イベント ベースの非同期パターン (EAP)Event-based Asynchronous Pattern (EAP)

非同期機能をクライアント コードに公開する方法は数多くあります。There are a number of ways to expose asynchronous features to client code. イベント ベースの非同期パターンは、クラスが非同期動作を示す 1 つの方法を規定します。The Event-based Asynchronous Pattern prescribes one way for classes to present asynchronous behavior.

注意

.NET Framework 4 以降では、タスク並列ライブラリによって非同期/並列プログラミングの新しいモデルが提供されます。Starting with the .NET Framework 4, the Task Parallel Library provides a new model for asynchronous and parallel programming. 詳細については、「タスク並列ライブラリ (TPL)」および「タスク ベースの非同期パターン (TAP)」を参照してください。For more information, see Task Parallel Library (TPL) and Task-based Asynchronous Pattern (TAP).

このセクションの内容In This Section

イベントベースの非同期パターンの概要Event-based Asynchronous Pattern Overview
イベント ベースの非同期パターンによって、マルチスレッド デザイン固有の多くの複雑な問題を気にせずに、マルチスレッド アプリケーションの利点を活用できるしくみを説明します。Describes how the Event-based Asynchronous Pattern makes available the advantages of multithreaded applications while hiding many of the complex issues inherent in multithreaded design.

イベントベースの非同期パターンの実装Implementing the Event-based Asynchronous Pattern
非同期機能を持つクラスをパッケージ化するための標準的な方法について説明します。Describes the standardized way to package a class that has asynchronous features.

イベントベースの非同期パターンを実装するための推奨される手順Best Practices for Implementing the Event-based Asynchronous Pattern
イベント ベースの非同期パターンに従って非同期機能を公開するための要件について説明します。Describes the requirements for exposing asynchronous features according to the Event-based Asynchronous Pattern.

イベントベースの非同期パターンをいつ実装するかの決定Deciding When to Implement the Event-based Asynchronous Pattern
どのような場合に、非同期プログラミング モデル (APM) で表される IAsyncResult パターンではなく、イベント ベースの非同期パターンの実装を選択するかを判断する方法について説明します。Describes how to determine when you should choose to implement the Event-based Asynchronous Pattern instead of the IAsyncResult pattern represented by the Asynchronous Programming Model (APM)

方法: イベントベースの非同期パターンをサポートするコンポーネントを実装するHow to: Implement a Component That Supports the Event-based Asynchronous Pattern
イベント ベースの非同期パターンを実装するコンポーネントの作成方法について説明します。Describes how to create a component that implements the Event-based Asynchronous Pattern. これは、System.ComponentModel 名前空間のヘルパー クラスを使用して実装します。これにより、コンポーネントは任意のアプリケーション モデルで正常に動作します。It is implemented using helper classes from the System.ComponentModel namespace, which ensures that the component works correctly under any application model.

方法: イベントベースの非同期パターンのクライアントを実装するHow to: Implement a Client of the Event-based Asynchronous Pattern
イベント ベースの非同期パターンを実装するコンポーネントを使用するクライアントの作成方法について説明します。Describes how to create a client that uses a component that implements the Event-based Asynchronous Pattern.

方法: イベントベースの非同期パターンをサポートするコンポーネントを使用するHow to: Use Components That Support the Event-based Asynchronous Pattern
イベント ベースの非同期パターンをサポートするコンポーネントの使用方法について説明します。Describes how to use a component that supports the Event-based Asynchronous Pattern.

関連項目Reference

AsyncOperation
AsyncOperation クラスについて説明し、すべてのメンバーへのリンクの一覧を示します。Describes the AsyncOperation class and has links to all its members.

AsyncOperationManager
AsyncOperationManager クラスについて説明し、すべてのメンバーへのリンクの一覧を示します。Describes the AsyncOperationManager class and has links to all its members.

BackgroundWorker
BackgroundWorker コンポーネントについて説明し、すべてのメンバーへのリンクの一覧を示します。Describes the BackgroundWorker component and has links to all its members.

タスク並列ライブラリ (TPL)Task Parallel Library (TPL)
非同期操作および並列操作のプログラミング モデルについて説明します。Describes a programming model for asynchronous and parallel operations.

スレッド化Threading
.NET のマルチスレッド機能について説明します。Describes multithreading features in .NET.

関連項目See also