

<Button Content="Button" HorizontalAlignment="Left" Margin="88,77,0,0" VerticalAlignment="Top" Width="75"
        Click="StartButton_Click" Name="StartButton"/>
<TextBox HorizontalAlignment="Left" Height="137" Margin="88,140,0,0" TextWrapping="Wrap"
         Text="&lt;Enter a URL&gt;" VerticalAlignment="Top" Width="310" Name="ResultsTextBox"/>

WPF アプリとしてコードを実行するには:

  • 次のコードを、MainWindow.xaml.cs の MainWindow クラスに貼り付けます。
  • System.Net.Http に対する参照を追加します。
  • System.Net.Http に対する using ディレクティブを追加します。

Windows ストア アプリとしてコードを実行するには:

  • 次のコードを、MainPage.xaml.cs の MainPage クラスに貼り付けます。
  • System.Net.Http と System.Threading.Tasks に対する using ディレクティブを追加します。
private async void StartButton_Click(object sender, RoutedEventArgs e)
{
    // ExampleMethodAsync returns a Task<int>, which means that the method
    // eventually produces an int result. However, ExampleMethodAsync returns
    // the Task<int> value as soon as it reaches an await.
    ResultsTextBox.Text += "\n";

    try
    {
        int length = await ExampleMethodAsync();
        // Note that you could put "await ExampleMethodAsync()" in the next line where
        // "length" is, but due to when '+=' fetches the value of ResultsTextBox, you
        // would not see the global side effect of ExampleMethodAsync setting the text.
        ResultsTextBox.Text += String.Format("Length: {0:N0}\n", length);
    }
    catch (Exception)
    {
        // Process the exception if one occurs.
    }
}

public async Task<int> ExampleMethodAsync()
{
    var httpClient = new HttpClient();
    int exampleInt = (await httpClient.GetStringAsync("http://msdn.microsoft.com")).Length;
    ResultsTextBox.Text += "Preparing to finish ExampleMethodAsync.\n";
    // After the following return statement, any method that's awaiting
    // ExampleMethodAsync (in this case, StartButton_Click) can get the
    // integer result.
    return exampleInt;
}
// The example displays the following output:
// Preparing to finish ExampleMethodAsync.
// Length: 53292

重要

タスクの詳細およびタスクを待機している間に実行されるコードの詳細については、「async および await を使用した非同期プログラミング」を参照してください。 類似した要素を使用するフル コンソールの例については、「完了時での複数の非同期タスクとプロセスの実行 (C#)」を参照してください。

戻り値の型

非同期メソッドの戻り値の型を次に示します。

  • Task
  • Task<TResult>
  • voidasync void メソッドは、呼び出し元でそれらのメソッドを await できず、正常終了またはエラー状態を報告するために別のメカニズムを実装する必要があるため、一般に、イベント ハンドラー以外のコードには推奨されません。
  • C# 7.0 以降、アクセス可能な GetAwaiter を持つ任意の型です。 System.Threading.Tasks.ValueTask<TResult> 型はこの実装例で、 NuGet パッケージ System.Threading.Tasks.Extensions を追加することで使用できます。

非同期メソッドでは inrefout パラメーターを宣言できません。また、参照戻り値を指定することもできません。ただし、これらのパラメーターを持つメソッドを呼び出すことはできます。

メソッドの return ステートメントで TResult 型のオペランドを指定している場合、非同期メソッドの戻り値の型として Task<TResult> を指定します。 メソッドの完了時に意味のある値を返さない場合は、Task を使用します。 これにより、メソッドの呼び出しでは Task が返されますが、Task の完了時に、await を待機している Task 式はすべて、void に評価されます。

戻り値の型 void は主として、その戻り値の型が要求されるイベント ハンドラーの定義に使用されます。 void を返す非同期メソッドの呼び出し元は、このメソッドを待機できず、このメソッドがスローする例外をキャッチできません。

C# 7.0 以降、GetAwaiter メソッドを持つ別の型 (通常は値の型) を返して、コードのパフォーマンスが重要なセクションでメモリ割り当てを最小限に抑えます。

使用例を含む詳細については、「非同期の戻り値の型」をご覧ください。

関連項目