GetRealProcAddress 関数GetRealProcAddress Function

共通言語ランタイム (CLR) のインストールされている最新のバージョンからエクスポートされる、指定された関数のアドレスを取得します。Gets the address of the specified function that is exported from the latest installed version of the common language runtime (CLR).

この関数は、.NET Framework 4 では廃止されました。This function has been deprecated in the .NET Framework 4.

構文Syntax

HRESULT GetRealProcAddress (  
    [in]  LPCSTR  pwszProcName,   
    [out] VOID  **ppv  
);  

パラメーターParameters

pwszProcName
[in]関数の名前。[in] The name of the function.

ppv
[out]関数のアドレスへのポインターを受け取る場所。[out] The location that receives a pointer to the address of the function.

戻り値Return Value

このメソッドは、CorError.h で定義されている次の値だけでなく、WinError.h で定義されている標準のコンポーネント オブジェクト モデル (COM) エラー コードを返します。This method returns standard Component Object Model (COM) error codes, as defined in WinError.h, in addition to the following values defined in CorError.h.

リターン コードReturn code 説明Description
S_OKS_OK メソッドは正常に完了しました。The method completed successfully.
E_POINTERE_POINTER ppv が無効です。ppv is not valid.
CLR_E_SHIM_RUNTIMEEXPORTCLR_E_SHIM_RUNTIMEEXPORT 関数は、ランタイムからはエクスポートされません。The function is not exported from the runtime.

必要条件Requirements

プラットフォーム: システム要件に関するページを参照してください。Platforms: See System Requirements.

ヘッダー: MSCorEE.hHeader: MSCorEE.h

ライブラリ: MSCorEE.dllLibrary: MSCorEE.dll

.NET Framework のバージョン: 1.0 以降で使用可能Available since 1.0.NET Framework Versions: 1.0 以降で使用可能Available since 1.0

関連項目See also