管理と診断Administration and Diagnostics

Windows Communication Foundation (WCF) には、アプリケーションのライフサイクルのさまざまな段階を監視するのに役立つ豊富な機能セットが用意されています。Windows Communication Foundation (WCF) provides a rich set of functionalities that can help you monitor the different stages of an application’s life. たとえば、展開時に構成を使用してサービスとクライアントを設定できます。For example, you can use configuration to set up services and clients at deployment. WCF には、アプリケーションのパフォーマンスを測定するのに役立つ、多数のパフォーマンスカウンターが用意されています。WCF includes a large set of performance counters to help you gauge your application's performance. WCF では、WCF Windows Management Instrumentation (WMI) プロバイダーを介して実行時にサービスの検査データを公開することもできます。WCF also exposes inspection data of a service at runtime through a WCF Windows Management Instrumentation (WMI) provider. アプリケーションにエラーが発生したり、適切に動作しなくなったりした場合は、イベント ログを使用して、何か重大なことが発生していないかを確認できます。When the application experiences a failure or starts acting improperly, you can use the Event Log to see if anything significant has occurred. メッセージ ログとトレースを使用して、アプリケーションでどのようなイベントが発生しているのかをエンドツーエンドで確認することもできます。You can also use Message Logging and Tracing to see what events are happening end-to-end in your application. これらの機能により、開発者と IT プロフェッショナルは、正常に動作していないときに WCF アプリケーションのトラブルシューティングを行うことができます。These features assist both developers and IT professionals to troubleshoot an WCF application when it is not behaving correctly.

注意

特定の詳細情報を含まないエラーを受信している場合はincludeExceptionDetailInFaults <servicedebug >構成要素の属性を有効にする必要があります。If you are receiving faults with no specific detail information, you should enable the includeExceptionDetailInFaults attribute of the <serviceDebug> configuration element. これにより、WCF は例外の詳細をクライアントに送信するように指示します。これにより、より高度な診断を必要とせずに、多くの一般的な問題を検出できます。This instructs WCF to send exception detail to clients, which enables you to detect many common problems without requiring more advanced diagnosis. 詳細については、「エラーの送受信」を参照してください。For more information, see Sending and Receiving Faults.

WCF に用意された診断機能Diagnostics Features Provided by WCF

WCF には、次の診断機能が用意されています。WCF provides the following diagnostics functionalities:

  • エンド ツー エンドのトレースは、デバッガーを使用せずにアプリケーションのトラブルシューティングを行うためのインストルメンテーション データを提供します。End-To-End tracing provides instrumentation data for troubleshooting an application without using a debugger. WCF は、プロセスマイルストーンのトレースとエラーメッセージを出力します。WCF outputs traces for process milestones, as well as error messages. これには、チャネル ファクトリのオープンやサービス ホストによるメッセージの送受信が含まれます。This can include opening a channel factory or sending and receiving messages by a service host. 実行中のアプリケーションに対してトレースを有効にすると、その進行状況を監視できます。Tracing can be enabled for a running application to monitor its progress. 詳細については、「トレース」を参照してください。For more information, see the Tracing topic. トレースを使用してアプリケーションをデバッグする方法については、「トレースを使用したアプリケーションのトラブルシューティング」を参照してください。To understand how you can use tracing to debug your application, see the Using Tracing to Troubleshoot Your Application topic.

  • メッセージ ログを使用すると、送信前と送信後の両方のメッセージを確認できます。Message logging allows you to see how messages look both before and after transmission. 詳細については、「メッセージログ」トピックを参照してください。For more information, see the Message Logging topic.

  • イベント トレースは、すべての重大な問題に関連するイベントをイベント ログに書き込みます。Event tracing writes events in the Event Log for any major issues. 後でイベント ビューアーを使用して異常を調査できます。You can then use the Event Viewer to examine any abnormalities. 詳細については、イベントログのトピックを参照してください。For more information, see the Event Logging topic.

  • パフォーマンス モニターを介して公開されるパフォーマンス カウンターを使用すると、アプリケーションとシステムの状態を監視できます。Performance counters exposed through Performance Monitor enable you to monitor your application and system's health. 詳細については、「パフォーマンスカウンター 」を参照してください。For more information, see the Performance Counters topic.

  • System.ServiceModel.Configuration 名前空間を使用すると、構成ファイルを読み込んでサービスまたはクライアント エンドポイントを設定できます。The System.ServiceModel.Configuration namespace allows you to load configuration files and set up a service or client endpoint. 多数のコンピューターに更新を展開する必要がある場合は、オブジェクト モデルを使用して、さまざまなアプリケーションに対する変更をスクリプトで処理できます。You can use the object model to script changes to many applications when updates must be deployed to many computers. または、構成エディターツール (svcconfigeditor.exe)を使用して、GUI ウィザードを使用して構成設定を編集することもできます。Alternatively, you can use the Configuration Editor Tool (SvcConfigEditor.exe) to edit the configuration settings using a GUI wizard. 詳細については、「アプリケーションの構成」を参照してください。For more information, see the Configuring Your Application topic.

  • WMI を使用すると、コンピューター上でリッスン中のサービスと使用しているバインディングを確認できます。WMI enables you to find out what services are listening on a machine and the bindings that are in use. 詳細については、「 Using Windows Management Instrumentation For Diagnostics 」トピックを参照してください。For more information, see the Using Windows Management Instrumentation for Diagnostics topic.

また、wcf には、WCF アプリケーションの作成、配置、および管理を容易にする GUI およびコマンドラインツールも用意されています。WCF also provides several GUI and command line tools to make it easier for you to create, deploy, and manage WCF applications. 詳細については、「 Windows Communication Foundation ツール」を参照してください。For more information, see Windows Communication Foundation Tools. たとえば、構成エディターツール (svcconfigeditor.exe)を使用して、XML を直接編集するのではなく、ウィザードを使用して WCF 構成設定を作成および編集できます。For example, you can use the Configuration Editor Tool (SvcConfigEditor.exe) to create and edit WCF configuration settings using a wizard, instead of editing XML directly. また、サービストレースビューアーツール (svctraceviewer.exe)を使用して、トレースメッセージを表示、グループ化、およびフィルター処理して、WCF サービスの問題を診断、修復、および検証することもできます。You can also use the Service Trace Viewer Tool (SvcTraceViewer.exe) to view, group, and filter trace messages so that you can diagnose, repair, and verify issues with WCF services.

関連項目See also