名前付きメソッドを使用したデリゲートと匿名メソッド (C# プログラミング ガイド)Delegates with Named vs. Anonymous Methods (C# Programming Guide)

デリゲートは、名前付きメソッドに関連付けることができます。A delegate can be associated with a named method. 名前付きメソッドを使用してデリゲートをインスタンス化するときは、次のように、そのメソッドをパラメーターとして渡します。When you instantiate a delegate by using a named method, the method is passed as a parameter, for example:

// Declare a delegate:
delegate void Del(int x);

// Define a named method:
void DoWork(int k) { /* ... */ }

// Instantiate the delegate using the method as a parameter:
Del d = obj.DoWork;

これを名前付きメソッドの使用といいます。This is called using a named method. 名前付きメソッドで作成されたデリゲートは、静的メソッドまたはインスタンス メソッドのいずれかでカプセル化できます。Delegates constructed with a named method can encapsulate either a static method or an instance method. 旧バージョンの C# では、デリゲートをインスタンス化するには、名前付きメソッドを使用するしかありませんが、Named methods are the only way to instantiate a delegate in earlier versions of C#. 新しいメソッドを作成するのが、オーバーヘッドの点で望ましくない場合は、C# でデリゲートをインスタンス化し、そのデリゲートが呼び出されたときに処理するコード ブロックを直接指定できます。However, in a situation where creating a new method is unwanted overhead, C# enables you to instantiate a delegate and immediately specify a code block that the delegate will process when it is called. ブロックには、ラムダ式または匿名メソッドのいずれかを含めることができます。The block can contain either a lambda expression or an anonymous method. 詳細については、匿名関数に関するページをご覧ください。For more information, see Anonymous Functions.

解説Remarks

デリゲート パラメーターとして渡すメソッドには、デリゲート宣言と同じシグネチャが必要です。The method that you pass as a delegate parameter must have the same signature as the delegate declaration.

デリゲート インスタンスがカプセル化できるのは、静的メソッドまたはインスタンス メソッドのいずれかです。A delegate instance may encapsulate either static or instance method.

デリゲートは out パラメーターを使用できますが、マルチキャスト イベント デリゲートでこのパラメーターを使用することはお勧めしません。どのデリゲートが呼び出されるかわからないためです。Although the delegate can use an out parameter, we do not recommend its use with multicast event delegates because you cannot know which delegate will be called.

例 1Example 1

次のシンプルな例では、デリゲートを宣言して使用します。The following is a simple example of declaring and using a delegate. デリゲート Del とそれに関連付けられているメソッド MultiplyNumbers の両方に同じシグネチャが含まれることに注意してください。Notice that both the delegate, Del, and the associated method, MultiplyNumbers, have the same signature

// Declare a delegate
delegate void Del(int i, double j);

class MathClass
{
    static void Main()
    {
        MathClass m = new MathClass();

        // Delegate instantiation using "MultiplyNumbers"
        Del d = m.MultiplyNumbers;

        // Invoke the delegate object.
        System.Console.WriteLine("Invoking the delegate using 'MultiplyNumbers':");
        for (int i = 1; i <= 5; i++)
        {
            d(i, 2);
        }

        // Keep the console window open in debug mode.
        System.Console.WriteLine("Press any key to exit.");
        System.Console.ReadKey();
    }

    // Declare the associated method.
    void MultiplyNumbers(int m, double n)
    {
        System.Console.Write(m * n + " ");
    }
}
/* Output:
    Invoking the delegate using 'MultiplyNumbers':
    2 4 6 8 10
*/

例 2Example 2

次の例では、1 つのデリゲートを静的メソッドとインスタンス メソッドの両方に割り当て、各メソッドから特定の情報を戻します。In the following example, one delegate is mapped to both static and instance methods and returns specific information from each.

// Declare a delegate
delegate void Del();

class SampleClass
{
    public void InstanceMethod()
    {
        System.Console.WriteLine("A message from the instance method.");
    }

    static public void StaticMethod()
    {
        System.Console.WriteLine("A message from the static method.");
    }
}

class TestSampleClass
{
    static void Main()
    {
        SampleClass sc = new SampleClass();

        // Map the delegate to the instance method:
        Del d = sc.InstanceMethod;
        d();

        // Map to the static method:
        d = SampleClass.StaticMethod;
        d();
    }
}
/* Output:
    A message from the instance method.
    A message from the static method.
*/

関連項目See also