ステートメントStatements

C#には、さまざまなステートメントが用意されています。C# provides a variety of statements. これらのステートメントのほとんどは、C およびC++でプログラミングされている開発者にとってはよく知られています。Most of these statements will be familiar to developers who have programmed in C and C++.

statement
    : labeled_statement
    | declaration_statement
    | embedded_statement
    ;

embedded_statement
    : block
    | empty_statement
    | expression_statement
    | selection_statement
    | iteration_statement
    | jump_statement
    | try_statement
    | checked_statement
    | unchecked_statement
    | lock_statement
    | using_statement
    | yield_statement
    | embedded_statement_unsafe
    ;

Embedded_statement非終端要素は、他のステートメント内に出現するステートメントに使用されます。The embedded_statement nonterminal is used for statements that appear within other statements. ステートメントではなくembedded_statementを使用すると、これらのコンテキストで宣言ステートメントとラベル付きステートメントの使用が除外されます。The use of embedded_statement rather than statement excludes the use of declaration statements and labeled statements in these contexts. The example

void F(bool b) {
    if (b)
        int i = 44;
}

if ステートメントでは、if 分岐のステートメントではなくembedded_statementが必要になるため、コンパイル時エラーが発生します。results in a compile-time error because an if statement requires an embedded_statement rather than a statement for its if branch. このコードが許可された場合、 i変数は宣言されますが、使用することはできません。If this code were permitted, then the variable i would be declared, but it could never be used. ただし、の宣言をブロックにi配置すると、この例は有効です。Note, however, that by placing i's declaration in a block, the example is valid.

エンドポイントと到達可能性End points and reachability

すべてのステートメントにエンドポイントがあります。Every statement has an end point. 直感的に言うと、ステートメントの終了点は、ステートメントの直後にある場所です。In intuitive terms, the end point of a statement is the location that immediately follows the statement. 複合ステートメント (埋め込みステートメントを含むステートメント) の実行ルールでは、コントロールが埋め込みステートメントのエンドポイントに到達したときに実行されるアクションを指定します。The execution rules for composite statements (statements that contain embedded statements) specify the action that is taken when control reaches the end point of an embedded statement. たとえば、コントロールがブロック内のステートメントの終了位置に到達すると、コントロールはブロック内の次のステートメントに転送されます。For example, when control reaches the end point of a statement in a block, control is transferred to the next statement in the block.

実行によってステートメントに到達できる場合は、ステートメントが到達可能であると言います。If a statement can possibly be reached by execution, the statement is said to be reachable. 逆に、ステートメントが実行される可能性がない場合、ステートメントは "到達不能" と呼ばれます。Conversely, if there is no possibility that a statement will be executed, the statement is said to be unreachable.

この例では、In the example

void F() {
    Console.WriteLine("reachable");
    goto Label;
    Console.WriteLine("unreachable");
    Label:
    Console.WriteLine("reachable");
}

の2番目Console.WriteLineの呼び出しは、ステートメントが実行される可能性がないため、到達できません。the second invocation of Console.WriteLine is unreachable because there is no possibility that the statement will be executed.

ステートメントに到達できないとコンパイラが判断した場合、警告が報告されます。A warning is reported if the compiler determines that a statement is unreachable. 具体的には、ステートメントに到達できない場合のエラーではありません。It is specifically not an error for a statement to be unreachable.

特定のステートメントまたはエンドポイントに到達できるかどうかを判断するために、コンパイラは、ステートメントごとに定義された到達可能性規則に従ってフロー分析を実行します。To determine whether a particular statement or end point is reachable, the compiler performs flow analysis according to the reachability rules defined for each statement. フロー分析では、ステートメントの動作を制御する定数式 (定数式) の値が考慮されますが、非定数式で使用できる値は考慮されません。The flow analysis takes into account the values of constant expressions (Constant expressions) that control the behavior of statements, but the possible values of non-constant expressions are not considered. つまり、制御フロー分析の目的で、指定された型の非定数式は、その型の可能な値を持つと見なされます。In other words, for purposes of control flow analysis, a non-constant expression of a given type is considered to have any possible value of that type.

この例では、In the example

void F() {
    const int i = 1;
    if (i == 2) Console.WriteLine("unreachable");
}

ifステートメントのブール式は、 ==演算子の両方のオペランドが定数であるため、定数式です。the boolean expression of the if statement is a constant expression because both operands of the == operator are constants. 定数式がコンパイル時に評価され、値false Console.WriteLineが生成されると、呼び出しは到達不能と見なされます。As the constant expression is evaluated at compile-time, producing the value false, the Console.WriteLine invocation is considered unreachable. ただし、がiローカル変数に変更された場合は、However, if i is changed to be a local variable

void F() {
    int i = 1;
    if (i == 2) Console.WriteLine("reachable");
}

Console.WriteLine呼び出しは到達可能と見なされますが、実際には実行されません。the Console.WriteLine invocation is considered reachable, even though, in reality, it will never be executed.

関数メンバーのブロックは常に到達可能と見なされます。The block of a function member is always considered reachable. ブロック内の各ステートメントの到達可能性規則を連続して評価することにより、特定のステートメントの到達可能性を特定できます。By successively evaluating the reachability rules of each statement in a block, the reachability of any given statement can be determined.

この例では、In the example

void F(int x) {
    Console.WriteLine("start");
    if (x < 0) Console.WriteLine("negative");
}

2番目Console.WriteLineの到達可能性は、次のように決定されます。the reachability of the second Console.WriteLine is determined as follows:

  • 最初Console.WriteLineの式ステートメントに到達できるのは、 Fメソッドのブロックに到達可能であるためです。The first Console.WriteLine expression statement is reachable because the block of the F method is reachable.
  • 最初Console.WriteLineの式ステートメントの終点に到達できるのは、そのステートメントに到達可能であるためです。The end point of the first Console.WriteLine expression statement is reachable because that statement is reachable.
  • if 最初Console.WriteLineの式ステートメントの終点に到達可能であるため、ステートメントに到達できます。The if statement is reachable because the end point of the first Console.WriteLine expression statement is reachable.
  • ステートメントのブール式に定数値が指定Console.WriteLine falseされていないため、2番目の式ステートメントに到達できます。 ifThe second Console.WriteLine expression statement is reachable because the boolean expression of the if statement does not have the constant value false.

ステートメントのエンドポイントが到達可能になるには、コンパイル時にエラーが発生するという2つの状況があります。There are two situations in which it is a compile-time error for the end point of a statement to be reachable:

  • switchステートメントでは、switch セクションが次の switch セクションに "フォールスルー" されることは許可されていないため、switch セクションのステートメントリストのエンドポイントが到達可能であると、コンパイル時にエラーが発生します。Because the switch statement does not permit a switch section to "fall through" to the next switch section, it is a compile-time error for the end point of the statement list of a switch section to be reachable. このエラーが発生した場合は、通常、 breakステートメントが存在しないことを示しています。If this error occurs, it is typically an indication that a break statement is missing.
  • これは、到達可能な値を計算する関数メンバーのブロックのエンドポイントに対するコンパイル時のエラーです。It is a compile-time error for the end point of the block of a function member that computes a value to be reachable. このエラーが発生した場合は、通常、 returnステートメントが存在しないことを示しています。If this error occurs, it typically is an indication that a return statement is missing.

ブロックBlocks

"ブロック" を使用すると、1 つのステートメントしか使用できないコンテキストで複数のステートメントを記述できます。A block permits multiple statements to be written in contexts where a single statement is allowed.

block
    : '{' statement_list? '}'
    ;

ブロックは、省略可能なstatement_list (ステートメントリスト) で構成され、中かっこで囲まれています。A block consists of an optional statement_list (Statement lists), enclosed in braces. ステートメントリストが省略されている場合、ブロックは空であると言われます。If the statement list is omitted, the block is said to be empty.

ブロックには、宣言ステートメント (宣言ステートメント) を含めることができます。A block may contain declaration statements (Declaration statements). ブロックで宣言されているローカル変数または定数のスコープは、ブロックです。The scope of a local variable or constant declared in a block is the block.

ブロックは次のように実行されます。A block is executed as follows:

  • ブロックが空の場合、制御はブロックの終点に転送されます。If the block is empty, control is transferred to the end point of the block.
  • ブロックが空でない場合、制御はステートメントリストに転送されます。If the block is not empty, control is transferred to the statement list. コントロールがステートメントリストの終点に到達した場合、制御はブロックの終点に移ります。When and if control reaches the end point of the statement list, control is transferred to the end point of the block.

ブロック自体に到達可能な場合、ブロックのステートメントリストに到達できます。The statement list of a block is reachable if the block itself is reachable.

ブロックが空の場合、またはステートメントリストの終点に到達できる場合は、ブロックの終点に到達できます。The end point of a block is reachable if the block is empty or if the end point of the statement list is reachable.

1つyield以上のステートメントを含むブロック (yield ステートメント) は、反復子ブロックと呼ばれます。A block that contains one or more yield statements (The yield statement) is called an iterator block. 反復子ブロックは、関数メンバーを反復子 (反復子) として実装するために使用されます。Iterator blocks are used to implement function members as iterators (Iterators). 反復子ブロックには、いくつかの追加の制限が適用されます。Some additional restrictions apply to iterator blocks:

  • returnステートメントが反復子ブロックに出現する場合、コンパイル時エラーになります (ただしyield return 、ステートメントは許可されます)。It is a compile-time error for a return statement to appear in an iterator block (but yield return statements are permitted).
  • 反復子ブロックに unsafe コンテキスト (unsafeコンテキスト) が含まれていると、コンパイル時にエラーになります。It is a compile-time error for an iterator block to contain an unsafe context (Unsafe contexts). 反復子ブロックは、その宣言が unsafe コンテキストで入れ子になっている場合でも、常に安全なコンテキストを定義します。An iterator block always defines a safe context, even when its declaration is nested in an unsafe context.

ステートメントの一覧Statement lists

ステートメントリストは、順番に記述された1つ以上のステートメントで構成されます。A statement list consists of one or more statements written in sequence. ステートメントリストは、ブロックs (ブロック) とswitch_blocks (switch ステートメント) で発生します。Statement lists occur in blocks (Blocks) and in switch_blocks (The switch statement).

statement_list
    : statement+
    ;

ステートメントリストを実行するには、最初のステートメントに制御を移します。A statement list is executed by transferring control to the first statement. コントロールがステートメントの終点に到達した場合、制御は次のステートメントに移ります。When and if control reaches the end point of a statement, control is transferred to the next statement. コントロールが最後のステートメントの終点に達した場合、制御はステートメントリストのエンドポイントに移ります。When and if control reaches the end point of the last statement, control is transferred to the end point of the statement list.

次のいずれかの条件に該当する場合は、ステートメントリスト内のステートメントに到達できます。A statement in a statement list is reachable if at least one of the following is true:

  • ステートメントが最初のステートメントであり、ステートメントリスト自体に到達可能である。The statement is the first statement and the statement list itself is reachable.
  • 先行するステートメントの終点に到達できる。The end point of the preceding statement is reachable.
  • ステートメントがラベル付きステートメントであり、到達可能gotoなステートメントによってラベルが参照されています。The statement is a labeled statement and the label is referenced by a reachable goto statement.

リスト内の最後のステートメントの終点に到達できる場合は、ステートメントリストの終点に到達できます。The end point of a statement list is reachable if the end point of the last statement in the list is reachable.

空のステートメントThe empty statement

Empty_statementは何も行いません。An empty_statement does nothing.

empty_statement
    : ';'
    ;

ステートメントが必要なコンテキストで実行する操作がない場合は、空のステートメントが使用されます。An empty statement is used when there are no operations to perform in a context where a statement is required.

空のステートメントを実行すると、単に制御がステートメントのエンドポイントに転送されます。Execution of an empty statement simply transfers control to the end point of the statement. 空のステートメントに到達できる場合、空のステートメントのエンドポイントに到達できるようになります。Thus, the end point of an empty statement is reachable if the empty statement is reachable.

空のステートメントは、本文が null のwhileステートメントを記述するときに使用できます。An empty statement can be used when writing a while statement with a null body:

bool ProcessMessage() {...}

void ProcessMessages() {
    while (ProcessMessage())
        ;
}

また、空のステートメントを使用して、ブロックの終わりの "}" の直前にラベルを宣言することもできます。Also, an empty statement can be used to declare a label just before the closing "}" of a block:

void F() {
    ...
    if (done) goto exit;
    ...
    exit: ;
}

ラベル付きステートメントLabeled statements

Labeled_statementを使用すると、ステートメントの先頭にラベルを付けることができます。A labeled_statement permits a statement to be prefixed by a label. ラベル付きステートメントはブロックで許可されますが、埋め込みステートメントとして使用することはできません。Labeled statements are permitted in blocks, but are not permitted as embedded statements.

labeled_statement
    : identifier ':' statement
    ;

ラベル付きステートメントは、識別子によって指定された名前を持つラベルを宣言します。A labeled statement declares a label with the name given by the identifier. ラベルのスコープは、入れ子になったブロックを含め、ラベルが宣言されているすべてのブロックです。The scope of a label is the whole block in which the label is declared, including any nested blocks. 同じ名前の2つのラベルが重複するスコープを持つ場合、コンパイル時エラーになります。It is a compile-time error for two labels with the same name to have overlapping scopes.

ラベルは、ラベルのスコープgoto内のステートメント (goto ステートメント) から参照できます。A label can be referenced from goto statements (The goto statement) within the scope of the label. つまりgoto 、ステートメントは、ブロック内およびブロック内で制御を転送できますが、ブロックには移動できません。This means that goto statements can transfer control within blocks and out of blocks, but never into blocks.

ラベルには独自の宣言領域があり、他の識別子に干渉することはありません。Labels have their own declaration space and do not interfere with other identifiers. The example

int F(int x) {
    if (x >= 0) goto x;
    x = -x;
    x: return x;
}

は有効で、パラメーターとxラベルの両方として名前を使用します。is valid and uses the name x as both a parameter and a label.

ラベル付きステートメントの実行は、ラベルに続くステートメントの実行に正確に対応します。Execution of a labeled statement corresponds exactly to execution of the statement following the label.

ラベルが到達可能gotoなステートメントによって参照されている場合、通常の制御フローによって提供される到達可能性に加えて、ラベル付きステートメントに到達できるようになります。In addition to the reachability provided by normal flow of control, a labeled statement is reachable if the label is referenced by a reachable goto statement. 例外的try try finallyステートメントがブロックをfinally含む内にあり、ラベルが付けられたステートメントがの外側にあり、ブロックの終点に到達できない場合、ラベルが付けられたステートメントはから到達できません。 gotoこのgotoステートメントです。)(Exception: If a goto statement is inside a try that includes a finally block, and the labeled statement is outside the try, and the end point of the finally block is unreachable, then the labeled statement is not reachable from that goto statement.)

宣言ステートメントDeclaration statements

Declaration_statementは、ローカル変数または定数を宣言します。A declaration_statement declares a local variable or constant. 宣言ステートメントはブロックで許可されていますが、埋め込みステートメントとして使用することはできません。Declaration statements are permitted in blocks, but are not permitted as embedded statements.

declaration_statement
    : local_variable_declaration ';'
    | local_constant_declaration ';'
    ;

ローカル変数の宣言Local variable declarations

Local_variable_declarationは、1つ以上のローカル変数を宣言します。A local_variable_declaration declares one or more local variables.

local_variable_declaration
    : local_variable_type local_variable_declarators
    ;

local_variable_type
    : type
    | 'var'
    ;

local_variable_declarators
    : local_variable_declarator
    | local_variable_declarators ',' local_variable_declarator
    ;

local_variable_declarator
    : identifier
    | identifier '=' local_variable_initializer
    ;

local_variable_initializer
    : expression
    | array_initializer
    | local_variable_initializer_unsafe
    ;

Local_variable_declarationlocal_variable_typeは、宣言によって導入された変数の型を直接指定します。または、初期化子に基づいて型を推論する必要があることを var の識別子と共に示します。The local_variable_type of a local_variable_declaration either directly specifies the type of the variables introduced by the declaration, or indicates with the identifier var that the type should be inferred based on an initializer. 型の後にlocal_variable_declaratorのリストが続き、それぞれに新しい変数が導入されています。The type is followed by a list of local_variable_declarators, each of which introduces a new variable. Local_variable_declaratorは、変数に名前を付けた識別子と、必要に応じて "=" トークン、および変数の初期値を指定するlocal_variable_initializerで構成されます。A local_variable_declarator consists of an identifier that names the variable, optionally followed by an "=" token and a local_variable_initializer that gives the initial value of the variable.

ローカル変数宣言のコンテキストでは、識別子 var はコンテキストキーワード (キーワード) として機能します。Local_variable_typevar として指定され、var という名前の型がスコープ内にない場合、宣言は暗黙的に型指定されたローカル変数宣言であり、その型は、関連付けられた初期化子式の型から推論されます。In the context of a local variable declaration, the identifier var acts as a contextual keyword (Keywords).When the local_variable_type is specified as var and no type named var is in scope, the declaration is an implicitly typed local variable declaration, whose type is inferred from the type of the associated initializer expression. 暗黙的に型指定されるローカル変数宣言には、次の制限があります。Implicitly typed local variable declarations are subject to the following restrictions:

  • Local_variable_declarationに複数のlocal_variable_declaratorを含めることはできません。The local_variable_declaration cannot include multiple local_variable_declarators.
  • Local_variable_declaratorには、 local_variable_initializerを含める必要があります。The local_variable_declarator must include a local_variable_initializer.
  • Local_variable_initializerである必要があります。The local_variable_initializer must be an expression.
  • 初期化子は、コンパイル時の型である必要があります。The initializer expression must have a compile-time type.
  • 初期化子は、宣言された変数自体を参照できませんThe initializer expression cannot refer to the declared variable itself

暗黙的に型指定された不適切なローカル変数宣言の例を次に示します。The following are examples of incorrect implicitly typed local variable declarations:

var x;               // Error, no initializer to infer type from
var y = {1, 2, 3};   // Error, array initializer not permitted
var z = null;        // Error, null does not have a type
var u = x => x + 1;  // Error, anonymous functions do not have a type
var v = v++;         // Error, initializer cannot refer to variable itself

ローカル変数の値は、 simple_name (簡易名) を使用して式で取得され、ローカル変数の値は代入演算子 (代入演算子) を使用して変更されます。The value of a local variable is obtained in an expression using a simple_name (Simple names), and the value of a local variable is modified using an assignment (Assignment operators). ローカル変数は、値が取得される場所ごとに、確実に割り当てられる必要があります (明確な代入)。A local variable must be definitely assigned (Definite assignment) at each location where its value is obtained.

Local_variable_declarationで宣言されたローカル変数のスコープは、宣言が発生するブロックです。The scope of a local variable declared in a local_variable_declaration is the block in which the declaration occurs. ローカル変数のlocal_variable_declaratorの前にあるテキスト位置でローカル変数を参照すると、エラーになります。It is an error to refer to a local variable in a textual position that precedes the local_variable_declarator of the local variable. ローカル変数のスコープ内では、同じ名前を持つ別のローカル変数または定数を宣言するコンパイル時エラーになります。Within the scope of a local variable, it is a compile-time error to declare another local variable or constant with the same name.

複数の変数を宣言するローカル変数宣言は、同じ型の単一の変数の複数の宣言と同じです。A local variable declaration that declares multiple variables is equivalent to multiple declarations of single variables with the same type. さらに、ローカル変数宣言内の変数初期化子は、宣言の直後に挿入される代入ステートメントと完全に一致します。Furthermore, a variable initializer in a local variable declaration corresponds exactly to an assignment statement that is inserted immediately after the declaration.

The example

void F() {
    int x = 1, y, z = x * 2;
}

はに正確に対応します。corresponds exactly to

void F() {
    int x; x = 1;
    int y;
    int z; z = x * 2;
}

暗黙的に型指定されたローカル変数宣言では、宣言されるローカル変数の型は、変数の初期化に使用される式の型と同じになります。In an implicitly typed local variable declaration, the type of the local variable being declared is taken to be the same as the type of the expression used to initialize the variable. 以下に例を示します。For example:

var i = 5;
var s = "Hello";
var d = 1.0;
var numbers = new int[] {1, 2, 3};
var orders = new Dictionary<int,Order>();

上記の暗黙的に型指定されたローカル変数宣言は、明示的に型指定された次の宣言とまったく同じです。The implicitly typed local variable declarations above are precisely equivalent to the following explicitly typed declarations:

int i = 5;
string s = "Hello";
double d = 1.0;
int[] numbers = new int[] {1, 2, 3};
Dictionary<int,Order> orders = new Dictionary<int,Order>();

ローカル定数宣言Local constant declarations

Local_constant_declarationは、1つ以上のローカル定数を宣言します。A local_constant_declaration declares one or more local constants.

local_constant_declaration
    : 'const' type constant_declarators
    ;

constant_declarators
    : constant_declarator (',' constant_declarator)*
    ;

constant_declarator
    : identifier '=' constant_expression
    ;

Local_constant_declarationは、宣言によって導入される定数の型を指定します。The type of a local_constant_declaration specifies the type of the constants introduced by the declaration. 型の後にconstant_declaratorのリストが続き、それぞれに新しい定数が導入されています。The type is followed by a list of constant_declarators, each of which introduces a new constant. Constant_declaratorは、定数に名前を付け、その後に "=" トークンを続け、その後に定数の値を指定するconstant_expression (定数式) を指定する識別子で構成されます。A constant_declarator consists of an identifier that names the constant, followed by an "=" token, followed by a constant_expression (Constant expressions) that gives the value of the constant.

ローカル定数宣言のconstant_expressionは、定数メンバー宣言 (定数) と同じ規則に従う必要があります。The type and constant_expression of a local constant declaration must follow the same rules as those of a constant member declaration (Constants).

ローカル定数の値は、 simple_name (簡易名) を使用して式で取得されます。The value of a local constant is obtained in an expression using a simple_name (Simple names).

ローカル定数のスコープは、宣言が発生するブロックです。The scope of a local constant is the block in which the declaration occurs. Constant_declaratorの前にあるテキスト位置でローカル定数を参照すると、エラーになります。It is an error to refer to a local constant in a textual position that precedes its constant_declarator. ローカル定数のスコープ内では、同じ名前を持つ別のローカル変数または定数を宣言するコンパイル時エラーになります。Within the scope of a local constant, it is a compile-time error to declare another local variable or constant with the same name.

複数の定数を宣言するローカル定数宣言は、同じ型を持つ単一定数の複数の宣言と同じです。A local constant declaration that declares multiple constants is equivalent to multiple declarations of single constants with the same type.

式ステートメントExpression statements

Expression_statementは、指定された式を評価します。An expression_statement evaluates a given expression. 式によって計算された値 (存在する場合) は破棄されます。The value computed by the expression, if any, is discarded.

expression_statement
    : statement_expression ';'
    ;

statement_expression
    : invocation_expression
    | null_conditional_invocation_expression
    | object_creation_expression
    | assignment
    | post_increment_expression
    | post_decrement_expression
    | pre_increment_expression
    | pre_decrement_expression
    | await_expression
    ;

すべての式がステートメントとして許可されているわけではありません。Not all expressions are permitted as statements. 特に、やx + y x == 1などの式では、値を計算するだけで (破棄されます)、ステートメントとして使用することはできません。In particular, expressions such as x + y and x == 1 that merely compute a value (which will be discarded), are not permitted as statements.

Expression_statementを実行すると、含まれている式が評価され、 expression_statementの終点に制御が移ります。Execution of an expression_statement evaluates the contained expression and then transfers control to the end point of the expression_statement. Expression_statementに到達できる場合、 expression_statementのエンドポイントに到達できます。The end point of an expression_statement is reachable if that expression_statement is reachable.

選択ステートメントSelection statements

選択ステートメントでは、いくつかの式の値に基づいて、実行に使用できるステートメントをいくつか選択します。Selection statements select one of a number of possible statements for execution based on the value of some expression.

selection_statement
    : if_statement
    | switch_statement
    ;

If ステートメントThe if statement

ステートメントifは、ブール式の値に基づいて実行するステートメントを選択します。The if statement selects a statement for execution based on the value of a boolean expression.

if_statement
    : 'if' '(' boolean_expression ')' embedded_statement
    | 'if' '(' boolean_expression ')' embedded_statement 'else' embedded_statement
    ;

構文で許可されている、前ifに最も近い構文にパートが関連付けられています。elseAn else part is associated with the lexically nearest preceding if that is allowed by the syntax. そのため、 ifThus, an if statement of the form

if (x) if (y) F(); else G();

上記の式は、次の式と同じです。is equivalent to

if (x) {
    if (y) {
        F();
    }
    else {
        G();
    }
}

ifステートメントは次のように実行されます。An if statement is executed as follows:

  • Boolean_expression (ブール式) が評価されます。The boolean_expression (Boolean expressions) is evaluated.
  • ブール式trueがの場合、制御は最初の埋め込みステートメントに転送されます。If the boolean expression yields true, control is transferred to the first embedded statement. コントロールがそのステートメントの終点に到達した場合、制御はifステートメントの終了点に移ります。When and if control reaches the end point of that statement, control is transferred to the end point of the if statement.
  • ブール式がをfalse else生成し、パーツが存在する場合、制御は2番目の埋め込みステートメントに転送されます。If the boolean expression yields false and if an else part is present, control is transferred to the second embedded statement. コントロールがそのステートメントの終点に到達した場合、制御はifステートメントの終了点に移ります。When and if control reaches the end point of that statement, control is transferred to the end point of the if statement.
  • ブール式がを生成falseし、 elseパーツが存在しない場合、制御はifステートメントの終了点に移ります。If the boolean expression yields false and if an else part is not present, control is transferred to the end point of the if statement.

ステートメントが到達可能で、 ifブール式が定数値if falseを持たない場合は、ステートメントの最初の埋め込みステートメントに到達できます。The first embedded statement of an if statement is reachable if the if statement is reachable and the boolean expression does not have the constant value false.

ステートメントが到達可能で、 ifブール式が定数値trueを持たないif場合は、ステートメントの2番目の埋め込みステートメント (存在する場合) に到達できます。The second embedded statement of an if statement, if present, is reachable if the if statement is reachable and the boolean expression does not have the constant value true.

少なくとも1つifの埋め込みステートメントの終点に到達できる場合、ステートメントの終了位置に到達できます。The end point of an if statement is reachable if the end point of at least one of its embedded statements is reachable. また、 ifステートメントが到達可能で、 ifブール式がelse定数値trueを持たない場合は、部分を持たないステートメントの終点に到達できます。In addition, the end point of an if statement with no else part is reachable if the if statement is reachable and the boolean expression does not have the constant value true.

Switch ステートメントThe switch statement

Switch ステートメントは、switch 式の値に対応するスイッチラベルが関連付けられているステートメントリストの実行を選択します。The switch statement selects for execution a statement list having an associated switch label that corresponds to the value of the switch expression.

switch_statement
    : 'switch' '(' expression ')' switch_block
    ;

switch_block
    : '{' switch_section* '}'
    ;

switch_section
    : switch_label+ statement_list
    ;

switch_label
    : 'case' constant_expression ':'
    | 'default' ':'
    ;

Switch_statementは、キーワード switch、その後にかっこで囲まれた式 (switch 式と呼ばれます)、 switch_blockの順で構成されます。A switch_statement consists of the keyword switch, followed by a parenthesized expression (called the switch expression), followed by a switch_block. Switch_blockは、中かっこで囲まれた0個以上のswitch_sections で構成されます。The switch_block consists of zero or more switch_sections, enclosed in braces. switch_sectionは、1つ以上のswitch_labels の後にstatement_list (ステートメントリスト) で構成されます。Each switch_section consists of one or more switch_labels followed by a statement_list (Statement lists).

switchステートメントの管理型は、switch 式によって設定されます。The governing type of a switch statement is established by the switch expression.

  • スイッチ式の型が sbytebyteshortushortintuintlongulongboolchar、0、またはenum_typeのいずれかの型に対応する null 許容型である場合は、は、2 ステートメントの管理型です。If the type of the switch expression is sbyte, byte, short, ushort, int, uint, long, ulong, bool, char, string, or an enum_type, or if it is the nullable type corresponding to one of these types, then that is the governing type of the switch statement.
  • それ以外の場合、ユーザー定義の暗黙的な変換 (ユーザー定義の変換) は、switch 式の型から、次のいずれかの管理型にsbyteする必要shortushortあります。、 byte、、int 、、char、 、long 、、string、または。これらの型のいずれかに対応する null 許容型。 ulong uintOtherwise, exactly one user-defined implicit conversion (User-defined conversions) must exist from the type of the switch expression to one of the following possible governing types: sbyte, byte, short, ushort, int, uint, long, ulong, char, string, or, a nullable type corresponding to one of those types.
  • それ以外の場合、このような暗黙的な変換が存在しない場合、または複数の暗黙的な変換が存在する場合は、コンパイル時エラーが発生します。Otherwise, if no such implicit conversion exists, or if more than one such implicit conversion exists, a compile-time error occurs.

caseラベルの定数式は、 switchステートメントの管理型に暗黙的に変換可能な (暗黙の変換) 値を示す必要があります。The constant expression of each case label must denote a value that is implicitly convertible (Implicit conversions) to the governing type of the switch statement. case 同じswitchステートメント内の2つ以上のラベルで同じ定数値が指定されている場合、コンパイル時エラーが発生します。A compile-time error occurs if two or more case labels in the same switch statement specify the same constant value.

Switch ステートメントには、最大defaultで1つのラベルを設定できます。There can be at most one default label in a switch statement.

switchステートメントは次のように実行されます。A switch statement is executed as follows:

  • Switch 式が評価され、管理型に変換されます。The switch expression is evaluated and converted to the governing type.
  • 同じcase caseステートメントのラベルに指定されているいずれかの定数が switch 式の値と等しい場合は、一致するラベルの後にあるステートメントリストに制御が移ります。 switchIf one of the constants specified in a case label in the same switch statement is equal to the value of the switch expression, control is transferred to the statement list following the matched case label.
  • 同じcase default defaultステートメントのラベルに指定されている定数が switch 式の値と等しい場合、およびラベルが存在する場合、制御は次のようなステートメントの一覧に移ります。 switchタイトル.If none of the constants specified in case labels in the same switch statement is equal to the value of the switch expression, and if a default label is present, control is transferred to the statement list following the default label.
  • 同じcase default switchステートメントのラベルに指定されている定数が switch 式の値と等しい場合、ラベルが存在しない場合、制御はステートメントのエンドポイントに転送されます。 switchIf none of the constants specified in case labels in the same switch statement is equal to the value of the switch expression, and if no default label is present, control is transferred to the end point of the switch statement.

Switch セクションのステートメントリストの終点に到達できる場合、コンパイル時エラーが発生します。If the end point of the statement list of a switch section is reachable, a compile-time error occurs. これは "フォールスルー" ルールと呼ばれます。This is known as the "no fall through" rule. The example

switch (i) {
case 0:
    CaseZero();
    break;
case 1:
    CaseOne();
    break;
default:
    CaseOthers();
    break;
}

は、到達可能なエンドポイントを持つ switch セクションがないため、有効です。is valid because no switch section has a reachable end point. C やとC++は異なり、switch セクションの実行は、次の switch セクションに "フォールスルー" することはできません。例Unlike C and C++, execution of a switch section is not permitted to "fall through" to the next switch section, and the example

switch (i) {
case 0:
    CaseZero();
case 1:
    CaseZeroOrOne();
default:
    CaseAny();
}

コンパイル時エラーが発生します。results in a compile-time error. Switch セクションの実行後に別の switch セクションを実行する場合は、明示的goto caseなまたはgoto defaultステートメントを使用する必要があります。When execution of a switch section is to be followed by execution of another switch section, an explicit goto case or goto default statement must be used:

switch (i) {
case 0:
    CaseZero();
    goto case 1;
case 1:
    CaseZeroOrOne();
    goto default;
default:
    CaseAny();
    break;
}

Switch_sectionでは、複数のラベルを使用できます。Multiple labels are permitted in a switch_section. The example

switch (i) {
case 0:
    CaseZero();
    break;
case 1:
    CaseOne();
    break;
case 2:
default:
    CaseTwo();
    break;
}

が有効です。is valid. この例では、ラベル case 2:default: は同じswitch_sectionの一部であるため、"フォールスルー" ルールに違反しません。The example does not violate the "no fall through" rule because the labels case 2: and default: are part of the same switch_section.

"フォールスルーなし" ルールは、C で発生する一般的なバグクラスを防ぎC++ 、 breakステートメントが誤って省略された場合に発生します。The "no fall through" rule prevents a common class of bugs that occur in C and C++ when break statements are accidentally omitted. また、このルールにより、ステートメントの動作に影響をswitch与えずに、ステートメントの switch セクションを任意に再配置できます。In addition, because of this rule, the switch sections of a switch statement can be arbitrarily rearranged without affecting the behavior of the statement. たとえば、上記のswitchステートメントのセクションは、ステートメントの動作に影響を与えずに元に戻すことができます。For example, the sections of the switch statement above can be reversed without affecting the behavior of the statement:

switch (i) {
default:
    CaseAny();
    break;
case 1:
    CaseZeroOrOne();
    goto default;
case 0:
    CaseZero();
    goto case 1;
}

Switch セクションのステートメントの一覧はbreak、通常、 goto case、、またはgoto defaultステートメントで終了しますが、ステートメントリストの終点を表示するコンストラクトは使用できません。The statement list of a switch section typically ends in a break, goto case, or goto default statement, but any construct that renders the end point of the statement list unreachable is permitted. たとえば、ブール式while trueによって制御されるステートメントは、エンドポイントに達しないことがわかっています。For example, a while statement controlled by the boolean expression true is known to never reach its end point. 同様に、 throwまたreturnはステートメントは、常にコントロールを別の場所に転送し、エンドポイントに到達しないようにします。Likewise, a throw or return statement always transfers control elsewhere and never reaches its end point. したがって、次の例は有効です。Thus, the following example is valid:

switch (i) {
case 0:
    while (true) F();
case 1:
    throw new ArgumentException();
case 2:
    return;
}

switchステートメントの管理型は、型stringにすることができます。The governing type of a switch statement may be the type string. 以下に例を示します。For example:

void DoCommand(string command) {
    switch (command.ToLower()) {
    case "run":
        DoRun();
        break;
    case "save":
        DoSave();
        break;
    case "quit":
        DoQuit();
        break;
    default:
        InvalidCommand(command);
        break;
    }
}

文字列等値演算子 (文字列等値演算子) switchと同様に、ステートメントでは大文字と小文字が区別され、switch 式のcase文字列がラベル定数と完全に一致する場合にのみ、指定された switch セクションが実行されます。Like the string equality operators (String equality operators), the switch statement is case sensitive and will execute a given switch section only if the switch expression string exactly matches a case label constant.

switchステートメントの管理型がstringの場合、値nullは case ラベル定数として許可されます。When the governing type of a switch statement is string, the value null is permitted as a case label constant.

Switch_blockstatement_listには、宣言ステートメント (宣言ステートメント) を含めることができます。The statement_lists of a switch_block may contain declaration statements (Declaration statements). Switch ブロックで宣言されたローカル変数または定数のスコープは、スイッチブロックです。The scope of a local variable or constant declared in a switch block is the switch block.

switchステートメントが到達可能で、少なくとも次のいずれかの条件に該当する場合は、特定の switch セクションのステートメントリストに到達できます。The statement list of a given switch section is reachable if the switch statement is reachable and at least one of the following is true:

  • スイッチ式は、非定数値です。The switch expression is a non-constant value.
  • Switch 式は、switch セクションのcaseラベルに一致する定数値です。The switch expression is a constant value that matches a case label in the switch section.
  • スイッチ式がどのラベルともcase一致しない定数値です。 switch セクションにはdefaultラベルが含まれています。The switch expression is a constant value that doesn't match any case label, and the switch section contains the default label.
  • Switch セクションのスイッチラベルが、到達可能goto caseなまたはgoto defaultステートメントによって参照されています。A switch label of the switch section is referenced by a reachable goto case or goto default statement.

次のいずれかのswitch条件に該当する場合は、ステートメントの終了位置に到達できます。The end point of a switch statement is reachable if at least one of the following is true:

  • ステートメントには、 switchステートメントbreakを終了する到達可能なステートメントが含まれています。 switchThe switch statement contains a reachable break statement that exits the switch statement.
  • ステートメントが到達可能で、スイッチ式が非定数値であり、ラベルが存在しませんdefaultswitchThe switch statement is reachable, the switch expression is a non-constant value, and no default label is present.
  • ステートメントに到達できます。 switch 式は、どのラベルにもcase一致しない定数値です。ラベルは存在しません。 default switchThe switch statement is reachable, the switch expression is a constant value that doesn't match any case label, and no default label is present.

繰り返しステートメントIteration statements

繰り返しステートメントでは、埋め込みステートメントを繰り返し実行します。Iteration statements repeatedly execute an embedded statement.

iteration_statement
    : while_statement
    | do_statement
    | for_statement
    | foreach_statement
    ;

While ステートメントThe while statement

ステートメントwhileは、条件付きで埋め込みステートメントを0回以上実行します。The while statement conditionally executes an embedded statement zero or more times.

while_statement
    : 'while' '(' boolean_expression ')' embedded_statement
    ;

whileステートメントは次のように実行されます。A while statement is executed as follows:

  • Boolean_expression (ブール式) が評価されます。The boolean_expression (Boolean expressions) is evaluated.
  • ブール式trueがの場合、コントロールは埋め込みステートメントに転送されます。If the boolean expression yields true, control is transferred to the embedded statement. コントロールが埋め込みステートメントの終点に到達した場合 ( continueステートメントの実行から)、 whileステートメントの先頭に制御が移ります。When and if control reaches the end point of the embedded statement (possibly from execution of a continue statement), control is transferred to the beginning of the while statement.
  • ブール式falseがの場合、制御はwhileステートメントの終了点に移ります。If the boolean expression yields false, control is transferred to the end point of the while statement.

ステートメントwhileの埋め込みステートメント内ではbreak 、ステートメント (break ステートメント) を使用して、 whileステートメントの終了位置に制御を移すことができます (したがって、埋め込みステートメントの反復処理を終了します)。continueステートメント (continue ステートメント) を使用して、埋め込みステートメントのエンドポイントに制御を移すことができます (したがってwhile 、ステートメントの別の反復処理を実行します)。Within the embedded statement of a while statement, a break statement (The break statement) may be used to transfer control to the end point of the while statement (thus ending iteration of the embedded statement), and a continue statement (The continue statement) may be used to transfer control to the end point of the embedded statement (thus performing another iteration of the while statement).

ステートメントが到達可能でwhile 、ブール式が定数whilefalseを持たない場合は、ステートメントの埋め込みステートメントに到達できます。The embedded statement of a while statement is reachable if the while statement is reachable and the boolean expression does not have the constant value false.

次のいずれかのwhile条件に該当する場合は、ステートメントの終了位置に到達できます。The end point of a while statement is reachable if at least one of the following is true:

  • ステートメントには、 whileステートメントbreakを終了する到達可能なステートメントが含まれています。 whileThe while statement contains a reachable break statement that exits the while statement.
  • ステートメントが到達可能で、ブール式に定数値trueがありません。 whileThe while statement is reachable and the boolean expression does not have the constant value true.

Do ステートメントThe do statement

ステートメントdoは、条件付きで埋め込みステートメントを1回以上実行します。The do statement conditionally executes an embedded statement one or more times.

do_statement
    : 'do' embedded_statement 'while' '(' boolean_expression ')' ';'
    ;

doステートメントは次のように実行されます。A do statement is executed as follows:

  • コントロールは、埋め込みステートメントに転送されます。Control is transferred to the embedded statement.
  • コントロールが埋め込みステートメントの終点に到達すると (場合によっては continue ステートメントの実行から)、 boolean_expression (ブール式) が評価されます。When and if control reaches the end point of the embedded statement (possibly from execution of a continue statement), the boolean_expression (Boolean expressions) is evaluated. ブール式trueがの場合、制御はdoステートメントの先頭に移ります。If the boolean expression yields true, control is transferred to the beginning of the do statement. それ以外の場合、制御はdoステートメントのエンドポイントに転送されます。Otherwise, control is transferred to the end point of the do statement.

ステートメントdoの埋め込みステートメント内ではbreak 、ステートメント (break ステートメント) を使用して、 doステートメントの終了位置に制御を移すことができます (したがって、埋め込みステートメントの反復処理を終了します)。continueステートメント (continue ステートメント) を使用して、埋め込みステートメントのエンドポイントに制御を移すことができます。Within the embedded statement of a do statement, a break statement (The break statement) may be used to transfer control to the end point of the do statement (thus ending iteration of the embedded statement), and a continue statement (The continue statement) may be used to transfer control to the end point of the embedded statement.

ステートメントに到達できるdo do場合、ステートメントの埋め込みステートメントに到達できます。The embedded statement of a do statement is reachable if the do statement is reachable.

次のいずれかのdo条件に該当する場合は、ステートメントの終了位置に到達できます。The end point of a do statement is reachable if at least one of the following is true:

  • ステートメントには、 doステートメントbreakを終了する到達可能なステートメントが含まれています。 doThe do statement contains a reachable break statement that exits the do statement.
  • 埋め込みステートメントの終点に到達でき、ブール式に定数値が指定trueされていません。The end point of the embedded statement is reachable and the boolean expression does not have the constant value true.

For ステートメントThe for statement

ステートメントforは初期化式のシーケンスを評価した後、条件が true の場合、埋め込みステートメントを繰り返し実行し、反復式のシーケンスを評価します。The for statement evaluates a sequence of initialization expressions and then, while a condition is true, repeatedly executes an embedded statement and evaluates a sequence of iteration expressions.

for_statement
    : 'for' '(' for_initializer? ';' for_condition? ';' for_iterator? ')' embedded_statement
    ;

for_initializer
    : local_variable_declaration
    | statement_expression_list
    ;

for_condition
    : boolean_expression
    ;

for_iterator
    : statement_expression_list
    ;

statement_expression_list
    : statement_expression (',' statement_expression)*
    ;

For_initializer(存在する場合) は、コンマで区切られたlocal_variable_declaration (ローカル変数宣言) またはstatement_expressions (式ステートメント) のリストで構成されます。The for_initializer, if present, consists of either a local_variable_declaration (Local variable declarations) or a list of statement_expressions (Expression statements) separated by commas. For_initializerによって宣言されたローカル変数のスコープは、変数のlocal_variable_declaratorから始まり、埋め込みステートメントの末尾まで拡張されます。The scope of a local variable declared by a for_initializer starts at the local_variable_declarator for the variable and extends to the end of the embedded statement. スコープには、 for_conditionfor_iteratorが含まれます。The scope includes the for_condition and the for_iterator.

For_condition(存在する場合) は、 boolean_expression (ブール式) である必要があります。The for_condition, if present, must be a boolean_expression (Boolean expressions).

For_iterator(存在する場合) は、コンマで区切られたStatement_expressions (式ステートメント) のリストで構成されます。The for_iterator, if present, consists of a list of statement_expressions (Expression statements) separated by commas.

For ステートメントは次のように実行されます。A for statement is executed as follows:

  • For_initializerが存在する場合、変数初期化子またはステートメント式は、記述された順序で実行されます。If a for_initializer is present, the variable initializers or statement expressions are executed in the order they are written. このステップは1回だけ実行されます。This step is only performed once.
  • For_conditionが存在する場合は、評価されます。If a for_condition is present, it is evaluated.
  • For_conditionが存在しない場合、または評価結果が-1 @no__t の場合、コントロールは埋め込みステートメントに転送されます。If the for_condition is not present or if the evaluation yields true, control is transferred to the embedded statement. コントロールが埋め込みステートメントの終点に到達した場合 (continue ステートメントの実行など)、 for_iteratorの式 (場合によっては) が順番に評価された後、次のように、別の反復処理が実行されます。上記の手順でのfor_conditionの評価。When and if control reaches the end point of the embedded statement (possibly from execution of a continue statement), the expressions of the for_iterator, if any, are evaluated in sequence, and then another iteration is performed, starting with evaluation of the for_condition in the step above.
  • For_conditionが存在し、評価結果が-1 @no__t の場合、制御は for ステートメントのエンドポイントに移ります。If the for_condition is present and the evaluation yields false, control is transferred to the end point of the for statement.

@No__t-0 ステートメントの埋め込みステートメント内では、break ステートメント (break ステートメント) を使用して、for ステートメントの終点に制御を移すことができます (したがって、埋め込みステートメントの反復処理を終了します)。また、continue ステートメント (Continue ステートメント) を使用して、埋め込みステートメントのエンドポイントに制御を移すことができます (つまり、 for_iteratorを実行し、 for_conditionから始まる for ステートメントの別の反復処理を実行します)。Within the embedded statement of a for statement, a break statement (The break statement) may be used to transfer control to the end point of the for statement (thus ending iteration of the embedded statement), and a continue statement (The continue statement) may be used to transfer control to the end point of the embedded statement (thus executing the for_iterator and performing another iteration of the for statement, starting with the for_condition).

次のいずれかにfor該当する場合は、ステートメントの埋め込みステートメントに到達できます。The embedded statement of a for statement is reachable if one of the following is true:

  • @No__t-0 ステートメントに到達可能で、 for_conditionが存在しません。The for statement is reachable and no for_condition is present.
  • @No__t-0 ステートメントに到達可能であり、 for_conditionが存在し、定数値 false が指定されていません。The for statement is reachable and a for_condition is present and does not have the constant value false.

次のいずれかのfor条件に該当する場合は、ステートメントの終了位置に到達できます。The end point of a for statement is reachable if at least one of the following is true:

  • ステートメントには、 forステートメントbreakを終了する到達可能なステートメントが含まれています。 forThe for statement contains a reachable break statement that exits the for statement.
  • @No__t-0 ステートメントに到達可能であり、 for_conditionが存在し、定数値 true が指定されていません。The for statement is reachable and a for_condition is present and does not have the constant value true.

Foreach ステートメントThe foreach statement

ステートメントforeachは、コレクションの各要素に対して埋め込みステートメントを実行して、コレクションの要素を列挙します。The foreach statement enumerates the elements of a collection, executing an embedded statement for each element of the collection.

foreach_statement
    : 'foreach' '(' local_variable_type identifier 'in' expression ')' embedded_statement
    ;

ステートメントの識別子 foreachは、ステートメントの繰り返し変数を宣言します。The type and identifier of a foreach statement declare the iteration variable of the statement. @No__t 0 の識別子がlocal_variable_typeとして指定され、var という名前の型がスコープ内にない場合、反復変数は暗黙的に型指定された反復変数と呼ばれ、その型は @no__t の要素型になります。ステートメント。以下のように指定します。If the var identifier is given as the local_variable_type, and no type named var is in scope, the iteration variable is said to be an implicitly typed iteration variable, and its type is taken to be the element type of the foreach statement, as specified below. 繰り返し変数は、埋め込みステートメントの上にあるスコープを持つ読み取り専用のローカル変数に対応します。The iteration variable corresponds to a read-only local variable with a scope that extends over the embedded statement. 反復変数は、 foreachステートメントの実行中に、反復処理が現在実行されているコレクション要素を表します。During execution of a foreach statement, the iteration variable represents the collection element for which an iteration is currently being performed. 埋め込みステートメントが反復変数を変更しようとし++た場合 (代入--演算子または演算子を使用)、 refまたは反復変数をパラメーターまたはoutパラメーターとして渡すと、コンパイル時にエラーが発生します。A compile-time error occurs if the embedded statement attempts to modify the iteration variable (via assignment or the ++ and -- operators) or pass the iteration variable as a ref or out parameter.

以下では、 IEnumerableを簡潔IEnumeratorにするためIEnumerable<T>IEnumerator<T> 、、、およびは、名前空間System.CollectionsSystem.Collections.Genericの対応する型を参照しています。In the following, for brevity, IEnumerable, IEnumerator, IEnumerable<T> and IEnumerator<T> refer to the corresponding types in the namespaces System.Collections and System.Collections.Generic.

Foreach ステートメントのコンパイル時の処理では、最初に、式のコレクション型列挙子の型、および要素の型を決定します。The compile-time processing of a foreach statement first determines the collection type, enumerator type and element type of the expression. この決定は次のように行われることになります。This determination proceeds as follows:

  • 式の型Xが配列型である場合は、からIEnumerableインターフェイスへの暗黙のX参照変換が行われSystem.Arrayます (以降はこのインターフェイスが実装されます)。If the type X of expression is an array type then there is an implicit reference conversion from X to the IEnumerable interface (since System.Array implements this interface). コレクション型IEnumerableインターフェイス、列挙子型はインターフェイス、 IEnumerator 要素型は配列型Xの要素型です。The collection type is the IEnumerable interface, the enumerator type is the IEnumerator interface and the element type is the element type of the array type X.

  • 式の型Xdynamicの場合は、からIEnumerableインターフェイスへの暗黙的な変換 (暗黙の動的変換) が存在します。If the type X of expression is dynamic then there is an implicit conversion from expression to the IEnumerable interface (Implicit dynamic conversions). コレクション型IEnumerableインターフェイスで、列挙子の型IEnumeratorインターフェイスです。The collection type is the IEnumerable interface and the enumerator type is the IEnumerator interface. @No__t 0 の識別子がlocal_variable_typeとして指定されている場合は、要素の型が 3 @no__t になります。それ以外の場合は、object になります。If the var identifier is given as the local_variable_type then the element type is dynamic, otherwise it is object.

  • それ以外の場合は、 X型に適切GetEnumeratorなメソッドがあるかどうかを確認します。Otherwise, determine whether the type X has an appropriate GetEnumerator method:

    • X 識別子GetEnumeratorを使用して型引数を指定せずに、型に対してメンバーの参照を実行します。Perform member lookup on the type X with identifier GetEnumerator and no type arguments. メンバー参照によって一致が生成されない場合、またはあいまいさが生成される場合、またはメソッドグループではない一致が生成される場合は、次に示すように、列挙可能なインターフェイスを確認してください。If the member lookup does not produce a match, or it produces an ambiguity, or produces a match that is not a method group, check for an enumerable interface as described below. メンバー参照によってメソッドグループ以外のものが生成された場合、または一致するものがない場合は、警告を発行することをお勧めします。It is recommended that a warning be issued if member lookup produces anything except a method group or no match.
    • 結果のメソッドグループと空の引数リストを使用して、オーバーロードの解決を実行します。Perform overload resolution using the resulting method group and an empty argument list. オーバーロードの解決によって適用できないメソッドが発生した場合、あいまいさが生じる場合、または結果が1つのベストメソッドであり、そのメソッドが静的であるかどうかにかかわらず、次に示すように、列挙可能なインターフェイスを確認してください。If overload resolution results in no applicable methods, results in an ambiguity, or results in a single best method but that method is either static or not public, check for an enumerable interface as described below. オーバーロードの解決によって明確なパブリックインスタンスメソッド以外のものが生成される場合、または該当するメソッドがない場合は、警告を発行することをお勧めします。It is recommended that a warning be issued if overload resolution produces anything except an unambiguous public instance method or no applicable methods.
    • メソッドの戻り値Eの型がクラス、構造体、またはインターフェイス型ではない場合は、エラーが生成され、それ以上の手順は実行されません。 GetEnumeratorIf the return type E of the GetEnumerator method is not a class, struct or interface type, an error is produced and no further steps are taken.
    • メンバー参照は、識別子E Currentと型引数を指定せずにに対して実行されます。Member lookup is performed on E with the identifier Current and no type arguments. メンバー参照が一致しない場合、結果がエラーになる場合、または読み取りを許可するパブリックインスタンスプロパティ以外の結果である場合は、エラーが生成され、それ以上の手順は実行されません。If the member lookup produces no match, the result is an error, or the result is anything except a public instance property that permits reading, an error is produced and no further steps are taken.
    • メンバー参照は、識別子E MoveNextと型引数を指定せずにに対して実行されます。Member lookup is performed on E with the identifier MoveNext and no type arguments. メンバー参照が一致しない場合、結果がエラーになる場合、またはメソッドグループ以外のすべての結果である場合は、エラーが生成され、それ以上の手順は実行されません。If the member lookup produces no match, the result is an error, or the result is anything except a method group, an error is produced and no further steps are taken.
    • オーバーロードの解決は、空の引数リストを持つメソッドグループで実行されます。Overload resolution is performed on the method group with an empty argument list. オーバーロードの解決によって適用されるメソッドがない場合、あいまいさが生じるか、または1つのベストメソッドになりますが、そのメソッドは静的でboolもパブリックでもありません。また、戻り値の型が存在しない場合は、エラーが生成され、それ以上の手順は実行されません。If overload resolution results in no applicable methods, results in an ambiguity, or results in a single best method but that method is either static or not public, or its return type is not bool, an error is produced and no further steps are taken.
    • コレクション型Xで、列挙子の型Eで、要素の型Currentプロパティの型です。The collection type is X, the enumerator type is E, and the element type is the type of the Current property.
  • それ以外の場合は、列挙可能なインターフェイスがあるかどうかを確認します。Otherwise, check for an enumerable interface:

    • Tiからdynamic T T Tiへの暗黙的な変換が行われているすべての型の中で、がではなく、他のすべての型がIEnumerable<Ti> XからIEnumerable<T>IEnumerator<T> IEnumerable<T>の暗黙の型変換では、コレクション型はインターフェイス、列挙子型はインターフェイス、要素型はです。 IEnumerable<Ti> T.If among all the types Ti for which there is an implicit conversion from X to IEnumerable<Ti>, there is a unique type T such that T is not dynamic and for all the other Ti there is an implicit conversion from IEnumerable<T> to IEnumerable<Ti>, then the collection type is the interface IEnumerable<T>, the enumerator type is the interface IEnumerator<T>, and the element type is T.
    • それ以外の場合、このような型Tが複数存在すると、エラーが生成され、それ以上の手順は実行されません。Otherwise, if there is more than one such type T, then an error is produced and no further steps are taken.
    • それ以外の場合X 、からSystem.Collections.IEnumerableインターフェイスへの暗黙的な変換がある場合 、コレクション型はこのインターフェイス、列挙子型はインターフェイスSystem.Collections.IEnumerator要素型はです。 object.Otherwise, if there is an implicit conversion from X to the System.Collections.IEnumerable interface, then the collection type is this interface, the enumerator type is the interface System.Collections.IEnumerator, and the element type is object.
    • それ以外の場合は、エラーが生成され、それ以上の手順は実行されません。Otherwise, an error is produced and no further steps are taken.

上記の手順が成功すると、コレクション型C、列挙子型E 、および要素型Tが明確に生成されます。The above steps, if successful, unambiguously produce a collection type C, enumerator type E and element type T. フォームの foreach ステートメントA foreach statement of the form

foreach (V v in x) embedded_statement

は次のように展開されます。is then expanded to:

{
    E e = ((C)(x)).GetEnumerator();
    try {
        while (e.MoveNext()) {
            V v = (V)(T)e.Current;
            embedded_statement
        }
    }
    finally {
        ... // Dispose e
    }
}

変数eは、式x 、埋め込みステートメント、またはプログラムのその他のソースコードからは参照できないか、アクセスできません。The variable e is not visible to or accessible to the expression x or the embedded statement or any other source code of the program. 埋め込みvステートメントでは、変数は読み取り専用です。The variable v is read-only in the embedded statement. @No__t-1 (要素型) から V (foreach ステートメントのlocal_variable_type ) への明示的な変換 (明示的な変換) が行われていない場合は、エラーが生成され、それ以上の手順は実行されません。If there is not an explicit conversion (Explicit conversions) from T (the element type) to V (the local_variable_type in the foreach statement), an error is produced and no further steps are taken. xnullがある場合は、実行時にがスローSystem.NullReferenceExceptionされます。If x has the value null, a System.NullReferenceException is thrown at run-time.

実装では、特定の foreach ステートメントを異なる方法で実装することができます。たとえば、パフォーマンス上の理由から、動作が上記の拡張と一致している場合に限ります。An implementation is permitted to implement a given foreach-statement differently, e.g. for performance reasons, as long as the behavior is consistent with the above expansion.

While ループ内の @no__t 0 の位置は、 embedded_statementで発生している匿名関数によってキャプチャされる方法にとって重要です。The placement of v inside the while loop is important for how it is captured by any anonymous function occurring in the embedded_statement.

以下に例を示します。For example:

int[] values = { 7, 9, 13 };
Action f = null;

foreach (var value in values)
{
    if (f == null) f = () => Console.WriteLine("First value: " + value);
}

f();

v while ループの外側で宣言されている場合、すべてのイテレーション間で共有され、for ループの後の値が最終的13な値になります。これfは、の呼び出しの結果です。If v was declared outside of the while loop, it would be shared among all iterations, and its value after the for loop would be the final value, 13, which is what the invocation of f would print. 各反復処理には独自の変数vがあるため、最初のイテレーションでによってfキャプチャされた値7は、出力される値を保持し続けます。Instead, because each iteration has its own variable v, the one captured by f in the first iteration will continue to hold the value 7, which is what will be printed. (注: の以前のC#バージョンvは、while ループの外側で宣言されています)。(Note: earlier versions of C# declared v outside of the while loop.)

Finally ブロックの本体は、次の手順に従って構築されます。The body of the finally block is constructed according to the following steps:

  • からE インターフェイスSystem.IDisposableへの暗黙的な変換がある場合は、If there is an implicit conversion from E to the System.IDisposable interface, then

    • E null 非許容の値型である場合、finally 句は次のようなセマンティックに拡張されます。If E is a non-nullable value type then the finally clause is expanded to the semantic equivalent of:

      finally {
          ((System.IDisposable)e).Dispose();
      }
      
    • それ以外の場合は、finally 句がに相当するセマンティックに拡張されます。Otherwise the finally clause is expanded to the semantic equivalent of:

      finally {
          if (e != null) ((System.IDisposable)e).Dispose();
      }
      

    が値型Eの場合、または値型にインスタンス化された型パラメーターの場合、へeSystem.IDisposableキャストによってボックス化が発生することはありません。except that if E is a value type, or a type parameter instantiated to a value type, then the cast of e to System.IDisposable will not cause boxing to occur.

  • それ以外のE場合、が sealed 型の場合、finally 句は空のブロックに展開されます。Otherwise, if E is a sealed type, the finally clause is expanded to an empty block:

    finally {
    }
    
  • それ以外の場合、finally 句は次のように展開されます。Otherwise, the finally clause is expanded to:

    finally {
        System.IDisposable d = e as System.IDisposable;
        if (d != null) d.Dispose();
    }
    

    ローカル変数dは、ユーザーコードから参照できないか、ユーザーコードからアクセスできません。The local variable d is not visible to or accessible to any user code. 特に、スコープに finally ブロックが含まれている他の変数と競合しません。In particular, it does not conflict with any other variable whose scope includes the finally block.

配列の要素をforeach走査する順序は次のとおりです。1次元配列の要素の場合、インデックス順にインデックスを作成 0し、インデックスで終了Length - 1します。The order in which foreach traverses the elements of an array, is as follows: For single-dimensional arrays elements are traversed in increasing index order, starting with index 0 and ending with index Length - 1. 多次元配列の場合は、要素が走査されて、右端の次元のインデックスが最初に増加し、次に左の次元になるようになります。For multi-dimensional arrays, elements are traversed such that the indices of the rightmost dimension are increased first, then the next left dimension, and so on to the left.

次の例では、要素の順序で2次元配列の各値を出力します。The following example prints out each value in a two-dimensional array, in element order:

using System;

class Test
{
    static void Main() {
        double[,] values = {
            {1.2, 2.3, 3.4, 4.5},
            {5.6, 6.7, 7.8, 8.9}
        };

        foreach (double elementValue in values)
            Console.Write("{0} ", elementValue);

        Console.WriteLine();
    }
}

生成される出力は次のとおりです。The output produced is as follows:

1.2 2.3 3.4 4.5 5.6 6.7 7.8 8.9

この例では、In the example

int[] numbers = { 1, 3, 5, 7, 9 };
foreach (var n in numbers) Console.WriteLine(n);

n型は、のnumbers要素型intであると推論されます。the type of n is inferred to be int, the element type of numbers.

ジャンプ ステートメントJump statements

ジャンプステートメントが無条件で制御を転送します。Jump statements unconditionally transfer control.

jump_statement
    : break_statement
    | continue_statement
    | goto_statement
    | return_statement
    | throw_statement
    ;

ジャンプステートメントが制御を転送する場所は、ジャンプステートメントのターゲットと呼ばれます。The location to which a jump statement transfers control is called the target of the jump statement.

ジャンプステートメントがブロック内で発生し、そのジャンプステートメントの対象がそのブロックの外側にある場合、ジャンプステートメントはブロックを終了すると言います。When a jump statement occurs within a block, and the target of that jump statement is outside that block, the jump statement is said to exit the block. ジャンプステートメントは、ブロックから制御を移すことができますが、制御をブロックに移すことはできません。While a jump statement may transfer control out of a block, it can never transfer control into a block.

ジャンプステートメントの実行は、介在tryするステートメントが存在すると複雑になります。Execution of jump statements is complicated by the presence of intervening try statements. このようなtryステートメントが存在しない場合、ジャンプステートメントは無条件でジャンプステートメントからターゲットに制御を転送します。In the absence of such try statements, a jump statement unconditionally transfers control from the jump statement to its target. このような中間tryステートメントが存在する場合、実行はより複雑になります。In the presence of such intervening try statements, execution is more complex. ジャンプステートメントによって、関連付けtryられfinallyたブロックがある1つ以上のブロックfinallyが終了したtry場合、最初にコントロールが最も内側のステートメントのブロックに転送されます。If the jump statement exits one or more try blocks with associated finally blocks, control is initially transferred to the finally block of the innermost try statement. コントロールがfinallyブロックの終点に到達した場合、コントロールは次の外側tryfinallyステートメントのブロックに転送されます。When and if control reaches the end point of a finally block, control is transferred to the finally block of the next enclosing try statement. このプロセスは、 finally tryすべてのステートメントのブロックが実行されるまで繰り返されます。This process is repeated until the finally blocks of all intervening try statements have been executed.

この例では、In the example

using System;

class Test
{
    static void Main() {
        while (true) {
            try {
                try {
                    Console.WriteLine("Before break");
                    break;
                }
                finally {
                    Console.WriteLine("Innermost finally block");
                }
            }
            finally {
                Console.WriteLine("Outermost finally block");
            }
        }
        Console.WriteLine("After break");
    }
}

2 finallytryのステートメントに関連付けられているブロックは、ジャンプステートメントのターゲットに制御が転送される前に実行されます。the finally blocks associated with two try statements are executed before control is transferred to the target of the jump statement.

生成される出力は次のとおりです。The output produced is as follows:

Before break
Innermost finally block
Outermost finally block
After break

Break ステートメントThe break statement

ステートメントbreakは、 switch最も近い、 while foreach 、、 、forまたはステートメントを終了します。 doThe break statement exits the nearest enclosing switch, while, do, for, or foreach statement.

break_statement
    : 'break' ';'
    ;

breakステートメントのターゲットは、最も近いwhile外側switch doの、、、 for、またはforeachステートメントの終点です。The target of a break statement is the end point of the nearest enclosing switch, while, do, for, or foreach statement. switchステートメントが、do、、、またはforeachステートメントで囲まれていない場合、コンパイル時エラーが発生します。 for while breakIf a break statement is not enclosed by a switch, while, do, for, or foreach statement, a compile-time error occurs.

複数switchwhile foreach break 、 、、、またはステートメントが入れ子になっている場合、ステートメントは最も内側のステートメントにのみ適用されます。do forWhen multiple switch, while, do, for, or foreach statements are nested within each other, a break statement applies only to the innermost statement. 複数の入れ子レベルで制御を転送するgotoには、ステートメント (goto ステートメント) を使用する必要があります。To transfer control across multiple nesting levels, a goto statement (The goto statement) must be used.

ステートメントbreakでブロックを終了finallyすることはできません (try ステートメント)。A break statement cannot exit a finally block (The try statement). ステートメントがfinallyブロック内にある場合break 、ステートメントのターゲットは同じfinallyブロック内になければなりません。それ以外の場合は、コンパイル時エラーが発生します。 breakWhen a break statement occurs within a finally block, the target of the break statement must be within the same finally block; otherwise, a compile-time error occurs.

breakステートメントは次のように実行されます。A break statement is executed as follows:

  • ステートメントがbreak 、関連付けられtry finallyfinallyブロックを持つ1つ以上のブロックを終了した場合、 try最初にコントロールが最も内側のステートメントのブロックに転送されます。If the break statement exits one or more try blocks with associated finally blocks, control is initially transferred to the finally block of the innermost try statement. コントロールがfinallyブロックの終点に到達した場合、コントロールは次の外側tryfinallyステートメントのブロックに転送されます。When and if control reaches the end point of a finally block, control is transferred to the finally block of the next enclosing try statement. このプロセスは、 finally tryすべてのステートメントのブロックが実行されるまで繰り返されます。This process is repeated until the finally blocks of all intervening try statements have been executed.
  • 制御は、 breakステートメントのターゲットに転送されます。Control is transferred to the target of the break statement.

ステートメントはbreak無条件で制御を別の場所に転送するのbreakで、ステートメントのエンドポイントに到達できません。Because a break statement unconditionally transfers control elsewhere, the end point of a break statement is never reachable.

Continue ステートメントThe continue statement

ステートメントcontinueは、 while最も近いdo foreach 、、、またはステートメントの新しい反復処理を開始します。 forThe continue statement starts a new iteration of the nearest enclosing while, do, for, or foreach statement.

continue_statement
    : 'continue' ';'
    ;

continueステートメントの対象は、最も近い外側whileの、 do for、、またはforeachステートメントの埋め込みステートメントの終点です。The target of a continue statement is the end point of the embedded statement of the nearest enclosing while, do, for, or foreach statement. continueステートメントがwhiledo、、またはforeachステートメントで囲まれていない場合、コンパイル時エラーが発生します。 forIf a continue statement is not enclosed by a while, do, for, or foreach statement, a compile-time error occurs.

while複数のdo 、、continue 、またforeachはステートメントが相互に入れ子になっている場合、ステートメントは最も内側のステートメントにのみ適用されます。 forWhen multiple while, do, for, or foreach statements are nested within each other, a continue statement applies only to the innermost statement. 複数の入れ子レベルで制御を転送するgotoには、ステートメント (goto ステートメント) を使用する必要があります。To transfer control across multiple nesting levels, a goto statement (The goto statement) must be used.

ステートメントcontinueでブロックを終了finallyすることはできません (try ステートメント)。A continue statement cannot exit a finally block (The try statement). ステートメントがfinallyブロック内にある場合continue 、ステートメントのターゲットは同じfinallyブロック内になければなりません。それ以外の場合は、コンパイル時エラーが発生します。 continueWhen a continue statement occurs within a finally block, the target of the continue statement must be within the same finally block; otherwise a compile-time error occurs.

continueステートメントは次のように実行されます。A continue statement is executed as follows:

  • ステートメントがcontinue 、関連付けられtry finallyfinallyブロックを持つ1つ以上のブロックを終了した場合、 try最初にコントロールが最も内側のステートメントのブロックに転送されます。If the continue statement exits one or more try blocks with associated finally blocks, control is initially transferred to the finally block of the innermost try statement. コントロールがfinallyブロックの終点に到達した場合、コントロールは次の外側tryfinallyステートメントのブロックに転送されます。When and if control reaches the end point of a finally block, control is transferred to the finally block of the next enclosing try statement. このプロセスは、 finally tryすべてのステートメントのブロックが実行されるまで繰り返されます。This process is repeated until the finally blocks of all intervening try statements have been executed.
  • 制御は、 continueステートメントのターゲットに転送されます。Control is transferred to the target of the continue statement.

ステートメントはcontinue無条件で制御を別の場所に転送するのcontinueで、ステートメントのエンドポイントに到達できません。Because a continue statement unconditionally transfers control elsewhere, the end point of a continue statement is never reachable.

GoTo ステートメントThe goto statement

ステートメントgotoは、ラベルによってマークされているステートメントに制御を移します。The goto statement transfers control to a statement that is marked by a label.

goto_statement
    : 'goto' identifier ';'
    | 'goto' 'case' constant_expression ';'
    | 'goto' 'default' ';'
    ;

goto 識別子ステートメントのターゲットは、指定されたラベルを持つラベル付きステートメントです。The target of a goto identifier statement is the labeled statement with the given label. 指定した名前のラベルが現在の関数メンバーに存在しない場合、またはgotoステートメントがラベルのスコープ内にない場合は、コンパイル時エラーが発生します。If a label with the given name does not exist in the current function member, or if the goto statement is not within the scope of the label, a compile-time error occurs. この規則により、ステートメントをgoto使用して、入れ子になったスコープから制御を移すことができますが、入れ子になったスコープには移動できません。This rule permits the use of a goto statement to transfer control out of a nested scope, but not into a nested scope. この例では、In the example

using System;

class Test
{
    static void Main(string[] args) {
        string[,] table = {
            {"Red", "Blue", "Green"},
            {"Monday", "Wednesday", "Friday"}
        };

        foreach (string str in args) {
            int row, colm;
            for (row = 0; row <= 1; ++row)
                for (colm = 0; colm <= 2; ++colm)
                    if (str == table[row,colm])
                         goto done;

            Console.WriteLine("{0} not found", str);
            continue;
    done:
            Console.WriteLine("Found {0} at [{1}][{2}]", str, row, colm);
        }
    }
}

ステートメントgotoは、入れ子になったスコープから制御を移すために使用されます。a goto statement is used to transfer control out of a nested scope.

goto caseステートメントのターゲットは、指定された定数値を持つswitchラベルをcase含む、すぐ外側のステートメント (switch ステートメント) のステートメントリストです。The target of a goto case statement is the statement list in the immediately enclosing switch statement (The switch statement), which contains a case label with the given constant value. @No__t-0 ステートメントが switch ステートメントで囲まれていない場合、最も近い最も近い switch ステートメントの管理型にconstant_expressionが暗黙的に変換 (暗黙の変換) されない場合、または最も近いswitch ステートメントに、指定された定数値を持つ @no__t 6 のラベルが含まれていません。コンパイル時のエラーが発生します。If the goto case statement is not enclosed by a switch statement, if the constant_expression is not implicitly convertible (Implicit conversions) to the governing type of the nearest enclosing switch statement, or if the nearest enclosing switch statement does not contain a case label with the given constant value, a compile-time error occurs.

goto defaultステートメントの対象となるのは、ラベルをdefault含むすぐ外側switchのステートメント (switch ステートメント) のステートメントリストです。The target of a goto default statement is the statement list in the immediately enclosing switch statement (The switch statement), which contains a default label. ステートメントがswitchステートメントで囲まれていない場合、または最も近いswitch外側のステートメントにdefaultラベルが含まれていない場合は、コンパイル時エラーが発生します。 goto defaultIf the goto default statement is not enclosed by a switch statement, or if the nearest enclosing switch statement does not contain a default label, a compile-time error occurs.

ステートメントgotoでブロックを終了finallyすることはできません (try ステートメント)。A goto statement cannot exit a finally block (The try statement). ステートメントがfinallyブロック内にある場合goto 、ステートメントのターゲットは同じfinallyブロック内に存在する必要があります。そうでない場合は、コンパイル時エラーが発生します。 gotoWhen a goto statement occurs within a finally block, the target of the goto statement must be within the same finally block, or otherwise a compile-time error occurs.

gotoステートメントは次のように実行されます。A goto statement is executed as follows:

  • ステートメントがgoto 、関連付けられtry finallyfinallyブロックを持つ1つ以上のブロックを終了した場合、 try最初にコントロールが最も内側のステートメントのブロックに転送されます。If the goto statement exits one or more try blocks with associated finally blocks, control is initially transferred to the finally block of the innermost try statement. コントロールがfinallyブロックの終点に到達した場合、コントロールは次の外側tryfinallyステートメントのブロックに転送されます。When and if control reaches the end point of a finally block, control is transferred to the finally block of the next enclosing try statement. このプロセスは、 finally tryすべてのステートメントのブロックが実行されるまで繰り返されます。This process is repeated until the finally blocks of all intervening try statements have been executed.
  • 制御は、 gotoステートメントのターゲットに転送されます。Control is transferred to the target of the goto statement.

ステートメントはgoto無条件で制御を別の場所に転送するのgotoで、ステートメントのエンドポイントに到達できません。Because a goto statement unconditionally transfers control elsewhere, the end point of a goto statement is never reachable.

Return ステートメントThe return statement

ステートメントreturnは、 returnステートメントが存在する関数の現在の呼び出し元に制御を返します。The return statement returns control to the current caller of the function in which the return statement appears.

return_statement
    : 'return' expression? ';'
    ;

set add void式が指定されていないステートメントは、値を計算しない関数メンバーでのみ使用できます。つまり、結果の型(メソッド本体)を持つメソッド、プロパティまたはインデクサーのreturnアクセサー、イベントremoveのアクセサー、インスタンスコンストラクター、静的コンストラクター、またはデストラクター。A return statement with no expression can be used only in a function member that does not compute a value, that is, a method with the result type (Method body) void, the set accessor of a property or indexer, the add and remove accessors of an event, an instance constructor, a static constructor, or a destructor.

式を持つget ステートメントは、値を計算する関数メンバー、つまり、void以外の結果型、プロパティまたはインデクサーのアクセサー、またはユーザー定義の演算子を持つメソッドを使用する場合にのみreturn使用できます。A return statement with an expression can only be used in a function member that computes a value, that is, a method with a non-void result type, the get accessor of a property or indexer, or a user-defined operator. 暗黙的な変換 (暗黙の変換) は、式の型から、含んでいる関数メンバーの戻り値の型に存在する必要があります。An implicit conversion (Implicit conversions) must exist from the type of the expression to the return type of the containing function member.

Return ステートメントは、匿名関数式 (匿名関数式) の本体で使用することもできます。また、これらの関数にどの変換が存在するかを判断するためにも使用できます。Return statements can also be used in the body of anonymous function expressions (Anonymous function expressions), and participate in determining which conversions exist for those functions.

returnステートメントがfinallyブロック (try ステートメント) に含まれる場合、コンパイル時エラーになります。It is a compile-time error for a return statement to appear in a finally block (The try statement).

returnステートメントは次のように実行されます。A return statement is executed as follows:

  • returnステートメントが式を指定した場合、式が評価され、結果の値は暗黙的な変換によって、含んでいる関数の戻り値の型に変換されます。If the return statement specifies an expression, the expression is evaluated and the resulting value is converted to the return type of the containing function by an implicit conversion. 変換の結果は、関数によって生成される結果値になります。The result of the conversion becomes the result value produced by the function.
  • try catch try finally finallyステートメントが1つ以上のまたはブロックに関連付けられたブロックによって囲まれている場合は、最初にコントロールが最も内側のステートメントのブロックに転送されます。 returnIf the return statement is enclosed by one or more try or catch blocks with associated finally blocks, control is initially transferred to the finally block of the innermost try statement. コントロールがfinallyブロックの終点に到達した場合、コントロールは次の外側tryfinallyステートメントのブロックに転送されます。When and if control reaches the end point of a finally block, control is transferred to the finally block of the next enclosing try statement. このプロセスは、 finally外側tryのすべてのステートメントのブロックが実行されるまで繰り返されます。This process is repeated until the finally blocks of all enclosing try statements have been executed.
  • 含んでいる関数が非同期関数でない場合、制御は、含まれている関数の呼び出し元に、結果値 (存在する場合) と共に返されます。If the containing function is not an async function, control is returned to the caller of the containing function along with the result value, if any.
  • 含まれている関数が非同期関数の場合、コントロールは現在の呼び出し元に返され、結果値 (存在する場合) は、「(列挙子インターフェイス)」で説明されているように、返されるタスクに記録されます。If the containing function is an async function, control is returned to the current caller, and the result value, if any, is recorded in the return task as described in (Enumerator interfaces).

ステートメントはreturn無条件で制御を別の場所に転送するのreturnで、ステートメントのエンドポイントに到達できません。Because a return statement unconditionally transfers control elsewhere, the end point of a return statement is never reachable.

Throw ステートメントThe throw statement

ステートメントthrowが例外をスローします。The throw statement throws an exception.

throw_statement
    : 'throw' expression? ';'
    ;

式を含むステートメントでは、式を評価することによって生成される値がスローされます。 throwA throw statement with an expression throws the value produced by evaluating the expression. 式は、クラスSystem.Exception型の値を表す必要があります。これは、またはサブクラスを持つSystem.Exception型パラメーター型からSystem.Exception 、有効な基本クラスとして派生するクラス型の値を表します。The expression must denote a value of the class type System.Exception, of a class type that derives from System.Exception or of a type parameter type that has System.Exception (or a subclass thereof) as its effective base class. 式の評価によってnull System.NullReferenceExceptionが生成される場合は、代わりにがスローされます。If evaluation of the expression produces null, a System.NullReferenceException is thrown instead.

式が指定されていないcatch catchステートメントは、ブロック内でのみ使用できます。その場合、ステートメントは、現在そのブロックによって処理されている例外を再スローします。 throwA throw statement with no expression can be used only in a catch block, in which case that statement re-throws the exception that is currently being handled by that catch block.

ステートメントはthrow無条件で制御を別の場所に転送するのthrowで、ステートメントのエンドポイントに到達できません。Because a throw statement unconditionally transfers control elsewhere, the end point of a throw statement is never reachable.

例外がスローされると、その例外を処理できるcatch外側tryのステートメント内の最初の句に制御が移ります。When an exception is thrown, control is transferred to the first catch clause in an enclosing try statement that can handle the exception. 適切な例外ハンドラーに制御を転送するポイントにスローされた例外の発生点から実行されるプロセスは、例外の伝達と呼ばれます。The process that takes place from the point of the exception being thrown to the point of transferring control to a suitable exception handler is known as exception propagation. 例外の伝達は、例外に一致するcatch句が見つかるまで、次の手順を繰り返し評価することで構成されます。Propagation of an exception consists of repeatedly evaluating the following steps until a catch clause that matches the exception is found. この説明では、最初にスローポイントが例外がスローされる場所です。In this description, the throw point is initially the location at which the exception is thrown.

  • 現在の関数メンバーでは、 tryスローポイントを囲む各ステートメントが検査されます。In the current function member, each try statement that encloses the throw point is examined. ステートメントSごとに、最も内側tryのステートメントで始まり、最も外側tryのステートメントで終了すると、次の手順が評価されます。For each statement S, starting with the innermost try statement and ending with the outermost try statement, the following steps are evaluated:

    • trycatch catchブロックがスローポイントを囲む場合、S に1つ以上の句が含まれている場合は、「」で指定されている規則に従って、例外に適したハンドラーを検索するために、表示順に句が調べられます。 STry ステートメントのセクションです。If the try block of S encloses the throw point and if S has one or more catch clauses, the catch clauses are examined in order of appearance to locate a suitable handler for the exception, according to the rules specified in Section The try statement. 一致catchする句が見つかった場合は、そのcatch句のブロックに制御を移すことによって、例外の伝達が完了します。If a matching catch clause is located, the exception propagation is completed by transferring control to the block of that catch clause.

    • それ以外の場合try 、ブロックcatchまたはのSブロックがスローポイントをfinally囲むS場合、およびにブロックがある場合はfinally 、制御がブロックに転送されます。Otherwise, if the try block or a catch block of S encloses the throw point and if S has a finally block, control is transferred to the finally block. ブロックでfinally別の例外がスローされた場合、現在の例外の処理は終了します。If the finally block throws another exception, processing of the current exception is terminated. それ以外の場合、コントロールがfinallyブロックの終点に到達すると、現在の例外の処理が続行されます。Otherwise, when control reaches the end point of the finally block, processing of the current exception is continued.

  • 現在の関数呼び出しで例外ハンドラーが見つからなかった場合は、関数の呼び出しが終了し、次のいずれかが発生します。If an exception handler was not located in the current function invocation, the function invocation is terminated, and one of the following occurs:

    • 現在の関数が非同期でない場合、上記の手順は関数の呼び出し元に対して、関数メンバーが呼び出されたステートメントに対応する throw ポイントを使用して繰り返されます。If the current function is non-async, the steps above are repeated for the caller of the function with a throw point corresponding to the statement from which the function member was invoked.

    • 現在の関数が非同期でタスクを返す場合、例外は return タスクに記録されます。これは、「列挙子インターフェイス」で説明されているように、エラーまたはキャンセル状態になります。If the current function is async and task-returning, the exception is recorded in the return task, which is put into a faulted or cancelled state as described in Enumerator interfaces.

    • 現在の関数が async および void を返す場合、現在のスレッドの同期コンテキストは、「列挙可能なインターフェイス」で説明されているように通知されます。If the current function is async and void-returning, the synchronization context of the current thread is notified as described in Enumerable interfaces.

  • 例外処理によって、現在のスレッドのすべての関数メンバー呼び出しが終了し、そのスレッドに例外のハンドラーがないことが示された場合、そのスレッド自体は終了します。If the exception processing terminates all function member invocations in the current thread, indicating that the thread has no handler for the exception, then the thread is itself terminated. このような終了の影響は、実装によって定義されます。The impact of such termination is implementation-defined.

Try ステートメントThe try statement

ステートメントtryは、ブロックの実行中に発生した例外をキャッチするためのメカニズムを提供します。The try statement provides a mechanism for catching exceptions that occur during execution of a block. さらにtry 、ステートメントを使用すると、コントロールがステートメントから出たときに常に実行されるコードブロックをtry指定できます。Furthermore, the try statement provides the ability to specify a block of code that is always executed when control leaves the try statement.

try_statement
    : 'try' block catch_clause+
    | 'try' block finally_clause
    | 'try' block catch_clause+ finally_clause
    ;

catch_clause
    : 'catch' exception_specifier? exception_filter?  block
    ;

exception_specifier
    : '(' type identifier? ')'
    ;

exception_filter
    : 'when' '(' expression ')'
    ;

finally_clause
    : 'finally' block
    ;

ステートメントには、次のtry 3 つの形式があります。There are three possible forms of try statements:

  • ブロックtryの後に1つcatch以上のブロックが続きます。A try block followed by one or more catch blocks.
  • ブロックtryの後finallyにブロックが続く。A try block followed by a finally block.
  • ブロックtryの後に1つcatch以上のブロックが続きfinally 、その後にブロックが続きます。A try block followed by one or more catch blocks followed by a finally block.

@No__t-0 句でexception_specifierが指定 @no__t されている場合、型は、System.Exception から派生した型、または有効な基本クラスとして System.Exception (またはサブクラス) を持つ型パラメーター型である必要があります。When a catch clause specifies an exception_specifier, the type must be System.Exception, a type that derives from System.Exception or a type parameter type that has System.Exception (or a subclass thereof) as its effective base class.

@No__t-0 句が識別子を持つexception_specifierの両方を指定すると、指定された名前と型の例外変数が宣言されます。When a catch clause specifies both an exception_specifier with an identifier, an exception variable of the given name and type is declared. 例外変数は、 catch句を超えてスコープを持つローカル変数に対応します。The exception variable corresponds to a local variable with a scope that extends over the catch clause. Exception_filterblockの実行中、例外変数は現在処理中の例外を表します。During execution of the exception_filter and block, the exception variable represents the exception currently being handled. 明確な割り当てチェックの目的では、例外変数はスコープ全体で確実に割り当てられていると見なされます。For purposes of definite assignment checking, the exception variable is considered definitely assigned in its entire scope.

句にcatch例外変数名が含まれていない限り、フィルターおよびcatchブロック内の例外オブジェクトにアクセスすることはできません。Unless a catch clause includes an exception variable name, it is impossible to access the exception object in the filter and catch block.

Exception_specifierを指定しない @no__t 0 句は、general catch 句と呼ばれます。A catch clause that does not specify an exception_specifier is called a general catch clause.

一部のプログラミング言語は、からSystem.Exception派生したオブジェクトとして表現できない例外をサポートする場合がありますが、このような例外はコードによってC#生成されることはありません。Some programming languages may support exceptions that are not representable as an object derived from System.Exception, although such exceptions could never be generated by C# code. 一般的catchな句は、このような例外をキャッチするために使用できます。A general catch clause may be used to catch such exceptions. したがって、一般的catchな句は、型System.Exceptionを指定するものとは意味が異なります。つまり、前者は他の言語からも例外をキャッチする可能性があります。Thus, a general catch clause is semantically different from one that specifies the type System.Exception, in that the former may also catch exceptions from other languages.

例外のハンドラーを見つけるために、 catch句は構文の順序で検証されます。In order to locate a handler for an exception, catch clauses are examined in lexical order. 句に型が指定されていても例外フィルターがない場合は、同じtryステートメント内catchの後の句で、その型と同じか、またはその型から派生した型を指定するコンパイル時エラーになります。 catchIf a catch clause specifies a type but no exception filter, it is a compile-time error for a later catch clause in the same try statement to specify a type that is the same as, or is derived from, that type. 句にcatch型が指定されておらず、フィルターもない場合catchは、そのtryステートメントの最後の句である必要があります。If a catch clause specifies no type and no filter, it must be the last catch clause for that try statement.

ブロック内ではthrow 、式のないステートメント (throw ステートメント) を使用して、 catchブロックでキャッチされた例外を再スローできます。 catchWithin a catch block, a throw statement (The throw statement) with no expression can be used to re-throw the exception that was caught by the catch block. 例外変数への代入では、再スローされた例外は変更されません。Assignments to an exception variable do not alter the exception that is re-thrown.

この例では、In the example

using System;

class Test
{
    static void F() {
        try {
            G();
        }
        catch (Exception e) {
            Console.WriteLine("Exception in F: " + e.Message);
            e = new Exception("F");
            throw;                // re-throw
        }
    }

    static void G() {
        throw new Exception("G");
    }

    static void Main() {
        try {
            F();
        }
        catch (Exception e) {
            Console.WriteLine("Exception in Main: " + e.Message);
        }
    }
}

メソッドFは、例外をキャッチし、いくつかの診断情報をコンソールに書き込み、例外変数を変更して、例外を再スローします。the method F catches an exception, writes some diagnostic information to the console, alters the exception variable, and re-throws the exception. 再スローされる例外は元の例外なので、生成される出力は次のようになります。The exception that is re-thrown is the original exception, so the output produced is:

Exception in F: G
Exception in Main: G

現在の例外を再スローするeのではなく、最初の catch ブロックがスローされた場合、生成される出力は次のようになります。If the first catch block had thrown e instead of rethrowing the current exception, the output produced would be as follows:

Exception in F: G
Exception in Main: F

break、、またcontinuegotoステートメントがfinallyブロックの外部で制御を転送する場合、コンパイル時エラーになります。It is a compile-time error for a break, continue, or goto statement to transfer control out of a finally block. break finally 、 、continueまたはgotoステートメントがブロック内にある場合、ステートメントのターゲットは同じブロック内になければなりません。それ以外の場合は、finallyコンパイル時エラーが発生します。When a break, continue, or goto statement occurs in a finally block, the target of the statement must be within the same finally block, or otherwise a compile-time error occurs.

returnステートメントがfinallyブロック内で発生する場合、コンパイル時エラーになります。It is a compile-time error for a return statement to occur in a finally block.

tryステートメントは次のように実行されます。A try statement is executed as follows:

  • コントロールはtryブロックに転送されます。Control is transferred to the try block.

  • コントロールがtryブロックの終点に到達した場合は、次のようになります。When and if control reaches the end point of the try block:

    • ステートメントにブロックがある場合は、ブロックが実行されます。finally finally tryIf the try statement has a finally block, the finally block is executed.
    • 制御は、 tryステートメントのエンドポイントに転送されます。Control is transferred to the end point of the try statement.
  • ブロックの実行中に例外がtryステートメントに反映される場合は、次のようになります。 tryIf an exception is propagated to the try statement during execution of the try block:

    • catch (存在する場合) は、例外に適したハンドラーを見つけるために、表示順に調べられます。The catch clauses, if any, are examined in order of appearance to locate a suitable handler for the exception. catch句が型を指定しない場合、または例外の種類または例外の種類の基本型を指定する場合は、次のようになります。If a catch clause does not specify a type, or specifies the exception type or a base type of the exception type:
      • 句でcatch例外変数が宣言されている場合、例外オブジェクトは例外変数に割り当てられます。If the catch clause declares an exception variable, the exception object is assigned to the exception variable.
      • 句でcatch例外フィルターを宣言すると、フィルターが評価されます。If the catch clause declares an exception filter, the filter is evaluated. と評価falseされた場合、catch 句は一致しないため、適切なハンドラーの後続catchの句の中で検索が続行されます。If it evaluates to false, the catch clause is not a match, and the search continues through any subsequent catch clauses for a suitable handler.
      • それ以外のcatch場合、句は一致と見なされ、制御は一致catchするブロックに転送されます。Otherwise, the catch clause is considered a match, and control is transferred to the matching catch block.
      • コントロールがcatchブロックの終点に到達した場合は、次のようになります。When and if control reaches the end point of the catch block:
        • ステートメントにブロックがある場合は、ブロックが実行されます。finally finally tryIf the try statement has a finally block, the finally block is executed.
        • 制御は、 tryステートメントのエンドポイントに転送されます。Control is transferred to the end point of the try statement.
      • ブロックの実行中に例外がtryステートメントに反映される場合は、次のようになります。 catchIf an exception is propagated to the try statement during execution of the catch block:
        • ステートメントにブロックがある場合は、ブロックが実行されます。finally finally tryIf the try statement has a finally block, the finally block is executed.
        • 例外は、次の外側tryのステートメントに反映されます。The exception is propagated to the next enclosing try statement.
    • ステートメントにtry catch句が含まれていないcatch場合、または句が例外に一致しない場合は、次のようになります。If the try statement has no catch clauses or if no catch clause matches the exception:
      • ステートメントにブロックがある場合は、ブロックが実行されます。finally finally tryIf the try statement has a finally block, the finally block is executed.
      • 例外は、次の外側tryのステートメントに反映されます。The exception is propagated to the next enclosing try statement.

コントロールがステートメントをfinally try離れると、常にブロックのステートメントが実行されます。The statements of a finally block are always executed when control leaves a try statement. breakこれはcontinue try 、、、 return 、またはステートメントを実行した結果として、通常の実行の結果として制御転送が行われるか、または、例外がgoto諸表.This is true whether the control transfer occurs as a result of normal execution, as a result of executing a break, continue, goto, or return statement, or as a result of propagating an exception out of the try statement.

finallyブロックの実行中に例外がスローされ、同じ finally ブロック内でキャッチされない場合、例外は次の外側tryのステートメントに反映されます。If an exception is thrown during execution of a finally block, and is not caught within the same finally block, the exception is propagated to the next enclosing try statement. 別の例外が伝達の処理中であった場合、その例外は失われます。If another exception was in the process of being propagated, that exception is lost. 例外を反映するプロセスについては、 throwステートメントの説明 (throw ステートメント) でさらに説明します。The process of propagating an exception is discussed further in the description of the throw statement (The throw statement).

ステートメントtryに到達できるtry場合try 、ステートメントのブロックに到達できます。The try block of a try statement is reachable if the try statement is reachable.

ステートメントに到達できるtry場合try 、ステートメントのブロックに到達できます。catchA catch block of a try statement is reachable if the try statement is reachable.

ステートメントfinallyに到達できるtry場合try 、ステートメントのブロックに到達できます。The finally block of a try statement is reachable if the try statement is reachable.

次の両方に該当tryする場合は、ステートメントの終了位置に到達できます。The end point of a try statement is reachable if both of the following are true:

  • tryブロックの終点に到達可能であるか、少なくとも1つcatchのブロックのエンドポイントに到達できる。The end point of the try block is reachable or the end point of at least one catch block is reachable.
  • ブロックがfinally存在する場合は、 finallyブロックのエンドポイントに到達できます。If a finally block is present, the end point of the finally block is reachable.

Checked ステートメントと unchecked ステートメントThe checked and unchecked statements

checked およびuncheckedステートメントは、整数型の算術演算および変換のオーバーフローチェックコンテキストを制御するために使用されます。The checked and unchecked statements are used to control the overflow checking context for integral-type arithmetic operations and conversions.

checked_statement
    : 'checked' block
    ;

unchecked_statement
    : 'unchecked' block
    ;

ステートメントにより、ブロック内のすべての式が checked uncheckedコンテキストで評価され、ステートメントによってブロック内のすべての式が unchecked コンテキストで評価されます。 checkedThe checked statement causes all expressions in the block to be evaluated in a checked context, and the unchecked statement causes all expressions in the block to be evaluated in an unchecked context.

checked unchecked ステートメントとステートメントは、式ではなくブロックで動作する点を除いて、and 演算子 (checked および unchecked 演算子) とまったく同じです。 checked uncheckedThe checked and unchecked statements are precisely equivalent to the checked and unchecked operators (The checked and unchecked operators), except that they operate on blocks instead of expressions.

Lock ステートメントThe lock statement

ステートメントlockは、指定されたオブジェクトの相互排他ロックを取得し、ステートメントを実行してから、ロックを解放します。The lock statement obtains the mutual-exclusion lock for a given object, executes a statement, and then releases the lock.

lock_statement
    : 'lock' '(' expression ')' embedded_statement
    ;

@No__t-0 ステートメントの式は、 reference_typeであることがわかっている型の値を示す必要があります。The expression of a lock statement must denote a value of a type known to be a reference_type. @No__t-1 ステートメントの式に対しては、暗黙的なボックス変換 (ボックス化変換) は行われません。したがって、式がvalue_typeの値を示すためにコンパイル時にエラーが発生します。No implicit boxing conversion (Boxing conversions) is ever performed for the expression of a lock statement, and thus it is a compile-time error for the expression to denote a value of a value_type.

フォームlockのステートメントA lock statement of the form

lock (x) ...

ここで xreference_typeの式であり、とまったく同じです。where x is an expression of a reference_type, is precisely equivalent to

bool __lockWasTaken = false;
try {
    System.Threading.Monitor.Enter(x, ref __lockWasTaken);
    ...
}
finally {
    if (__lockWasTaken) System.Threading.Monitor.Exit(x);
}

ただし、x が評価されるのは 1 回だけです。except that x is only evaluated once.

相互排他ロックが保持されている間、同じ実行スレッドで実行されているコードもロックを取得して解放できます。While a mutual-exclusion lock is held, code executing in the same execution thread can also obtain and release the lock. ただし、他のスレッドで実行されているコードは、ロックが解除されるまでロックを取得できません。However, code executing in other threads is blocked from obtaining the lock until the lock is released.

静的System.Typeデータへのアクセスを同期するためにオブジェクトをロックすることは推奨されません。Locking System.Type objects in order to synchronize access to static data is not recommended. 他のコードは同じ型をロックし、デッドロックが発生する可能性があります。Other code might lock on the same type, which can result in deadlock. より適切な方法は、プライベート静的オブジェクトをロックすることによって、静的データへのアクセスを同期することです。A better approach is to synchronize access to static data by locking a private static object. 以下に例を示します。For example:

class Cache
{
    private static readonly object synchronizationObject = new object();

    public static void Add(object x) {
        lock (Cache.synchronizationObject) {
            ...
        }
    }

    public static void Remove(object x) {
        lock (Cache.synchronizationObject) {
            ...
        }
    }
}

using ステートメントThe using statement

ステートメントusingは、1つまたは複数のリソースを取得し、ステートメントを実行してから、リソースを破棄します。The using statement obtains one or more resources, executes a statement, and then disposes of the resource.

using_statement
    : 'using' '(' resource_acquisition ')' embedded_statement
    ;

resource_acquisition
    : local_variable_declaration
    | expression
    ;

リソースとは、を実装System.IDisposableするクラスまたは構造体です。これには、という名前Disposeのパラメーターなしのメソッドが1つ含まれます。A resource is a class or struct that implements System.IDisposable, which includes a single parameterless method named Dispose. リソースを使用しているコードはDispose 、リソースが不要になったことを示すためにを呼び出すことができます。Code that is using a resource can call Dispose to indicate that the resource is no longer needed. Dispose呼び出されていない場合は、ガベージコレクションの結果として、最終的に自動破棄が行われます。If Dispose is not called, then automatic disposal eventually occurs as a consequence of garbage collection.

Resource_acquisitionの形式がlocal_variable_declarationの場合、 local_variable_declarationの型は dynamic であるか、または暗黙的に System.IDisposable に変換できる型である必要があります。If the form of resource_acquisition is local_variable_declaration then the type of the local_variable_declaration must be either dynamic or a type that can be implicitly converted to System.IDisposable. Resource_acquisitionの形式がexpressionの場合、この式は、暗黙的に System.IDisposable に変換可能である必要があります。If the form of resource_acquisition is expression then this expression must be implicitly convertible to System.IDisposable.

Resource_acquisitionで宣言されたローカル変数は読み取り専用であり、初期化子を含める必要があります。Local variables declared in a resource_acquisition are read-only, and must include an initializer. 埋め込みステートメントがこれらの++ローカル変数 (代入--演算子または演算子を使用して) を変更しようとした場合、コンパイル時エラーが発生した場合outは、それらの変数のアドレスを受け取るか、またはパラメーターとしてref渡します。A compile-time error occurs if the embedded statement attempts to modify these local variables (via assignment or the ++ and -- operators) , take the address of them, or pass them as ref or out parameters.

usingステートメントは、取得、使用、および破棄という3つの部分に変換されます。A using statement is translated into three parts: acquisition, usage, and disposal. リソースの使用は、句をtry finally含むステートメントで暗黙的に囲まれます。Usage of the resource is implicitly enclosed in a try statement that includes a finally clause. このfinally句はリソースを破棄します。This finally clause disposes of the resource. リソースが取得された場合、へDisposeの呼び出しは行われず、例外はスローされません。 nullIf a null resource is acquired, then no call to Dispose is made, and no exception is thrown. リソースの種類dynamicがである場合は、使用前に変換が成功したことを確認するIDisposableために、暗黙的な動的変換 (暗黙の動的変換) によって取得時に動的に変換されます。処分.If the resource is of type dynamic it is dynamically converted through an implicit dynamic conversion (Implicit dynamic conversions) to IDisposable during acquisition in order to ensure that the conversion is successful before the usage and disposal.

フォームusingのステートメントA using statement of the form

using (ResourceType resource = expression) statement

考えられる3つの展開のいずれかに対応します。corresponds to one of three possible expansions. ResourceType null 非許容の値型である場合、拡張はWhen ResourceType is a non-nullable value type, the expansion is

{
    ResourceType resource = expression;
    try {
        statement;
    }
    finally {
        ((IDisposable)resource).Dispose();
    }
}

それ以外のResourceType場合、が null 許容値型または以外dynamicの参照型である場合、展開はOtherwise, when ResourceType is a nullable value type or a reference type other than dynamic, the expansion is

{
    ResourceType resource = expression;
    try {
        statement;
    }
    finally {
        if (resource != null) ((IDisposable)resource).Dispose();
    }
}

それ以外のResourceType場合dynamic、がの場合、拡張はOtherwise, when ResourceType is dynamic, the expansion is

{
    ResourceType resource = expression;
    IDisposable d = (IDisposable)resource;
    try {
        statement;
    }
    finally {
        if (d != null) d.Dispose();
    }
}

どちらの展開でもresource 、埋め込みステートメントdでは変数が読み取り専用になり、埋め込みステートメントでは変数にアクセスできず、非表示になります。In either expansion, the resource variable is read-only in the embedded statement, and the d variable is inaccessible in, and invisible to, the embedded statement.

実装では、指定された using ステートメントを異なる方法で実装することができます。たとえば、パフォーマンス上の理由から、動作が上記の拡張と一致している場合に限ります。An implementation is permitted to implement a given using-statement differently, e.g. for performance reasons, as long as the behavior is consistent with the above expansion.

フォームusingのステートメントA using statement of the form

using (expression) statement

では、3つの展開が可能です。has the same three possible expansions. この場合ResourceType 、は、暗黙的にのコンパイル時の型expressionです (存在する場合)。In this case ResourceType is implicitly the compile-time type of the expression, if it has one. それ以外のIDisposable場合は、 ResourceTypeインターフェイス自体がとして使用されます。Otherwise the interface IDisposable itself is used as the ResourceType. resource変数は、埋め込みステートメントではアクセスできず、非表示になります。The resource variable is inaccessible in, and invisible to, the embedded statement.

Resource_acquisitionlocal_variable_declarationの形式を取る場合、特定の種類のリソースを複数取得することができます。When a resource_acquisition takes the form of a local_variable_declaration, it is possible to acquire multiple resources of a given type. フォームusingのステートメントA using statement of the form

using (ResourceType r1 = e1, r2 = e2, ..., rN = eN) statement

は、入れ子になっusingたステートメントのシーケンスとまったく同じです。is precisely equivalent to a sequence of nested using statements:

using (ResourceType r1 = e1)
    using (ResourceType r2 = e2)
        ...
            using (ResourceType rN = eN)
                statement

次の例では、とlog.txtいう名前のファイルを作成し、ファイルに2行のテキストを書き込みます。The example below creates a file named log.txt and writes two lines of text to the file. この例では、同じファイルを読み取り用に開き、含まれているテキスト行をコンソールにコピーします。The example then opens that same file for reading and copies the contained lines of text to the console.

using System;
using System.IO;

class Test
{
    static void Main() {
        using (TextWriter w = File.CreateText("log.txt")) {
            w.WriteLine("This is line one");
            w.WriteLine("This is line two");
        }

        using (TextReader r = File.OpenText("log.txt")) {
            string s;
            while ((s = r.ReadLine()) != null) {
                Console.WriteLine(s);
            }

        }
    }
}

クラスとTextWriter TextReaderクラスはIDisposableインターフェイスを実装するため、この例usingではステートメントを使用して、書き込み操作または読み取り操作の後で、基になるファイルが適切に閉じられるようにすることができます。Since the TextWriter and TextReader classes implement the IDisposable interface, the example can use using statements to ensure that the underlying file is properly closed following the write or read operations.

Yield ステートメントThe yield statement

このyieldステートメントは、反復子オブジェクト (列挙子オブジェクト) または反復子の列挙可能なオブジェクト (列挙可能オブジェクト)に値を生成したり、反復処理の終了を通知したりするために、反復子ブロック (ブロック) で使用されます。The yield statement is used in an iterator block (Blocks) to yield a value to the enumerator object (Enumerator objects) or enumerable object (Enumerable objects) of an iterator or to signal the end of the iteration.

yield_statement
    : 'yield' 'return' expression ';'
    | 'yield' 'break' ';'
    ;

yieldは予約語ではありません。またはreturn breakキーワードの直前に使用された場合にのみ、特別な意味を持ちます。yield is not a reserved word; it has special meaning only when used immediately before a return or break keyword. 他のコンテキストでyieldは、を識別子として使用できます。In other contexts, yield can be used as an identifier.

次に示すように、ステートメントyieldを表示できる場所にはいくつかの制限があります。There are several restrictions on where a yield statement can appear, as described in the following.

  • @No__t-0 ステートメント (いずれかの形式) がmethod_bodyoperator_body 、またはaccessor_bodyの外部に表示される場合、コンパイル時エラーになります。It is a compile-time error for a yield statement (of either form) to appear outside a method_body, operator_body or accessor_body
  • yieldステートメント (いずれかの形式) が匿名関数内に出現する場合、コンパイル時エラーになります。It is a compile-time error for a yield statement (of either form) to appear inside an anonymous function.
  • ステートメントがyield ステートメントtryfinally句に記述されている場合は、コンパイル時にエラーになります。It is a compile-time error for a yield statement (of either form) to appear in the finally clause of a try statement.
  • yield returnステートメントがtry 任意catchの句を含むステートメント内の任意の場所に出現する場合、コンパイル時エラーになります。It is a compile-time error for a yield return statement to appear anywhere in a try statement that contains any catch clauses.

次の例では、ステートメントのyield有効な使用方法と無効な使用方法を示します。The following example shows some valid and invalid uses of yield statements.

delegate IEnumerable<int> D();

IEnumerator<int> GetEnumerator() {
    try {
        yield return 1;        // Ok
        yield break;           // Ok
    }
    finally {
        yield return 2;        // Error, yield in finally
        yield break;           // Error, yield in finally
    }

    try {
        yield return 3;        // Error, yield return in try...catch
        yield break;           // Ok
    }
    catch {
        yield return 4;        // Error, yield return in try...catch
        yield break;           // Ok
    }

    D d = delegate { 
        yield return 5;        // Error, yield in an anonymous function
    }; 
}

int MyMethod() {
    yield return 1;            // Error, wrong return type for an iterator block
}

暗黙的な変換 (暗黙yield return変換) は、ステートメント内の式の型から、反復子の yield 型 (yield 型) に存在する必要があります。An implicit conversion (Implicit conversions) must exist from the type of the expression in the yield return statement to the yield type (Yield type) of the iterator.

yield returnステートメントは次のように実行されます。A yield return statement is executed as follows:

  • ステートメントで指定された式が評価され、暗黙的に yield 型に変換されCurrent 、列挙子オブジェクトのプロパティに割り当てられます。The expression given in the statement is evaluated, implicitly converted to the yield type, and assigned to the Current property of the enumerator object.
  • 反復子ブロックの実行が中断されています。Execution of the iterator block is suspended. ステートメントが1つtry以上のブロック内にある場合、 finally関連付けられたブロックは現時点では実行されません。 yield returnIf the yield return statement is within one or more try blocks, the associated finally blocks are not executed at this time.
  • 列挙MoveNext子オブジェクトのメソッドは、 trueその呼び出し元にを返します。これは、列挙子オブジェクトが次の項目に正常に進んだことを示します。The MoveNext method of the enumerator object returns true to its caller, indicating that the enumerator object successfully advanced to the next item.

次に列挙子オブジェクトのMoveNextメソッドを呼び出すと、最後に中断された位置から反復子ブロックの実行が再開されます。The next call to the enumerator object's MoveNext method resumes execution of the iterator block from where it was last suspended.

yield breakステートメントは次のように実行されます。A yield break statement is executed as follows:

  • finally try tryステートメントが、関連付けられたfinallyブロックがある1つ以上のブロックによって囲まれている場合、最初にコントロールが最も内側のステートメントのブロックに転送されます。 yield breakIf the yield break statement is enclosed by one or more try blocks with associated finally blocks, control is initially transferred to the finally block of the innermost try statement. コントロールがfinallyブロックの終点に到達した場合、コントロールは次の外側tryfinallyステートメントのブロックに転送されます。When and if control reaches the end point of a finally block, control is transferred to the finally block of the next enclosing try statement. このプロセスは、 finally外側tryのすべてのステートメントのブロックが実行されるまで繰り返されます。This process is repeated until the finally blocks of all enclosing try statements have been executed.
  • コントロールは、反復子ブロックの呼び出し元に返されます。Control is returned to the caller of the iterator block. これは、列挙MoveNext子オブジェクトDisposeのメソッドまたはメソッドのいずれかです。This is either the MoveNext method or Dispose method of the enumerator object.

ステートメントはyield break無条件で制御を別の場所に転送するのyield breakで、ステートメントのエンドポイントに到達できません。Because a yield break statement unconditionally transfers control elsewhere, the end point of a yield break statement is never reachable.