.NET アプリケーションのグローバライズとローカライズGlobalizing and localizing .NET applications

1 つ以上の言語にローカライズされるアプリケーションなど、国際対応アプリケーションを開発するには、グローバリゼーション、ローカライズ対象の確認、およびローカリゼーションの 3 つの手順が必要です。Developing a world-ready application, including an application that can be localized into one or more languages, involves three steps: globalization, localizability review, and localization.

グローバリゼーションGlobalization

これは、特定のカルチャや言語に依存せず、すべてのユーザーに対して、ローカライズされたユーザー インターフェイスと、その地域に合ったデータをサポートするような、アプリケーションの設計と開発を行う手順です。This step involves designing and coding an application that is culture-neutral and language-neutral, and that supports localized user interfaces and regional data for all users. これはカルチャ固有の前提に基づかない決定によって設計とプログラミングを行うことです。It involves making design and programming decisions that are not based on culture-specific assumptions. グローバライズされたアプリケーションは、ローカライズされていなくても、後から比較的容易に 1 つ以上の言語にローカライズできるように設計開発されています。While a globalized application is not localized, it nevertheless is designed and written so that it can be subsequently localized into one or more languages with relative ease.

ローカライズ化の確認Localizability review

この手順により、アプリケーションのコードと設計をレビューして、ローカライズが容易になるようにし、ローカライズのための潜在的な問題点を識別し、アプリケーションの実行可能コードがリソースから分離されていることを確認します。This step involves reviewing an application's code and design to ensure that it can be localized easily and to identify potential roadblocks for localization, and verifying that the application's executable code is separated from its resources. グローバリゼーションの段階が効果的なものであれば、ローカリゼーション レビューはグローバリゼーションの過程で行われた設計とコーディングの決定を確認するものになります。If the globalization stage was effective, the localizability review will confirm the design and coding choices made during globalization. ローカライズ対象の確認の段階では、ローカライズの段階でアプリケーションのソース コードを変更する必要がないように、残っている問題を特定します。The localizability stage may also identify any remaining issues so that an application's source code doesn't have to be modified during the localization stage.

ローカリゼーションLocalization

この手順では、特定のカルチャまたは地域に合わせてアプリケーションをカスタマイズします。This step involves customizing an application for specific cultures or regions. グローバリゼーションとローカライズ対象の確認を適切に行うと、ローカリゼーションでは主にユーザー インターフェイスの翻訳作業が行われます。If the globalization and localizability steps have been performed correctly, localization consists primarily of translating the user interface.

この 3 つの手順に従うことにより、次の 2 つの利点があります。Following these three steps provides two advantages:

  • 米国英語などのような 1 つのカルチャだけをサポートするアプリケーションを、他のカルチャもサポートするように変更する作業を行う必要がなくなります。It frees you from having to retrofit an application that is designed to support a single culture, such as U.S. English, to support additional cultures.

  • ローカライズされたアプリケーションが、より安定してバグがより少ないものになります。It results in localized applications that are more stable and have fewer bugs.

.NET には、国際対応アプリケーションやローカライズされたアプリケーションの開発の拡張サポートが備わっています。.NET provides extensive support for the development of world-ready and localized applications. 特に、.NET クラス ライブラリの多くの型メンバーは、現在のユーザーのカルチャまたは特定のカルチャの規則を表す値を返すことができ、グローバリゼーションに役立ちます。In particular, many type members in the .NET class library aid globalization by returning values that reflect the conventions of either the current user's culture or a specified culture. また、.NET はサテライト アセンブリをサポートし、アプリケーションのローカライズ プロセスを容易にします。Also, .NET supports satellite assemblies, which facilitate the process of localizing an application.

詳細については、グローバリゼーションのドキュメントをご覧ください。For additional information, see the Globalization documentation.

このセクションの内容In this section

グローバリゼーションGlobalization

国際対応アプリケーションを作成するための最初の手順を説明します。カルチャや言語に依存しないアプリケーションの設計とコーディングを行います。Discusses the first stage of creating a world-ready application, which involves designing and coding an application that is culture-neutral and language-neutral.

ローカライズ化の確認Localizability review

ローカライズされたアプリケーションを作成するための 2 つ目の手順を説明します。ローカライズのための潜在的な問題点を識別します。Discusses the second stage of creating a localized application, which involves identifying potential roadblocks to localization.

ローカリゼーションLocalization

ローカライズされたアプリケーションを作成するための最後の手順を説明します。特定の地域またはカルチャのために、アプリケーションのユーザー インターフェイスをカスタマイズします。Discusses the final stage of creating a localized application, which involves customizing an application's user interface for specific regions or cultures.

カルチャを認識しない文字列操作Culture-insensitive string operations

既定ではカルチャが識別される .NET のメソッドやクラスを使用して、カルチャが識別されない結果を取得する方法について説明します。Describes how to use .NET methods and classes that are culture-sensitive by default to obtain culture-insensitive results.

推奨される国際対応アプリケーション開発手順Best practices for developing world-ready applications

国際対応 ASP.NET アプリケーションのグローバリゼーション、ローカリゼーション、および開発の推奨手順について説明します。Describes the best practices to follow for globalization, localization, and developing world-ready ASP.NET applications.

関連項目Reference

  • System.Globalization 名前空間System.Globalization namespace

    言語、国/地域、使用する暦、日付、通貨、通知の書式パターン、文字列の並べ替え順序など、カルチャ関連の情報を定義するクラスが含まれています。Contains classes that define culture-related information, including the language, the country/region, the calendars in use, the format patterns for dates, currency, and numbers, and the sort order for strings.

  • System.Resources 名前空間System.Resources namespace

    リソースを作成、操作、および使用するためのクラスが格納されている名前空間です。Provides classes for creating, manipulating, and using resources.

  • System.Text 名前空間System.Text namespace

    ASCII、ANSI、Unicode、およびその他の文字エンコーディングを表すクラスが格納されている名前空間です。Contains classes representing ASCII, ANSI, Unicode, and other character encodings.

  • Resgen.exe (リソース ファイル ジェネレーター)Resgen.exe (Resource File Generator)

    Resgen.exe を使用して .txt ファイルと XML ベース リソース フォーマット (.resx) ファイルを共通言語ランタイムのバイナリ .resources ファイルに変換する方法について説明します。Describes how to use Resgen.exe to convert .txt files and XML-based resource format (.resx) files to common language runtime binary .resources files.

  • Winres.exe (Windows フォーム リソース エディター)Winres.exe (Windows Forms Resource Editor)

    Winres.exe を使用して Windows フォームのフォームをローカライズする方法について説明します。Describes how to use Winres.exe to localize Windows Forms forms.