<ipv6> 要素 (ネットワーク設定)<ipv6> Element (Network Settings)

クラスの互換性のために残されているメンバーからのインターネットプロトコルバージョン 6 (IPv6) 応答を有効に Dns します。Enables Internet Protocol version 6 (IPv6) responses from obsolete members of the Dns class.

<configuration>
  <system.net>
    <settings>
      <ipv6>

構文Syntax

<ipv6  
  enabled="true|false"  
/>  

属性および要素Attributes and Elements

以降のセクションでは、属性、子要素、および親要素について説明します。The following sections describe attributes, child elements, and parent elements.

属性Attributes

属性Attribute 説明Description
enabled クラスのメンバーが Dns インターネットプロトコルバージョン 6 (IPv6) アドレスを返すかどうかを指定します。Specifies whether members of the Dns class return Internet Protocol version 6 (IPv6) addresses. 既定値は false です。The default value is false.

子要素Child Elements

なし。None.

親要素Parent Elements

要素Element 説明Description
設定settings System.Net 名前空間の基本的なネットワーク オプションを構成します。Configures basic network options for the System.Net namespace.

解説Remarks

この設定により、クラスの廃止されたメンバー (、、、、、 Dns BeginGetHostByName BeginResolve EndGetHostByName EndResolve GetHostByAddress GetHostByName 、および Resolve ) の IPv6 サポートが有効になります。This setting enables IPv6 support for the obsolete members of the Dns class: BeginGetHostByName, BeginResolve, EndGetHostByName, EndResolve, GetHostByAddress, GetHostByName, and Resolve. 名前空間のその他のメンバーについては System.Net 、オペレーティングシステムで ipv6 が有効になっている場合、ipv6 アドレスが返されることがあります。For other members of the System.Net namespace, IPv6 addresses may be returned if IPv6 is enabled in the operating system.

構成ファイルConfiguration Files

この要素は、アプリケーション構成ファイルまたはマシン構成ファイル (Machine.config) で使用できます。This element can be used in the application configuration file or the machine configuration file (Machine.config).

Example

次の例では、クラスの IPv6 サポートを有効にする方法を示し Dns ます。The following example shows how to enable IPv6 support for the Dns class.

<configuration>  
  <system.net>  
    <settings>  
      <ipv6 enabled="true"/>  
    </settings>  
  </system.net>  
</configuration>  

関連項目See also