WPF アプリケーションの配置 (WPF)Deploying a WPF Application (WPF)

Windows Presentation Foundation (WPF) アプリケーションを構築した後は、アプリケーションを配置する必要があります。After Windows Presentation Foundation (WPF) applications are built, they need to be deployed. Windows と .NET Framework には、いくつかの展開テクノロジが含まれています。Windows and the .NET Framework include several deployment technologies. WPFWPF アプリケーションの配置に使用される配置テクノロジは、アプリケーションの種類によって決まります。The deployment technology that is used to deploy a WPFWPF application depends on the application type. このトピックでは、それぞれの配置テクノロジの概要と使用法を、それぞれの WPFWPF アプリケーションの種類の配置要件に関連して説明します。This topic provides a brief overview of each deployment technology, and how they are used in conjunction with the deployment requirements of each WPFWPF application type.

配置テクノロジDeployment Technologies

Windows と .NET Framework には、次のようないくつかの展開テクノロジが含まれています。Windows and the .NET Framework include several deployment technologies, including:

  • XCopy による配置。XCopy deployment.

  • Windows インストーラーWindows Installer による配置。deployment.

  • ClickOnce 配置。ClickOnce deployment.

XCopy による配置XCopy Deployment

XCopy による配置とは、XCopy コマンド ライン プログラムを使用して、ある場所から別の場所へファイルをコピーすることです。XCopy deployment refers to the use of the XCopy command-line program to copy files from one location to another. XCopy による配置は、次のような状況に適しています。XCopy deployment is suitable under the following circumstances:

  • アプリケーションは自己完結型である。The application is self-contained. 実行するためにクライアントを更新する必要がない。It does not need to update the client to run.

  • アプリケーション ファイルをある場所から別の場所へ、たとえば、ビルド場所 (ローカル ディスク、UNCUNC ファイル共有など) から公開場所 (Web サイト、UNCUNC ファイル共有など) へ移動する必要がある。Application files must be moved from one location to another, such as from a build location (local disk, UNCUNC file share, and so on) to a publish location (Web site, UNCUNC file share, and so on).

  • アプリケーションはシェル統合 ([スタート] メニューのショートカット、デスクトップ アイコンなど) を必要としない。The application does not require shell integration (Start menu shortcut, desktop icon, and so on).

XCopy は、単純な配置シナリオには適していますが、複雑な配置機能が必要なシナリオには十分に対応できません。Although XCopy is suitable for simple deployment scenarios, it is limited when more complex deployment capabilities are required. 特に、配置を堅牢な方法で管理する場合、XCopy を使用すると、スクリプトの作成、実行、および維持というオーバーヘッドが生じます。In particular, using XCopy often incurs the overhead for creating, executing, and maintaining scripts for managing deployment in a robust way. さらに、XCopy は、バージョン管理、アンインストール、およびロールバックをサポートしません。Furthermore, XCopy does not support versioning, uninstallation, or rollback.

Windows インストーラーWindows Installer

Windows インストーラーWindows Installer を使用すると、アプリケーションを自己完結型の実行可能ファイルとしてパッケージ化でき、容易にクライアントに配布して、実行できます。allows applications to be packaged as self-contained executables that can be easily distributed to clients and run. さらにWindows インストーラーWindows Installer 、は Windows と共にインストールされ、デスクトップ、[スタート] メニュー、および [プログラム] コントロールパネルとの統合を可能にします。Furthermore, Windows インストーラーWindows Installer is installed with Windows and enables integration with the desktop, the Start menu, and the Programs control panel.

Windows インストーラーWindows Installer は、アプリケーションのインストールとアンインストールを単純化しますが、インストールされたアプリケーションをバージョン管理の観点から最新に保つ機能を提供しません。simplifies the installation and uninstallation of applications, but it does not provide facilities for ensuring that installed applications are kept up-to-date from a versioning standpoint.

Windows インストーラーの詳細については、「 Windows インストーラーの展開」を参照してください。For more information about Windows Installer, see Windows Installer Deployment.

ClickOnce 配置ClickOnce Deployment

ClickOnce を使用すると、Web 以外のアプリケーションに対して Web スタイルのアプリケーションを配置できます。ClickOnce enables Web-style application deployment for non-Web applications. アプリケーションは、Web サーバーまたはファイル サーバーに公開され、これらのサーバーから配置されます。Applications are published to and deployed from Web or file servers. ClickOnce は、インストールされているアプリケーションがWindows インストーラーWindows Installer行うクライアント機能のすべてをサポートしているわけではありませんが、次のようなサブセットをサポートしています。Although ClickOnce does not support the full range of client features that Windows インストーラーWindows Installer-installed applications do, it does support a subset that includes the following:

  • [スタート] メニューおよび [プログラム] コントロール パネルとの統合。Integration with the Start menu and Programs control panel.

  • バージョン管理、ロールバック、およびアンインストール。Versioning, rollback, and uninstallation.

  • アプリケーションを常に配置場所から起動するオンライン インストール モード。Online install mode, which always launches an application from the deployment location.

  • 新しいバージョンがリリースされたときの自動更新。Automatic updating when new versions are released.

  • ファイル拡張子の登録。Registration of file extensions.

ClickOnce の詳細については、「 clickonce のセキュリティと配置」を参照してください。For more information about ClickOnce, see ClickOnce Security and Deployment.

WPF アプリケーションの配置Deploying WPF Applications

WPFWPF アプリケーションの配置オプションは、アプリケーションの種類によって決まります。The deployment options for a WPFWPF application depend on the type of application. 配置の観点から見ると、WPFWPF には次の 3 種類のアプリケーションがあります。From a deployment perspective, WPFWPF has three significant application types:

  • スタンドアロン アプリケーション。Standalone applications.

  • マークアップのみの XAMLXAML アプリケーション。Markup-only XAMLXAML applications.

  • XAML ブラウザー アプリケーション (XBAP)XAML browser applications (XBAPs).

スタンドアロン アプリケーションの配置Deploying Standalone Applications

スタンドアロンアプリケーションは、ClickOnce またはWindows インストーラーWindows Installerを使用してデプロイされます。Standalone applications are deployed using either ClickOnce or Windows インストーラーWindows Installer. いずれの場合も、スタンドアロン アプリケーションを実行するには、アプリケーションが完全に信頼されている必要があります。Either way, standalone applications require full trust to run. Windows インストーラーWindows Installer を使用して配置されたスタンドアロン アプリケーションには、完全な信頼が自動的に付与されます。Full trust is automatically granted to standalone applications that are deployed using Windows インストーラーWindows Installer. ClickOnce を使用して配置されるスタンドアロンアプリケーションには、完全な信頼が自動的に付与されるわけではありません。Standalone applications that are deployed using ClickOnce are not automatically granted full trust. 代わりに、ClickOnce によって、スタンドアロンアプリケーションをインストールする前にユーザーが受け入れる必要があるセキュリティ警告ダイアログが表示されます。Instead, ClickOnce displays a security warning dialog that users must accept before a standalone application is installed. 受け入れた場合、スタンドアロン アプリケーションがインストールされ、完全な信頼が付与されます。If accepted, the standalone application is installed and granted full trust. 受け入れなかった場合、スタンドアロン アプリケーションはインストールされません。If not, the standalone application is not installed.

マークアップのみの XAML アプリケーションの配置Deploying Markup-Only XAML Applications

マークアップのみXAMLXAMLのページは、通常、HTML ページなどの Web サーバーに発行され、Internet Explorer を使用して表示できます。Markup-only XAMLXAML pages are usually published to Web servers, like HTML pages, and can be viewed using Internet Explorer. マークアップのみの XAMLXAML ページは、部分信頼セキュリティ サンドボックス内で実行され、インターネット ゾーン アクセス許可セットによって定義された制約が適用されます。Markup-only XAMLXAML pages run within a partial-trust security sandbox with restrictions that are defined by the Internet zone permission set. これにより、HTML ベースの Web アプリケーションに対する同等のセキュリティサンドボックスが提供されます。This provides an equivalent security sandbox to HTML-based Web applications.

WPFWPF アプリケーションのセキュリティの詳細については、「セキュリティ」を参照してください。For more information about security for WPFWPF applications, see Security.

マークアップのみの XAMLXAML ページは、XCopy または Windows インストーラーWindows Installer を使用してローカル ファイル システムにインストールできます。Markup-only XAMLXAML pages can be installed to the local file system by using either XCopy or Windows インストーラーWindows Installer. これらのページは、Internet Explorer またはエクスプローラーを使用して表示できます。These pages can be viewed using Internet Explorer or Windows Explorer.

XAML の詳細については、「XAML の概要 (WPF)」を参照してください。For more information about XAML, see XAML Overview (WPF).

XAML ブラウザー アプリケーションの配置Deploying XAML Browser Applications

XBAPXBAPs は、次の 3 つのファイルを配置する必要があるコンパイル済みのアプリケーションです。are compiled applications that require the following three files to be deployed:

  • ApplicationName:実行可能アセンブリアプリケーションファイル。ApplicationName.exe: The executable assembly application file.

  • ApplicationName:配置マニフェスト。ApplicationName.xbap: The deployment manifest.

  • ApplicationName.manifest:アプリケーション マニフェスト。ApplicationName.exe.manifest: The application manifest.

注意

配置マニフェストおよびアプリケーション マニフェストの詳細については、「WPF アプリケーションのビルド」を参照してください。For more information about deployment and application manifests, see Building a WPF Application.

これらのファイルは、XBAPXBAP がビルドされるときに生成されます。These files are produced when an XBAPXBAP is built. 詳細については、「方法 :新しい WPF ブラウザーアプリケーションプロジェクトを作成します。For more information, see How to: Create a New WPF Browser Application Project. マークアップのみXAMLXAMLのページとXBAPXBAPs同様に、は通常、Web サーバーに発行され、Internet Explorer を使用して表示されます。Like markup-only XAMLXAML pages, XBAPXBAPs are typically published to a Web server and viewed using Internet Explorer.

XBAPXBAPs は、任意の配置技術を使用してクライアントに配置できます。can be deployed to clients using any of the deployment techniques. ただし、次の機能が用意されているため、ClickOnce を使用することをお勧めします。However, ClickOnce is recommended since it provides the following capabilities:

  1. 新しいバージョンが公開されたときの自動更新。Automatic updates when a new version is published.

  2. 完全な信頼で実行する XBAPXBAP の特権の昇格。Elevation privileges for the XBAPXBAP running with full trust.

既定では、ClickOnce は、.deploy 拡張子を持つアプリケーション ファイルを公開します。By default, ClickOnce publishes application files with the .deploy extension. これは問題になる可能性がありますが、無効にできます。This can be problematic, but can be disabled. 詳細については、「ClickOnce 配置でのサーバーおよびクライアント構成の問題」を参照してください。For more information, see Server and Client Configuration Issues in ClickOnce Deployments.

XAML ブラウザー アプリケーション (XBAP)XAML browser applications (XBAPs) の配置の詳細については、「WPF XAML ブラウザー アプリケーションの概要」を参照してください。For more information about deploying XAML ブラウザー アプリケーション (XBAP)XAML browser applications (XBAPs), see WPF XAML Browser Applications Overview.

.NET Framework のインストールInstalling the .NET Framework

WPFWPFアプリケーションを実行するには、クライアントに Microsoft .NET Framework がインストールされている必要があります。To run a WPFWPF application, the Microsoft .NET Framework must be installed on the client. Internet Explorer は、ブラウザーでホストされるアプリケーションをWPFWPF表示するときに、クライアントが .NET Framework と共にインストールされるかどうかを自動的に検出します。Internet Explorer automatically detects whether clients are installed with .NET Framework when WPFWPF browser-hosted applications are viewed. .NET Framework がインストールされていない場合、Internet Explorer はユーザーにインストールを促すメッセージを表示します。If the .NET Framework is not installed, Internet Explorer prompts users to install it.

.NET Framework がインストールされているかどうかを検出するために、Internet Explorer には、次の拡張子を持つコンテンツファイルのフォールバック Multipurpose Internet Mail Extensions (MIME) ハンドラーとして登録されたブートストラップアプリケーションが含まれています。 .xaml、.xps、xbap、、および. アプリケーション。To detect whether the .NET Framework is installed, Internet Explorer includes a bootstrapper application that is registered as the fallback Multipurpose Internet Mail Extensions (MIME) handler for content files with the following extensions: .xaml, .xps, .xbap, and .application. これらのファイルの種類に移動したときに、.NET Framework がクライアントにインストールされていない場合、ブートストラップアプリケーションは、インストールするためのアクセス許可を要求します。If you navigate to these file types and the .NET Framework is not installed on the client, the bootstrapper application requests permission to install it. アクセス許可が指定されていない場合は、.NET Framework もアプリケーションもインストールされません。If permission is not provided, neither the .NET Framework nor the application is installed.

アクセス許可が付与されている場合、Internet Explorer は Microsoft バックグラウンドインテリジェント転送サービス (BITS) を使用して .NET Framework をダウンロードしてインストールします。If permission is granted, Internet Explorer downloads and installs the .NET Framework using the Microsoft Background Intelligent Transfer Service (BITS). .NET Framework が正常にインストールされると、最初に要求されたファイルが新しいブラウザーウィンドウで開かれます。After successful installation of the .NET Framework, the originally requested file is opened in a new browser window.

詳細については、「.NET Framework およびアプリケーションの配置」を参照してください。For more information, see Deploying the .NET Framework and Applications.

関連項目See also