<probing> 要素<probing> Element

アセンブリの読み込み時に共通言語ランタイムが検索するアプリケーションの基本サブディレクトリを指定します。Specifies application base subdirectories for the common language runtime to search when loading assemblies.

<configuration> <configuration>
   <runtime>   <runtime>
     <assemblyBinding> >     <assemblyBinding>
      <probing>      <probing>

構文Syntax

<probing privatePath="paths"/>  

属性および要素Attributes and Elements

以降のセクションでは、属性、子要素、および親要素について説明します。The following sections describe attributes, child elements, and parent elements.

属性Attributes

属性Attribute 説明Description
privatePath 必須の属性です。Required attribute.

アセンブリを含む可能性のあるアプリケーションのベースディレクトリのサブディレクトリを指定します。Specifies subdirectories of the application's base directory that might contain assemblies. 各サブディレクトリをセミコロンで区切ります。Delimit each subdirectory with a semicolon.

子要素Child Elements

なし。None.

親要素Parent Elements

要素Element 説明Description
assemblyBinding アセンブリ バージョンのリダイレクトおよびアセンブリの位置に関する情報が含まれます。Contains information about assembly version redirection and the locations of assemblies.
configuration 共通言語ランタイムおよび .NET Framework アプリケーションで使用されるすべての構成ファイルのルート要素です。The root element in every configuration file used by the common language runtime and .NET Framework applications.
runtime アセンブリのバインディングとガベージ コレクションに関する情報が含まれています。Contains information about assembly binding and garbage collection.

Example

次の例では、ランタイムがアセンブリを検索するアプリケーションベースのサブディレクトリを指定する方法を示します。The following example shows how to specify application base subdirectories the runtime should search for assemblies.

<configuration>  
   <runtime>  
      <assemblyBinding xmlns="urn:schemas-microsoft-com:asm.v1">  
         <probing privatePath="bin;bin2\subbin;bin3"/>  
      </assemblyBinding>  
   </runtime>  
</configuration>  

関連項目See also