#elif (C# リファレンス)#elif (C# Reference)

#elif を使用すると、複合条件付きディレクティブを作成できます。#elif lets you create a compound conditional directive. #elif 式が評価されるのは、先行するディレクティブ式 #if および #elif (オプション) が true と評価されなかった場合です。The #elif expression will be evaluated if neither the preceding #if nor any preceding, optional, #elif directive expressions evaluate to true. #elif 式が true と評価された場合は、#elif と次の条件付きディレクティブの間にあるすべてのコードが、コンパイラによって評価されます。If a #elif expression evaluates to true, the compiler evaluates all the code between the #elif and the next conditional directive. 次に例を示します。For example:

#define VC7  
//...  
#if debug  
    Console.WriteLine("Debug build");  
#elif VC7  
    Console.WriteLine("Visual Studio 7");  
#endif  

複数のシンボルを評価するときには、== (等値)、!= (非等値)、&& (AND)、および || (OR) の演算子を使用できます。You can use the operators == (equality), != (inequality), && (and), and || (or), to evaluate multiple symbols. シンボルと演算子は、かっこを使用してグループ化できます。You can also group symbols and operators with parentheses.

コメントRemarks

#elif では、次のように記述した場合と同じ結果が得られます。#elif is equivalent to using:

#else  
#if  

#elif を使用する方が簡単です。#if には対になる #endif が必要ですが、#elif では対応する #endif が不要なためです。Using #elif is simpler, because each #if requires a #endif, whereas a #elif can be used without a matching #endif.

#elif の使用例については、「#if」を参照してください。See #if for an example of how to use #elif.

関連項目See also