<NetFx40_LegacySecurityPolicy > 要素<NetFx40_LegacySecurityPolicy> Element

ランタイムがレガシ コード アクセス セキュリティ (CAS) ポリシーを使用するかどうかを指定します。Specifies whether the runtime uses legacy code access security (CAS) policy.

<configuration><configuration>\ <runtime><runtime>\ <NetFx40_LegacySecurityPolicy><NetFx40_LegacySecurityPolicy>

構文Syntax

<NetFx40_LegacySecurityPolicy
   enabled="true|false"/>

属性および要素Attributes and Elements

以降のセクションでは、属性、子要素、および親要素について説明します。The following sections describe attributes, child elements, and parent elements.

属性Attributes

属性Attribute 説明Description
enabled 必須の属性です。Required attribute.

ランタイムがレガシ CAS ポリシーを使用するかどうかを指定します。Specifies whether the runtime uses legacy CAS policy.

enabled 属性enabled Attribute

Value 説明Description
false ランタイムは、従来の CAS ポリシーを使用しません。The runtime does not use legacy CAS policy. 既定値です。This is the default.
true ランタイムは、従来の CAS ポリシーを使用します。The runtime uses legacy CAS policy.

子要素Child Elements

なし。None.

親要素Parent Elements

要素Element 説明Description
configuration 共通言語ランタイムおよび .NET Framework アプリケーションで使用されるすべての構成ファイルのルート要素です。The root element in every configuration file used by the common language runtime and .NET Framework applications.
runtime ランタイム初期化オプションに関する情報を含んでいます。Contains information about runtime initialization options.

RemarksRemarks

.NET Framework version 3.5 以前のバージョンで、CAS ポリシーは常に影響します。In the .NET Framework version 3.5 and earlier versions, CAS policy is always in effect. .NET Framework 4 では、CAS ポリシーを有効にする必要があります。In the .NET Framework 4, CAS policy must be enabled.

CAS ポリシーは、バージョン固有です。CAS policy is version-specific. .NET Framework の以前のバージョンに存在するカスタムの CAS ポリシーは、.NET Framework 4 で再度指定する必要があります。Custom CAS policies that exist in earlier versions of the .NET Framework must be respecified in the .NET Framework 4.

適用、 <NetFx40_LegacySecurityPolicy> .NET Framework 4 アセンブリへの要素には影響しませんセキュリティ透過的なコード; 透過性規則が引き続き適用されます。Applying the <NetFx40_LegacySecurityPolicy> element to a .NET Framework 4 assembly does not affect security-transparent code; the transparency rules still apply.

重要

適用、<NetFx40_LegacySecurityPolicy>要素により、大幅なパフォーマンスの低下によって作成されたネイティブ イメージ アセンブリ、ネイティブ イメージ ジェネレーター (Ngen.exe)でインストールされていない、グローバル アセンブリ キャッシュ.Applying the <NetFx40_LegacySecurityPolicy> element can result in significant performance penalties for native image assemblies created by the Native Image Generator (Ngen.exe) that are not installed in the global assembly cache. パフォーマンスの低下は、ランタイム属性が適用されるときに、ネイティブ イメージとして、アセンブリを読み込むことができないによる、として、just-in-time でアセンブリが読み込まれる結果的にします。The performance degradation is caused by the inability of the runtime to load the assemblies as native images when the attribute is applied, resulting in their being loaded as just-in-time assemblies.

注意

Visual Studio プロジェクトのプロジェクトの設定で .NET Framework 4 より前であるターゲット .NET Framework のバージョンを指定する場合の CA ポリシーが有効に、そのバージョンの指定した任意のカスタムの CAS ポリシーを含みます。If you specify a target .NET Framework version that is earlier than the .NET Framework 4 in the project settings for your Visual Studio project, CAS policy will be enabled, including any custom CAS policies you specified for that version. ただし、.NET Framework 4 の新しい型とメンバーを使用することはできません。However, you will not be able to use new .NET Framework 4 types and members. 使用して、.NET Framework の以前のバージョンを指定することも、 <supportedRuntime > 要素でスタートアップ設定スキーマで、アプリケーション構成ファイルします。You can also specify an earlier version of the .NET Framework by using the <supportedRuntime> element in the startup settings schema in your application configuration file.

注意

構成ファイルの構文は、大文字小文字を区別します。Configuration file syntax is case-sensitive. 構文と例のセクションで指定された構文を使用する必要があります。You should use the syntax as provided in the Syntax and Example sections.

構成ファイルConfiguration File

この要素は、アプリケーション構成ファイルでのみ使用できます。This element can be used only in the application configuration file.

Example

次の例では、アプリケーションの従来の CAS ポリシーを有効にする方法を示します。The following example shows how to enable legacy CAS policy for an application.

<configuration>
   <runtime>
      <NetFx40_LegacySecurityPolicy enabled="true"/>
   </runtime>
</configuration>

関連項目See also