<proxy> 要素 (ネットワーク設定)<proxy> Element (Network Settings)

プロキシ サーバーを定義します。Defines a proxy server.

<configuration><configuration>
<system.net><system.net>
<defaultProxy><defaultProxy>
<proxy><proxy>

構文Syntax

<proxy
  autoDetect="true|false|unspecified" 
  bypassonlocal="true|false|unspecified"
  proxyaddress="uriString"
  scriptLocation="uriString"
  usesystemdefault="true|false|unspecified"
/>

属性および要素Attributes and Elements

以降のセクションでは、属性、子要素、および親要素について説明します。The following sections describe attributes, child elements, and parent elements.

属性Attributes

属性Attribute 説明Description
autoDetect プロキシが自動的に検出されるかどうかを指定します。Specifies whether the proxy is automatically detected. 既定値は unspecified です。The default value is unspecified.
bypassonlocal ローカルリソースに対してプロキシをバイパスするかどうかを指定します。Specifies whether the proxy is bypassed for local resources. ローカルリソースには、ローカルサーバーhttp://localhost( http://loopback、、 http://127.0.0.1または) と、ピリオドなしのhttp://webserverURI () が含まれます。Local resources include the local server (http://localhost, http://loopback, or http://127.0.0.1) and a URI without a period (http://webserver). 既定値は unspecified です。The default value is unspecified.
proxyaddress 使用するプロキシ URI を指定します。Specifies the proxy URI to use.
scriptLocation 構成スクリプトの場所を指定します。Specifies the location of the configuration script. この属性にはbypassonlocal属性を使用しないでください。Do not use the bypassonlocal attribute with this attribute.
usesystemdefault Internet Explorer のプロキシ設定を使用するかどうかを指定します。Specifies whether to use Internet Explorer proxy settings. に設定するtrueと、それ以降の属性は Internet Explorer のプロキシ設定よりも優先されます。If set to true, subsequent attributes will override Internet Explorer proxy settings. 既定値は unspecified です。The default value is unspecified.

子要素Child Elements

なし。None.

親要素Parent Elements

要素Element 説明Description
defaultProxydefaultProxy ハイパーテキスト転送プロトコル (HTTP: Hypertext Transfer Protocol) プロキシ サーバーを構成します。Configures the Hypertext Transfer Protocol (HTTP) proxy server.

テキスト値Text Value

RemarksRemarks

要素proxyは、アプリケーションのプロキシサーバーを定義します。The proxy element defines a proxy server for an application. この要素が構成ファイルにない場合、.NET Framework は Internet Explorer のプロキシ設定を使用します。If this element is missing from the configuration file, then the .NET Framework will use the proxy settings in Internet Explorer.

proxyaddress属性の値は、整形式の Uniform resource Indicator (URI) である必要があります。The value for the proxyaddress attribute should be a well-formed Uniform Resource Indicator (URI).

属性scriptLocationは、プロキシ構成スクリプトの自動検出を参照します。The scriptLocation attribute refers to the automatic detection of proxy configuration scripts. Internet Explorer で [自動構成スクリプトを使用する] オプションが選択されている場合、クラスは、(通常はwpad.datという名前の)構成スクリプトの検索を試みます。WebProxyThe WebProxy class will attempt to locate a configuration script (usually named Wpad.dat) when the Use automatic configuration script option is selected in Internet Explorer. bypassonlocal任意の値に設定さscriptLocationれている場合、は無視されます。If bypassonlocal is set to any value, scriptLocation is ignored.

バージョン 2.0 usesystemdefaultに移行する .NET Framework バージョン1.1 アプリケーションの場合は、属性を使用します。Use the usesystemdefault attribute for .NET Framework version 1.1 applications that are migrating to version 2.0.

属性が無効な既定のproxyaddressプロキシを指定している場合は、例外がスローされます。An exception is thrown if the proxyaddress attribute specifies an invalid default proxy. 例外の InnerException プロパティに、このエラーの根本原因に関する詳細情報が含まれています。The InnerException property on the exception should have more information about the root cause of the error.

構成ファイルConfiguration Files

この要素は、アプリケーション構成ファイルまたはマシン構成ファイル (Machine.config) で使用できます。This element can be used in the application configuration file or the machine configuration file (Machine.config).

Example

次の例では、Internet Explorer プロキシの既定値を使用して、プロキシアドレスを指定し、ローカルアクセスのためにプロキシをバイパスします。The following example uses the defaults from the Internet Explorer proxy, specifies the proxy address, and bypasses the proxy for local access.

<configuration>  
  <system.net>  
    <defaultProxy>  
      <proxy  
        usesystemdefault="true"  
        proxyaddress="http://192.168.1.10:3128"  
        bypassonlocal="true"  
      />  
    </defaultProxy>  
  </system.net>  
</configuration>  

関連項目See also