<runtime> の <assemblyBinding> 要素<assemblyBinding> Element for <runtime>

アセンブリ バージョンのリダイレクトおよびアセンブリの位置に関する情報が含まれます。Contains information about assembly version redirection and the locations of assemblies.

<configuration>
  <runtime>
    <assemblyBinding>

構文Syntax

      <assemblyBinding
   xmlns="urn:schemas-microsoft-com:asm.v1" appliesTo="v1.0.3705">  
</assemblyBinding>  

属性および要素Attributes and Elements

以降のセクションでは、属性、子要素、および親要素について説明します。The following sections describe attributes, child elements, and parent elements.

属性Attributes

属性Attribute [説明]Description
xmlnsxmlns 必須の属性です。Required attribute.

アセンブリのバインディングに必要な XML 名前空間を指定します。Specifies the XML namespace required for assembly binding. 値として、文字列 "urn:schemas-microsoft-com:asm.v1" を使用します。Use the string "urn:schemas-microsoft-com:asm.v1" as the value.
appliesToappliesTo .NET Framework アセンブリのリダイレクトを適用するランタイムのバージョンを指定します。Specifies the runtime version the .NET Framework assembly redirection applies to. このオプションの属性では、.NET Framework バージョン番号を使用して、適用するバージョンを指定します。This optional attribute uses a .NET Framework version number to indicate what version it applies to. appliesTo 属性が指定されていない場合、 <assemblyBinding> 要素は、すべてのバージョンの .NET Framework に適用されます。If no appliesTo attribute is specified, the <assemblyBinding> element applies to all versions of the .NET Framework. AppliesTo属性は .NET Framework バージョン1.1 で導入されました。.NET Framework バージョン1.0 では無視されます。The appliesTo attribute was introduced in .NET Framework version 1.1; it is ignored by the .NET Framework version 1.0. つまり、appliesTo 属性が指定されている場合でも、.NET Framework バージョン1.0 を使用しているときは、すべての <assemblyBinding> 要素が適用されます。This means that all <assemblyBinding> elements are applied when using the .NET Framework version 1.0, even if an appliesTo attribute is specified.

子要素Child Elements

要素Element 説明Description
<dependentAssembly> アセンブリのバインディング ポリシーとアセンブリの場所をカプセル化します。Encapsulates binding policy and assembly location for an assembly. <dependentAssembly> アセンブリごとに1つのタグを使用します。Use one <dependentAssembly> tag for each assembly.
<probing> アセンブリの読み込み時に共通言語ランタイムが検索するサブディレクトリを指定します。Specifies subdirectories the common language runtime searches when loading assemblies.
<publisherPolicy> ランタイムが発行元ポリシーを適用するかどうかを指定します。Specifies whether the runtime applies publisher policy.
<qualifyAssembly> 部分名が使用された場合に動的に読み込む必要があるアセンブリの完全名を指定します。Specifies the full name of the assembly that should be dynamically loaded when a partial name is used.

親要素Parent Elements

要素Element 説明Description
configuration 共通言語ランタイムおよび .NET Framework アプリケーションで使用されるすべての構成ファイルのルート要素です。The root element in every configuration file used by the common language runtime and .NET Framework applications.
runtime アセンブリのバインディングとガベージ コレクションに関する情報が含まれています。Contains information about assembly binding and garbage collection.

Example

あるアセンブリ バージョンを別のバージョンにリダイレクトし、コードベースを提供する例を示します。The following example shows how to redirect one assembly version to another and provide a codebase.

<configuration>  
   <runtime>  
      <assemblyBinding xmlns="urn:schemas-microsoft-com:asm.v1">  
         <dependentAssembly>  
            <assemblyIdentity name="myAssembly"  
                              publicKeyToken="32ab4ba45e0a69a1"  
                              culture="neutral" />  
            <bindingRedirect oldVersion="1.0.0.0"  
                             newVersion="2.0.0.0"/>  
            <codeBase version="2.0.0.0"  
                      href="http://www.litwareinc.com/myAssembly.dll"/>  
         </dependentAssembly>  
      </assemblyBinding>  
   </runtime>  
</configuration>  

次の例は、 appliesTo 属性を使用して .NET Framework アセンブリのバインドをリダイレクトする方法を示しています。The following example shows how to use the appliesTo attribute to redirect binding of a .NET Framework assembly.

<runtime>  
   <assemblyBinding xmlns="urn:schemas-microsoft-com:asm.v1" appliesTo="v1.0.3705">  
      <dependentAssembly>
         <assemblyIdentity name="mscorcfg" publicKeyToken="b03f5f7f11d50a3a" culture=""/>  
         <bindingRedirect oldVersion="0.0.0.0-65535.65535.65535.65535" newVersion="1.0.3300.0"/>  
      </dependentAssembly>  
   </assemblyBinding>  
</runtime>  

関連項目See also