<qualifyAssembly> 要素<qualifyAssembly> Element

部分名が使用された場合に動的に読み込む必要があるアセンブリの完全名を指定します。Specifies the full name of the assembly that should be dynamically loaded when a partial name is used.

<configuration>
  <runtime>
    <assemblyBinding>
      <qualifyAssembly>

構文Syntax

      <qualifyAssembly partialName=  
      "PartialAssemblyName"  
                 fullName="FullAssemblyName"/>  

属性および要素Attributes and Elements

以降のセクションでは、属性、子要素、および親要素について説明します。The following sections describe attributes, child elements, and parent elements.

属性Attributes

属性Attribute 説明Description
partialName 必須の属性です。Required attribute.

コードに表示されるアセンブリの名前の一部を指定します。Specifies the partial name of the assembly as it appears in the code.
fullName 必須の属性です。Required attribute.

グローバルアセンブリキャッシュに表示されるアセンブリの完全名を指定します。Specifies the full name of the assembly as it appears in the global assembly cache.

子要素Child Elements

なし。None.

親要素Parent Elements

要素Element 説明Description
assemblyBinding アセンブリ バージョンのリダイレクトおよびアセンブリの位置に関する情報が含まれます。Contains information about assembly version redirection and the locations of assemblies.
configuration 共通言語ランタイムおよび .NET Framework アプリケーションで使用されるすべての構成ファイルのルート要素です。The root element in every configuration file used by the common language runtime and .NET Framework applications.
runtime アセンブリのバインディングとガベージ コレクションに関する情報が含まれています。Contains information about assembly binding and garbage collection.

解説Remarks

Assembly.Load部分的なアセンブリ名を使用してメソッドを呼び出すと、共通言語ランタイムによって、アプリケーションのベースディレクトリでのみアセンブリが検索されます。Calling the Assembly.Load method using partial assembly names causes the common language runtime to look for the assembly only in the application base directory. <qualifyAssembly> アプリケーション構成ファイルの要素を使用してアセンブリの完全な情報 (名前、バージョン、公開キートークン、およびカルチャ) を指定すると、共通言語ランタイムによってグローバルアセンブリキャッシュ内のアセンブリが検索されます。Use the <qualifyAssembly> element in your application configuration file to provide the full assembly information (name, version, public key token, and culture) and cause the common language runtime to search for the assembly in the global assembly cache.

FullName属性には、アセンブリ id の4つのフィールド (名前、バージョン、公開キートークン、およびカルチャ) を含める必要があります。The fullName attribute must include the four fields of assembly identity: name, version, public key token, and culture. Partialname属性は、アセンブリを部分的に参照する必要があります。The partialName attribute must partially reference an assembly. 少なくともアセンブリのテキスト名 (最も一般的なケース) を指定する必要がありますが、バージョン、公開キートークン、またはカルチャ (または4つすべての4つの組み合わせを含む) を含めることもできます。You must specify at least the assembly's text name (the most common case), but you can also include version, public key token, or culture (or any combination of the four, but not all four). Partialnameは、呼び出しで指定された名前と一致する必要があります。The partialName must match the name specified in your call. たとえば、 "math" 構成ファイルで partialname 属性としてを指定し、コードでを呼び出すことはできません Assembly.Load("math, Version=3.3.3.3")For example, you cannot specify "math" as the partialName attribute in your configuration file and call Assembly.Load("math, Version=3.3.3.3") in your code.

Example

次の例では、呼び出しを論理的 Assembly.Load("math") にに変換し Assembly.Load("math,version=1.0.0.0,publicKeyToken=a1690a5ea44bab32,culture=neutral") ます。The following example logically turns the call Assembly.Load("math") into Assembly.Load("math,version=1.0.0.0,publicKeyToken=a1690a5ea44bab32,culture=neutral").

<configuration>  
   <runtime>  
      <assemblyBinding xmlns="urn:schemas-microsoft-com:asm.v1">  
         <qualifyAssembly partialName="math"
                         fullName=  
"math,version=1.0.0.0,publicKeyToken=a1690a5ea44bab32,culture=neutral"/>  
      </assemblyBinding>  
   </runtime>  
</configuration>  

関連項目See also