LPTHREAD_START_ROUTINE 関数ポインターLPTHREAD_START_ROUTINE Function Pointer

スレッドの実行を開始したことをホストに通知する関数を指します。Points to a function that notifies the host that a thread has started to execute.

この関数ポインターは、.NET Framework 4 では廃止されました。This function pointer has been deprecated in the .NET Framework 4.

構文Syntax

typedef DWORD (__stdcall *LPTHREAD_START_ROUTINE) (  
    [in] LPVOID lpThreadParameter  
);  

パラメーターParameters

lpThreadParameter
[in]実行を開始するコードへのポインター。[in] A pointer to the code that has started executing.

RemarksRemarks

関数LPTHREAD_START_ROUTINEポイントはコールバック関数であり、ホスト アプリケーションの作成者によって実装する必要があります。The function to which LPTHREAD_START_ROUTINE points is a callback function and must be implemented by the writer of the hosting application.

必要条件Requirements

プラットフォーム: システム要件に関するページを参照してください。Platforms: See System Requirements.

ヘッダー: MSCorEE.hHeader: MSCorEE.h

ライブラリ: MSCorWks.dllLibrary: MSCorWks.dll

.NET Framework のバージョン: 1.0 以降で使用可能Available since 1.0.NET Framework Versions: 1.0 以降で使用可能Available since 1.0

関連項目See also