方法: Windows フォームに単純バインドコントロールを作成するHow to: Create a simple-bound control on a Windows Form

単純なバインドでは、データセットテーブルの列値など、1つのデータ要素をコントロールに表示できます。With simple binding, you can display a single data element, such as a column value from a dataset table, in a control. コントロールの任意のプロパティをデータ値に単純にバインドできます。You can simple-bind any property of a control to a data value.

コントロールを単純にバインドするにはTo simple-bind a control

  1. データ ソースに接続します。Connect to a data source. 詳細については、「データソースへの接続」を参照してください。For more information, see Connecting to a Data Source.

  2. Visual Studio でフォーム上のコントロールを選択し、 [プロパティ] ウィンドウを表示します。In Visual Studio, select the control on the form and display the Properties window.

  3. [(連結)] プロパティを展開します。Expand the (DataBindings) property.

    最も頻繁にバインドされるプロパティは、 ([連結]) プロパティの下に表示されます。The properties most often bound are displayed underneath the (DataBindings) property. たとえば、ほとんどのコントロールでは、 Textプロパティは最も頻繁にバインドされます。For example, in most controls, the Text property is most frequently bound.

  4. バインドするプロパティが一般的にバインドされるプロパティの1つでない場合は、 [(詳細)] ボックスの省略記号ボタン![(省略記号ボタン (..プロパティウィンドウ.]) をクリックして、 [書式設定と詳細バインド] ダイアログボックスで、そのコントロールのプロパティの完全な一覧が表示されます。If the property you want to bind is not one of the commonly bound properties, click the Ellipsis button (The Ellipsis button (...) in the Properties window of Visual Studio.) in the (Advanced) box to display the Formatting and Advanced Binding dialog box with a complete list of properties for that control.

  5. バインドするプロパティを選択し、 [バインド] の下にあるドロップダウン矢印をクリックします。Select the property you want to bind and click the drop-down arrow under Binding.

    使用できるデータ ソースの一覧が表示されます。A list of available data sources is displayed.

  6. 目的の 1 つのデータ要素が見つかるまで、バインド先のデータ ソースを展開します。Expand the data source you want to bind to until you find the single data element you want. たとえば、データセットのテーブル内の列の値にバインドする場合は、データセットの名前を展開し、次にテーブル名を展開して、列名を表示します。For example, if you are binding to a column value in a dataset's table, expand the name of the dataset, and then expand the table name to display column names.

  7. バインド先の要素の名前をクリックします。Click the name of an element to bind to.

  8. [書式設定と詳細バインド] ダイアログボックスで作業している場合は、 [OK] をクリックして、 [プロパティ] ウィンドウに戻ります。If you were working in the Formatting and Advanced Binding dialog box, click OK to return to the Properties window.

  9. コントロールの追加のプロパティをバインドする場合は、手順 3. ~ 7. を繰り返します。If you want to bind additional properties of the control, repeat steps 3 through 7.

    注意

    単純バインドコントロールにはデータ要素が1つだけ表示されるため、単純バインドコントロールを含む Windows フォームにナビゲーションロジックを含めるのが一般的です。Because simple-bound controls show only a single data element, it is very typical to include navigation logic in a Windows Form with simple-bound controls.

関連項目See also