カスタム アクティビティの設計と実装Designing and Implementing Custom Activities

.NET Framework 4.6.1.NET Framework 4.6.1 のカスタム アクティビティを作成するには、システム標準アクティビティを複合アクティビティにアセンブルするか、CodeActivityAsyncCodeActivity、または NativeActivity から派生する新しい型を作成します。Custom activities in .NET Framework 4.6.1.NET Framework 4.6.1 are created by either assembling system-provided activities into composite activities or by creating new types that derive from CodeActivity, AsyncCodeActivity, or NativeActivity. ここでは、いずれかのメソッドを使用してカスタム アクティビティを作成する方法について説明します。This section describes how to create custom activities with either method.

重要

既定では、カスタム アクティビティは、ワークフロー デザイナー内で、アクティビティ名を含む単純な四角形として表示されます。Custom activities by default display within the workflow designer as a simple rectangle with the activity’s name. ワーク フロー デザイナーでアクティビティのカスタム ビジュアル表現を指定するには、カスタム デザイナーを作成する必要があります。To provide a custom visual representation of your activity in the workflow designer you must also create a custom designer. 詳細については、次を参照してください。を使用してカスタム アクティビティ デザイナーおよびテンプレートします。For more information, see Using Custom Activity Designers and Templates.

このセクションの内容In This Section

アクティビティ作成オプションActivity Authoring Options
.NET Framework 4.6.1.NET Framework 4.6.1 で使用できる作成スタイルについて説明します。Discusses the authoring styles available in .NET Framework 4.6.1.NET Framework 4.6.1.

カスタム アクティビティの使用Using a custom activity
ワークフロー プロジェクトにカスタム アクティビティを追加する方法について説明します。Describes how to add a custom activity to a workflow project.

非同期アクティビティの作成Creating Asynchronous Activities
非同期アクティビティを作成する方法について説明します。Describes how to create asynchronous activities.

アクティビティ検証の構成Configuring Activity Validation
アクティビティの検証を使用して、アクティビティを実行する前にその構成エラーを特定および報告する方法について説明します。Describes how activity validation can be used to identify and report errors in an activity’s configuration prior to its execution.

実行時におけるアクティビティの作成Creating an Activity at Runtime
DynamicActivity を使用して実行時にアクティビティを作成する方法について説明します。Discusses how to create activities at runtime using DynamicActivity.

ワークフロー実行プロパティWorkflow Execution Properties
ワークフロー実行プロパティを使用して、アクティビティの環境にコンテキスト固有のプロパティを追加する方法について説明します。Describes how to use workflow execution properties to add context specific properties to an activity’s environment

アクティビティ デリゲートの使用Using Activity Delegates
アクティビティ デリゲートを含むアクティビティを作成および使用する方法について説明します。Discusses how to author and use activities that contain activity delegates.

アクティビティ拡張機能の使用Using Activity Extensions
アクティビティ拡張機能を作成および使用する方法について説明します。Describes how to author and use activity extensions.

ワークフローからの OData フィードの利用Consuming OData Feeds from a Workflow
ワークフローから WCF Data Service を呼び出すためのいくつかの方法について説明します。Describes several methods for calling a WCF Data Service from a workflow.

アクティビティ定義のスコープ設定と表示Activity Definition Scoping and Visibility
アクティビティのデータのスコープとメンバーの参照範囲を定義するためのオプションおよび規則について説明します。Describes the options and rules for defining data scoping and member visibility for activities.