登録を必要としない COM 相互運用機能

登録を必要としない COM 相互運用機能は、アセンブリ情報を格納するために Windows レジストリを使用しないで、コンポーネントをアクティブにします。 展開中にコンピューター上のコンポーネントを登録するのではなく、バインディングとアクティベーションに関する情報を含む Win32 スタイルのマニフェスト ファイルをデザイン時に作成します。 レジストリ キーではなく、これらのマニフェスト ファイルが、オブジェクトのアクティベーションを指示します。

展開中に登録するのではなく、登録を必要としないアクティベーションをアセンブリに使用することには、次の 2 つの利点があります。

  • 複数のバージョンの DLL がコンピューターにインストールされているとき、どのバージョンをアクティブ化するかを制御できます。

  • エンドユーザーは XCOPY または FTP を使用して、アプリケーションをコンピューターの適切なディレクトリにコピーできます。 その後、そのディレクトリでアプリケーションを実行できます。

このセクションでは、登録を必要としない COM 相互運用機能に必要な 2 つの種類のマニフェストについて説明します。それらはアプリケーション マニフェストとコンポーネント マニフェストです。 これらのマニフェストは、XML ファイルです。 アプリケーション マニフェストは、アプリケーション開発者によって作成され、アセンブリやアセンブリの依存関係を記述するメタデータを含んでいます。 コンポーネント マニフェストは、コンポーネント開発者によって作成されるものであり、そこには、本来 Windows レジストリに存在する情報が含まれています。

登録を必要としない COM 相互運用機能の要件

  1. 登録を必要としない COM 相互運用機能のサポートは、ライブラリ アセンブリの種類に応じて、具体的にはアセンブリがアンマネージド (COM side-by-side) であるかマネージド (.NET ベース) であるかによって、多少異なります。 次の表は、それぞれのアセンブリの種類について、オペレーティング システムと .NET Framework のバージョン要件を示しています。

    アセンブリの種類 オペレーティング システム .NET Framework のバージョン
    COM side-by-side Microsoft Windows XP 不要。
    .NET ベース Windows XP SP2 .NET Framework バージョン 1.1

    Windows Server 2003 ファミリも、.NET ベースのアセンブリで、登録を必要としない COM 相互運用機能をサポートしています。

    NET ベースのクラスが COM からの登録を必要としないアクティブ化と互換性を持つためには、そのクラスがパラメーターなしのコンストラクターを持ち、パブリックであることが必要です。

登録を必要としないアクティベーション用の COM コンポーネントの構成

  1. COM コンポーネントが登録を必要としないアクティベーションに含まれるようにするには、それを side-by-side アセンブリとして展開する必要があります。 Side-by-side アセンブリはアンマネージ アセンブリです。 詳しくは、「Using Side-by-side Assemblies」(side-by-side アセンブリの使用) をご覧ください。

    COM の side-by-side アセンブリを使用するには、.NET ベースのアプリケーション開発者が、バインディングとアクティベーションの情報を含むアプリケーション マニフェストを提供する必要があります。 Windows XP オペレーティング システムには、アンマネージの side-by-side アセンブリのサポートが組み込まれています。 オペレーティング システムでサポートされている COM ランタイムは、アクティブ化されるコンポーネントがレジストリに存在しない場合、アプリケーション マニフェストをスキャンしてアクティベーション情報を見つけます。

    登録を必要としないアクティベーションは、Windows XP にインストールされている COM コンポーネントでは省略可能です。 アプリケーションに side-by-side アセンブリを追加する方法の詳細な手順については、「Using Side-by-side Assemblies」(side-by-side アセンブリの使用) をご覧ください。

    注意

    Side-by-side 実行は、ランタイムの複数のバージョンと、特定のバージョンのランタイムを使用するアプリケーションおよびコンポーネントの複数のバージョンを、同一のコンピューター上で同時に実行できるようにするための、.NET Framework の機能です。 Side-by-side 実行と side-by-side アセンブリは、side-by-side 機能を提供するための別個のメカニズムです。

関連項目